経済とは、物流です。

2010.11.17 01:04|経済
さて、前回の続きです。

そもそも、経済とは何か?

私は、こう考えています。

物流

と言っても、これは、途轍もなく広義な意味で使っています。

ヒト、モノ、カネ、情報・・・これらが動けば、それは、すべて物流です。

例えば、工場の製造工程にしても、すべて物が動くことに還元されます。

ヒトが動くことで、モノが動き、カネも動く、そして、情報も動く・・・

ちょっと哲学的な物言いをしてしまいますが、物化をして、それが動く・・・これが経済というわけです。

そして、経済成長とは、結局のところ、物の動きが活発になることです。

GDPというのは、このことをよく表した指標なのかもしれません。

ちなみに、お金というのは、物流を円滑にするための潤滑油のような機能を果たす存在で、それ以上でもそれ以下でもない。

前回ですが、生産の効率性について取り上げましたが、これが向上しても、物流が滞れば、経済はそれだけ停滞します。

物流は、需要と供給がないと起こらないので、生産の効率性を高めて、供給を増やしても、それが需要を減退させる作用をもたらすならば、結局のところ、経済は停滞するのです。

逆に、需要(例えば、人口増)を増やしても、供給が増えなければ、経済は停滞します。

需要と供給のバランスをとること・・・これが重要ということです。

経済の規模ではないのです、実は・・・

喩えていえば、こういうことです。

象が食べる量と動く量、蟻が食べる量と動く量・・・全然違いますね。

でも、どちらがよくてどちらが悪いという問題ではない。

もし象に蟻の食べる量を・・・蟻に象の運動量を・・・こんなことを求めたら、破綻してしまいます。

経済規模というのは、人口、地域性、占有面積、風土など・・・これらが違えば、その適正も異なるのであって、大きければよいというものではないということです。

経済成長をし続けないと維持できない現代の経済構図・・・これは、破滅的です。

より効率的な運動性を得たとしても・・・もし象が車に乗って移動したりしたら移動距離は飛躍的に伸びますね・・・必ず限界が訪れます。

生産効率を何処までも高めることを目指し、供給を増やしていけば、それだけ需要を増やさないと、バランスがとれない。

現代社会は、大量生産大量消費へと突き進み続けることになるのです。

しかし、供給にも需要には限界があるのです。

経済成長し続けなければならない・・・この当たり前のように言われることが今問われているのでしょう。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



| 2010.11 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ