内閣不信任案がどうなるのか?

2011.06.02 01:06|政治
本当は別の話題をしようと思ったのですが、やっぱりこれを取り上げない訳には行かないですね。

小沢氏、不信任可決に自信=会合に71人出席―民主
2011年06月01日23時10分
提供:時事通信社
 民主党の小沢一郎元代表は1日夜、内閣不信任決議案への同調を呼び掛け、都内のホテルで会合を開いた。小沢氏を含む同党衆院議員の出席者は71人だった。この後、小沢氏は記者団に、内閣不信任案に賛成する意向を表明し、「十分われわれの意思が国会で通ると思っている」と不信任案可決に自信を示した。
 小沢氏はまた、菅政権の福島第1原発事故などへの対応を批判し、「危機のときこそ強力な政権と強力な指導者が必要とされる」と強調した。自民党との連携の可能性については言及を避けた。
 不信任案採決後の離党や新党結成の可能性については「民主党の掲げてきた理念と理想の旗を放棄したのはわれわれではない。われわれが本当の民主党所属議員だ」と否定的な見解を示した。 


東日本大震災が3月11日に発生して、ずれ込んだ感がありますが、やっぱりやって来ました。

小沢一郎、民主党代表選に正式に立候補する・・・

民主党代表選が終わる・・・

民主党が分裂するのは、昨年9月の民主党の代表選挙以前、参議院議員選挙に民主党が負けて、ねじれ国会に突入した段階で、これしか選択肢がなかったのです。

あとはタイミングの問題だけだった。

東日本大震災という天災は、このタイミングに大きな影響を与えました。

菅内閣の執行部は、起死回生の大きなチャンスでもありました。

危機に対しての対応がしっかりしていれば、寧ろ求心力は高まり、ねじれ国会を乗り切るだけの体制を作ることも可能だったかもしれない。

しかし、あまりにもお粗末でした。

いやいや、過去形ではありませんね。

何ともお粗末です。

うそつき

政争をしている場合ではない。

まさにその通りですが、今政争をせず、菅内閣に惰性でやってもらい続けていいのか?

江戸末期を思います。

外国からの侵略の危機が迫っている中で、争っている場合ではありませんでしたが、では、争わずに江戸幕府のままで対応し続ければよかったのか?

重要なのは、一刻も早く政策を強力に推し進められる体制を作ることでしょう。

ともかく、ねじれ国会を解消しなければならない。

それだけの危機的状況なのですから・・・

で、大連立となると・・・

「菅抜き大連立を」谷垣氏…党首討論激しい応酬


民主党
 菅政権発足後3度目となる党首討論が1日行われた。

 政権維持の決意を強調する菅首相と、首相の失策を追及する自民党の谷垣総裁、公明党の山口代表との間で、激しい応酬となった。
 党首討論は今年2月以来で、東日本大震災以降は初めてだ。首相は「本格的な(震災の)復興計画を立てて、予算を振り向けなければならない。『通年国会』ということも含めて国会の延長を考えたい」と述べ、12月下旬まで国会会期を大幅延長する意向を正式表明した。
 消費税率引き上げを含む社会保障と税の一体改革については、「今月末までに政府の考え方をまとめて提示する。政府案を出せば、約束通り協議に乗っていただけるか」と谷垣氏に迫った。さらに、首相は、民主党の小沢一郎元代表と自民党が政策面で一致していないと指摘し、「(自民党は政策を)政局にだけ使おうとしているのか」と内閣不信任決議案の可決を目指す谷垣氏をけん制した。
 一方、谷垣、山口両氏は、震災や東京電力福島第一原子力発電所事故を巡る首相の指導力不足を批判し、退陣を求めた。谷垣氏は「首相が辞めれば、党派を超えて新しい体制をつくる工夫ができる」と訴え、民主、自民両党などによる「菅抜き大連立」の可能性に言及した。
(2011年6月1日23時53分 読売新聞)


自民党と公明党もまた、選択肢が無いのです。

これだけの失策を繰り返している菅政権に対して、内閣不信任案を提出しなければ、それこそ存在意義が問われます。

出さざるを得ない。

さらに、内閣不信任案を出せば、もう菅内閣を承認した民主党とは組むことはあり得ない。

とするならば、連立のあり方は、一つしかなくなります。



そうそう、福島第一原発の所長さんに対して、こんな意見が・・・

作業員の士気支えているのは吉田所長 「辞めることあってはならぬ」と産業医

リーダーシップというのは、理屈や理論ではないところにあるものです。

いや、理論や理屈を超えたところに、真のリーダーシップというのは生まれるのでしょう。

平時には必要とされないものですが、危機の時には、これが無いと致命的になります。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



| 2011.06 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ