野田代表・・・これ、シナリオ通り?

2011.08.29 22:16|政治
民主党の代表選挙が終りました。

意外や意外・・・野田佳彦さんが当選しましたね。

ちょっと面白かったです。

昨日の記事でも書きましたが、あまり重要とも思えない選挙だったのですが、ちょっと驚きました。

この選挙の過程を振り返ってみると、これ、まさにシナリオ通りだったのかな?と思えてきました。

まず、驚いたのが野田氏が獲得した102票ですが、これ以外にも、各候補の獲得票数が気になりました。

1回目の投票では海江田氏が143票を獲得したが過半数に届かず、102票で2位となった野田氏との決選投票となった。前原氏は74票、鹿野氏は52票、馬淵氏は24票だった。引き続く決選投票では野田氏が215票、海江田氏が177票で野田氏が逆転した。


前原、鹿野、馬渕の各氏の票数は、事前の予想とおりということみたいですが、海江田氏の票数の少なさは以外です。

態度を明確にしていなかった60人の票が野田氏にすべて流れたような感がしますが、ちょっと違うような気がします。

小沢氏復権にノー、野田氏に流れた「浮動票」

 野田財務相が決選投票の末、民主党新代表に選ばれたのは、党内の多数が小沢一郎元代表の「復権」にノーを突きつけたことを意味する。

 決選投票では、同じ主流派の前原誠司前外相の陣営だけでなく、鹿野農相の陣営、特定のグループに属さない党内の「浮動票」の大半が野田氏支持に回った。

 敗れた海江田経済産業相が、小沢元代表グループや鳩山前首相グループから全面支援を受けていたため、「小沢元代表らが、人事や政策転換を思いのままに操りかねない」との懸念が党内に強まったことが影響したとみられる。

 また、海江田氏が2009年衆院選政権公約(マニフェスト)の見直しなどを巡る自民、公明両党との「3党合意」の白紙化に言及したことから、民主党内では、海江田氏が新代表になった場合、「国会で野党の反発を受け、すぐに政権が行き詰まりかねない」との危機感も高まり、その反動で野田氏への支持が拡大したとの見方も出ている。

(2011年8月29日16時46分 読売新聞)


もしこの記事の通りならば、不可解です。

小沢氏復権にノーならば、票が分散するでしょう。

まるで計ったのように、野田氏だけに流れたというのは不自然です。

勝ち馬に乗るというのならば、下馬評の高かった前原氏に流れるというのが自然です。

もし浮動票が実際は分散していたとすると、どうでしょう?

小沢グループから流れたということになるでしょう。

問題は、これが計算通りなのか、計算外なのか、です。

ここで気になるのは、海江田氏の143票という数です。

そう、小沢・鳩山グループの数とほぼ一致します。

この数字だけから見れば、両グループから造反が出たとは見えず、グループの結束力は強いということになります。

とするならば、計算通りの方だというのが濃厚です。

計算通りだとすると、どうでしょう?

海江田氏の支持を表明した小沢グループから、敢えて秘密裏に野田氏に投票されたとすると・・・

選挙戦で、浮動票の海江田支持の取り込みをする一方で、その上積み分だけ、自グループから野田氏へと投票させたとすると・・・

これ、小沢・鳩山グループにとって、最善策だったような気がします。

そもそも、海江田氏の支持を表明しましたが、海江田氏が首相になったら、とてもマズイです。

これまでの対応を見ても、どう考えても、ねじれ国会の中で、野党と駆け引きしながら、野党と渡り合えるだけの才は無い。

これ、管首相との遣り取りでよく分かります。

泣かれたらね(汗)。

つまり、もし海江田氏が首相になれば、あっという間に政権は行き詰まり、その責任問題が噴出し、これは、それを支持した小沢グループに波及します。

かと言って、自グループ内に適当な人材はいない。

それに、ねじれ国会です。

貧乏くじを敢えて引く必要はありません。

とすると、支持はするけれども、内心は、負けて欲しい、ということになります。

負けるといっても、大敗をしてもらっては困ります。

僅差で負けてくれるのが望ましい。

そうすれば、代表の首が代わっても、責任論は限定的になり、グループの勢力をしっかり温存できます。

海江田氏・・・当て馬には最適だったということでしょう。

誰が見ても、首相の器があるとは見れないので、予想外の支持が拡大する心配も無いですしね。

問題は、誰を勝たせるか?です。

前原氏は、融通が利かず、一本気で、反小沢路線を明確にしてしまった。

事前の接触はあったみたいなので、そこら辺の腹の探りあいはあったのでしょう。

党内の対立軸を明確にすれば、民主党が分裂へと進む可能性が大です。

今、分裂するのは、得策ではありません。

管首相が降りて、そのまま分裂し、衆議院解散という流れでは、ねじれは解消されないでしょう。

とするならば、前原氏を勝たせるわけには行きません。

鹿野、馬渕の両氏では、そもそもの勢力が無さ過ぎる。

無難なのは、野田氏ということになります。

野田氏が、敢えて小沢氏との表向きの接触を避けていたのも、パフォーマンスのような気がします。

一回目の投票は、小沢・鳩山グループの支持を取り付けた海江田氏が一位とし、決選投票に入れる二位に野田氏に入ってもらえればいい。

それには、前原氏を上回ればよいわけです。

で、票読みをした上で、野田氏に敢えて小沢グループ内から投票させる。

でも、それによって、小沢・鳩山両グループの数を下回るようなことになってはいけない。

この調整の結果、第一回目の得票数になった。

さらに、決選投票では、僅差で海江田氏に負けてもらう・・・

野田代表の誕生ということです。

野田氏は、大連立の必要性を訴え、消費税10%への引き上げと社会保障制度との一体改革を言っています。

これ、小沢氏と路線が違うようですが、実を言うと、そうではない。

小沢氏の狙いは、以前書きました。

国民福祉税、覚えていますか?

大連立については、まだ自民党の福田政権時代に、画策されましたね。

もう忘却されてしまっているかもしれませんがね。

政治家が本音をマスコミに言っていると本気で信じている人はいるのでしょうか?

野田氏は、ねじれ国会の中で、まさに一内閣一法案というサイクルから抜け出せないでしょう。

この一法案が何になるのか?・・・これはちょっと見物です。

まさか、再生可能エネルギー法案のようなものにはならないことを願いますが・・・


・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



本当のリサイクルとは・・・

2011.08.29 00:52|社会情勢
民主党代表選の候補が出揃いましたね。

しかし、菅首相が完全に過去の人となって、殆ど取り上げることすらないのがまた極端な・・・・

とりあえず、過去の人になったのは間違いないようです。

新しい顔は、またまた・・・・

ここら辺の数の論理は、当事者でないと分からないので、さあ、誰がなるのでしょう?

まあ、ねじれ国会が解消されない限り、誰がなっても同じパターンに陥るだけだと思いますが・・・

ということで、あまり重要ではないと思われる今回の民主党代表選挙ですが、原発問題はどうなるのでしょう?

こちらは、コロコロと方針転換できない類の問題ですがね。

そう言えば、こんな記事を書いたことがありました。

原発がなくなると江戸時代へ・・・かな?

江戸時代のライフスタイルは、なかなか興味深いです。

鎖国状態の島国で、しかも、移動手段として蒸気機関すらなかった時代に、世界有数の人口を擁した都市が維持できたのですからね。

これが可能だったのは、その思想が大きかったように思われます。

学びたい、エコの心 江戸の生活事情に詳しいブラウンさんに聞く

リサイクル・・・これは日常的な言葉になりましたが、この対極にあるのが原発です。

核燃料のリサイクルの実験は進められていますが、殆ど頓挫状態。

核のゴミの処分は、数万年単位での管理が必要とされ、それでも使い捨てです。

作るのは簡単、捨てるのは限りなく難しい・・・その典型でしょう。

逆の観点に立った物として、着物があります。

日本は大昔から、エコの文化だとよくいわれます。
そのひとつの例として、きものがあります。


着物は、着るのも脱ぐのも大変、作業もしづらいですが、リサイクルの観点からすれば、極めて優れています。

これ、本当に使い続けることを前提とした衣類なんですね。

そう、使い続けるという視点からすると、これほど便利な衣類はないのです。

こういう発想で作られた衣類というのは、他にあるのでしょうか?

リサイクルというのは、恐らくこういうことです。

ちなみに、江戸時代の発想からすると、割り箸もこうなるみたいです。

割り箸<わりばし>

目先の利便性を求めて生産した物をどう使い回すかを考えることがリサイクルとされがちですが、本当のリサイクルは、生産から消費、さらに再生産までの過程のコストを考えて製品を作っていくことなのでしょう。

この発想の転換が出来る日はいつになるのやら・・・

ちなみに、私にしても、江戸時代の生活を今しようとは思いません。

少しづつ・・・ということでもありません。

分かっているけれど、止められない・・・というわけでもありません。

う~~~ん、このスタンスはちょっと分かりづらいと思いますが、ニーチェの言葉を借りれば、運命愛というやつですかね。

ニーチェは、科学的価値観が支配する現代社会を・・・大いなる正午・・・こう呼びました。

どういうことでしょう?

正午とは、転換点です。

これもまた運命ということです。

もっと分かりにくくなったかもしれませんが、まあ、いずれ詳細に・・・

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事
| 2011.08 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2011年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ