成熟期への移行の仕方・・・前編

2010.11.29 00:38|社会情勢
ちょっと気になる記事があったので、予定変更です。

人口減少時代の大都市経済

この記事で、人口の増減が非常に大きなファクターであるということは、全くその通りで、このブログでも以前取り上げたことがありました。

今、「自宅は資産ですか、負債ですか?」というシリーズを書いていますが、住宅需要というのは、人口推移に比例します。

景気対策ならば、是非少子化対策を!!

需要予測そのものは、移民政策などの大転換や戦争などが行われない限り、そんなに難しいものではないということです。

で、都市部の人口構成については・・・

東京の1人勝ち????

こちらで書きましたが、都市部の高齢化が急速に進んでいるのです。

ちなみに、これが前回の記事の補足にもなるのですが、今都市部では高齢者が急増しているのです。

高齢者向けの賃貸の需要に対して、供給が圧倒的に不足しているのです。

これは、まさに地方から都会へ働きに出た「金の卵」世代が高齢化したということですが、圧倒的な山(団塊)なのです。

しかし、これから先、その高齢者さえ減少して行くのです。

住宅の購入か賃貸かという問題ではないのです。

団塊の世代、団塊ジュニアの世代・・・この二つは、常に供給不足状態に直面する世代だと言えるでしょう。

団塊の世代は、住宅の購入にしても、まさにバブル期だったので、供給不足状態だった。

団塊ジュニアの世代もまた、ミニバブルと言っていいマンションの新築ラッシュ時代で、もうそろそろそれが終わりを迎えようとしているわけです。

この世代が時代の牽引役になるのは、まさにこの供給不足状態を常に引き起こすからです。

私も団塊ジュニア世代の一人ですが、子供の頃から常に供給不足による取り合いに晒されていた。

まあ、それはともかく、人口の増減というのは、極めて重要なファクターなのです。

で、池田さんが述べているように・・・

日本の低成長やデフレなどの根底にある原因がこうした人口学的な変化だとすれば、補正予算による景気刺激や日銀の金融政策なんて意味がない。いかに衰退を小さくし、どうすれば成長しない社会で幸福に生きられるかを考える必要があろう。

ということです。

成長期から成熟期に入った日本は、それに見合った体質に変化しなければならない・・・ということです。

もっとも、デフレの原因を人口学的な変化だけに起因させることには、無理があります。

デフレは何故起こるのか?」のシリーズで書きましたが、デフレとは、現代文明の宿命みたいなものです。

国家というのは、栄枯盛衰を繰り返すものなので、繁栄があれば衰退が訪れる・・・これは、自明の理です。

が、ここで問題なのは、どう変化するか?です。

池田さんは、「都市のインフラについての考え方も、転換が必要だ。今後はインフラを維持するコストがふくらむので、今までのように成長のために再開発するのではなく、開発投資をコンパクト・シティに集中し、低コストで維持できる公共賃貸住宅などを増やすべきだ。「光の道」のような過剰投資は最悪である。」と述べています。

また、この記事ですね。

退却戦の戦い方

ここは、大いに反論したいです。

まず、そもそも、池田さんが言うような流れは、既に出来ています。

山奥から日本の未来の姿が見える!!

市町村合併が進んで、過疎化は加速していますし・・・

さらに、高齢者向け住宅や介護施設も、補助金が付いてどんどん出来ています。

すごいですよ、この勢いは!!

私の住んでいる所も、土建屋さんが続々と新規参入、さらには規模拡大しております。

電子部品の工場が介護施設に改装されて行く姿を見ると・・時代の流れを感じます。

高齢者向け住宅にしても、すごい補助金が付くようで、色めきたっています。

団塊の世代が高齢化するにつれ、まさに供給ラッシュが起こっているということでしょう。

長いですね、続きます。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



| 2010.11 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ