菅改造内閣が発足しました。

2010.09.19 02:00|政治
菅改造内閣が発足しました。

当然と言えば、当然ですが、小沢グループからは閣僚が出ることはありませんでした。

そもそも、代表選挙で、国会議員の票が真っ二つに割れるような結果が出たのです。

本心では勝とうと思っていなかったではないかと思われる小沢一郎さんはともかく、菅陣営の方は、支持を取り付けるために、当選後の人事に関する密約を沢山していたのでしょう。

でなければ、どう説得するというのでしょう。

真っ二つに分かれるということは、最もそういうことが頻繁に起こる状況なのです。

一方が圧倒的な情勢であるような時は、当選後の運営を考慮しますので、こういう密約をできるだけせず、運営の自由度を高めておくことを主眼に置くものです。

今回の場合は、当初は小沢陣営の方が国会議員票では優勢と言われていたので、菅陣営としては、その後の党運営のことも考えて、たとえサポーター票などが圧倒していて勝利が分かっていても、どうしても過半数以上は取っておかなければならなかった。

国会議員を取り込むには・・・政策と言いたいところですが、人事しかありません。

もし自分を支持してくれたら○○という役職に就いてもらう・・・・何人の支持を取り付けてくれたら○○という役職を・・・こういう感じです。

で、自分以外の票をまとめるのに必死になるわけです。

党を真っ二つに割るような場合は、そもそもポストが限られているのですから、白か黒かがはっきりしてしまうものなのです。

・・・・

さて、ここで思うのは、菅直人さんと小沢一郎さん、どちらが主導権を握っているのか?ということです。

一見すると、代表選に勝利した菅直人さんが主導権を握っているようです。

が、よくよく考えてみると、そうではないと思えてきます。

鳩山前首相の辞任からこの方、実を言うと、菅直人さんには、選択肢が殆どなかったことが分かります。

鳩山、小沢がダブル辞任をした以上、トロイカ体制で政権を奪取した手前、残りの菅直人さんが代表になるしかない。

たとえ本人が望もうと望まないと・・・そういう筋道しかないでしょう。

でなければ、細川護煕さんのように、政治家を止めるしかない。

その後、参議院議員選挙に関しては、勝っても負けてもおかしくなかったが、負けてしまった。

これは、菅直人という人が選挙下手であったということが大きいと思うのですが、これはまた別の機会に・・・

負けた後に、すぐに代表選挙があるのは分かっていたわけで、ここに小沢一郎さんが立候補すると、党を二分する争いにならざるを得ず、その結果、脱小沢と言われるような論功行賞による人事を断行せざるを得なくなる。

そして、ねじれ国会へ望む・・・

それに対して、小沢一郎さんには、選択肢があった。

幹事長を辞任しないという選択肢が・・・

代表選挙に立候補しないという選択肢が・・・

仕掛けているのは、いずれも小沢一郎さんの方であって、菅直人さんではない。

どちらのシナリオ通りに進んでいるのか、これで判断できそうです。

ゲームに喩えてみましょう。

将棋、オセロ、囲碁、チェス・・・何でも構いませんが、強いプレイヤーというのは、対戦相手が採れる選択肢をどんどん狭めて行き、追い込んでいきます。

そう、選択肢が無い方が操られているのであって、そうすることで、ゲームの先の先を読み、最終的な勝利を得ることができるのです。

菅直人さんは、今のところ、戦略的に追い詰められて行っています。

小沢一郎さんが代表選に立候補したことで、民主党は完全に色分けされ、というか、色分けせざるを得なくなった。

この下地ができた段階で、ねじれ国会に臨まないといけないのです。

ねじれ国会・・・そう、未だ経験したことが無いねじれ状態の中で、重要法案を通すことはまず無理です。

自民党案を丸呑みするような戦術ぐらいしか手がありません。

話し合えば分かって貰える・・・・訳がありません。

もしそんなことをしたら、それこそ自民党が自ら瓦解することになるでしょう。

与党にもなれず、野党としての存在価値も無くなるのですから・・・

国会での審議が進めば進むほど、それだけ一層閉塞感が高まり、この閉塞感を打破する力が求められるようになります。

国会運営が行き詰れば行き詰るほど、菅内閣の責任論が噴出し、かと言って、辞任することすら難しいのです。

もし辞任をしたらどうなるでしょう。

自民党政権時代、安倍、福田、麻生と変わりましたが、こうは問屋が卸さないでしょう。

きっちり白黒と2分されてしまったので、どちらか一方の辞任は、白黒の逆転をさせる以外に道は無いからです。

もちろん、単純に民主党内で代表が変わるだけでは、国会のねじれ状態が解消されないので、政界再編を目論む以外にない。

これからの国会審議の行く末は、注目です。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



| 2010.09 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2010年09月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ