自宅は資産ですか、負債ですか?その2

2010.11.02 01:15|経済
さて、前回の続きですが、以前こんな記事を書きました。

アップルとグーグルの財務表を見ると・・・

アップルが最高益を出したようですが、アップルとグーグルのバランスシートを見ると、驚異的です。

再掲しますが、こちらの記事が参考になります。

アップルとグーグルを財務諸表で比較する

引用すると・・・

この2社で気になるのは総資本回転率(売上高÷総資本)の低さです。投下した資本を効率よく売上高に変えることができてないのでしょうか。

 両社のBSを見て気付くことは流動資産の比率が大きいことです。実際のBSの流動資産の項目を見ると両社共に“Marketable securities"という項目に巨額の数字が記載されています。“Marketable securities"とは「市場性証券」と呼ばれるもので、流通市場で売買可能な株式や社債などの証券のことです。つまり、比較的簡単に現金に変えることが可能な株券や国債などのことですから、いわば現金に近いものです。この“Marketable securities"がグーグルは約1兆3000億円、アップルは1兆6000億円あります。グーグルでいえば現金と“Marketable securities"を合わせると2兆2000億円で、流動資産約2兆6000億円の約85%が現金のようなものなのです。アップルでいえば、現金と “Marketable securities"の合計が流動資産の約65%を占めています。

 両社共に事業投資に向ける以上のお金が好業績によって会社に貯まってきているということなのでしょう。


アップルとグーグルは、投資したお金を非常に効率よく売り上げに繋げている・・・つまり、キャッシュフローを作り出しているわけです。

結果的に、利益剰余金がどんどん積み上がっているわけです。

で、この利益剰余金をどうしているかというと、固定資産ではなく、流動資産として保有しているわけです。

これは、以前書いたように、この両者の強みでもあり弱みでもあると思われます。

ただ、前回の記事で紹介したキヨサキ氏の定義からすると、まさに資産家(お金持ち)になるスパイラルに乗っているわけです、この両者は・・

アップルが特にそうですが、内製化すると固定資産となってしまう製造工程を外部に委託することで、このスパイラルに乗っています。

これ、誤解を恐れずに言えば、自宅を賃貸しているようなものです。

アップルの場合、製造委託をすることで、自分にとって最適な生産コストを追求するスタンスを採っているといえるでしょう。

自宅に置き換えてみると、賃貸の場合、家族構成の変化、転職などによる通勤時間の変化、収入の変化・・・これらに対応することが比較的容易であることがメリットに上げられます。

アップルもまた、自社商品の販売動向に合わせて発注すればよいので、商品のラインナップや販売動向などに合わせることが比較的容易です。

それに対して、自社で生産工程を確保している日本のメーカーは、まさにローンで自宅を購入しているようなもので、ここら辺の変化になかなか対応しづらい。

ちょっと話が脱線しますが、どちらが優れていてどちらが劣っている・・・そういう問題ではないのです。

あくまでもケースバイケースです。

ただ、現在は自社で生産工程を持つのは、リスクが高い場合が多いとも言えます。

今は、デフレの時代です。

デフレとは、これまでにも何度も取り上げましたが、生産過剰による供給過多によって価格競争が起こっている状態です。

この状態の時、外部委託という形が極めて有利になります。

品質を維持して最も価格の安い条件を付けた製造メーカーに発注するということが出来るからです。

生産過剰の供給過多で、生産設備は持っているけれど仕事が無いメーカーなど、幾らでもいるのです。

どんどん競わせ、最安値の所に発注すれば、製造コストは、それだけ下げられ、他社との価格競争力を得られます。

ちなみに、生産不足で供給不足のインフレの時は、立場が逆転しますので、自社製造が強みを発揮します。

需要が拡大し生産量が足りない時は、皆どんどん作って儲けたい状態にあるにも関わらず、生産できる設備が限られているのです。

そこに発注が集中するので、当然ですが、価格決定権が製造メーカーに移行し、最も高値で発注してくれた販売メーカーの注文を優先するようになります。

こんな時は、製造メーカーの方が儲かりますので、自社で生産工程を保有した方が、安定的に製品を確保できます。

アップルは、デフレの寵児と言えるかもしれませんね。

話が脱線しました。

自宅は、購入か?賃貸か?

不動産を純粋に投資として考えるならば、「住宅は「持ち家」と「賃貸」どちらがお得!?経営コンサルタントの視点でみるメリット・デメリット」という記事にある通り、現在の市場動向からすると、極めて投資効率が悪いということになるでしょう。

時間切れ、もちっと、次回でも補足しましょうか。


・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



| 2010.11 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ