原発の経済的トレードオフを考えると・・・その7

2011.04.13 06:31|社会情勢
福島第一原発の事故がレベル7に正式に引き上げられました。

事故の収束の目処もまだ建っていないわけですが、原発の増設などの道は無くなったとみて、ほぼ間違いないでしょう。

いや、いや、どう転ぶかはまだ分かりません。

脱原発は、言うは易し、行うは難し・・・・だからです。

エコ幻想の終わり

記事にもあるとおり、エコ幻想の破綻はその通りです。

健康志向ということで、喫煙量を減らさず、タバコの銘柄を低タールのものにしていけばよい・・・では済まないようなものです。

低タールだけれど以前と同じテイストを味わえるような技術開発・・・これでは無理ということです。

ちなみに、電力で低タールのタバコに相当するのが・・・太陽光発電などであり、原発も含まれます。

で、記事にもある通り、脱原発は、縮小経済を必要とし、相当な苦しみをもたらします。

この苦しみに耐えられるか否か・・・・これはどうでしょうか?

これまでに何度も書きましたが、今の世界経済は麻薬の快楽に溺れているような状態です。

止めようという意思を持っても、その禁断症状は深刻で、それを乗り越えることは並大抵なことではありません。

原発を止めようという世論が形成されても、この禁断症状に曝されたら、世論の流れも原発容認仕方なしに戻る可能性が高いです。

首都圏で電力供給が1割ぐらい足りなくなっただけで、大混乱だそうですから・・・

しかも、世界中がまだどっぷりと浸かっている中での意思の継続は・・・・並大抵ではありません。

ただ、遅かれ早かれいずれ離脱しないと、本当の破綻を迎えることになります。

何処かの国が先頭を切って離脱するしかない。

この可能性を有しているのは、恐らくドイツか日本か・・・

ドイツは、脱原発をいち早く推進しましたが、やはり挫折して原発の推進に戻り、また今回の福島第一原発の事故で脱原発に戻りそうです。

日本は、原爆でも原発事故でも、その痛みを実体験した国として、その経験が意思を継続させるかもしれません。

う~~ん、ただ先頭を切って行く国民性があるかというと・・・・

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
関連記事
スポンサーサイト



| 2011.04 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2011年04月 | 05月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ