中国の不動産価格はまだ上昇中・・・らしい。

2010.08.24 02:19|アジア経済(韓国、中国)
ところで、世界経済の動向の鍵を握っていると思われる中国の不動産バブルですが、まだ値上がりしているようですね。

不動産価格また上昇 政府、価格抑制に躍起=中国

中国政府が本気で不動産価格の抑制をしているのかどうか定かではありませんが、というか、恐らく本気ではないような気がします。

もしバブルが崩壊したら・・・それは、信用(マネー)の収縮が猛烈な勢いで起こることは明白で、自分が権力中枢にいる間は、何としても起こさない、すなわち、問題の先送りをしてやり過ごそうという心理が打ち勝っていると思われるからです。

そもそも、不動産市場を抑制しても、信用(マネー)の膨張を抑制していない限り、膨れ上がったマネーがその他の市場に拡散するだけです。

例えば、こんな形で・・・

中国でバブルの拡散が進行中-不動産から農産物や宝石へ、行き場求めて彷徨うマネー

ちょっと引用すると・・・

「伝統的な実業はいずれも生産能力が過剰で、利益率が下がり続けている。新たな分野に進出しようとしても、国有企業の独占や政府の規制が障害となって参入できない。このため、民間資金は行き場を失い、本来なら金融資産としては適さない商品の市場に流れ込んでいる」。中国財経大学銀行業研究センターの主任の郭田勇はそう解説する。

日本のバブルの時も、美術品の高騰などが起こりましたが、行き場を失ったマネーが怒涛のごとく流れ込んでいるのです。

これは、当然海外へ向けても・・・

中国からのヒト・モノ・カネ誘致が好調、高級マンション飛ぶように!日本も戦略的取り組みが必要―韓国

日本の国債が買われているのもありますが、バブルの末期で見られる彷徨えるマネーの症状が随所に現われています。

こんな中、日銀はよく我慢していると思います。

中国だけでなく、欧米諸国もまた、量的緩和策を採ってマネーを供給し続けている中で、無闇な量的緩和をせずに、静観しているのですから・・・

まあ、先日ですが、10兆円規模の資金供給を検討するような話題が出ましたが・・・

日銀、資金供給拡大へ 10兆円増視野 円安誘導図る

今のところ、やるぞ!!やるぞ!!という段階、これもまだ口先介入ですので、さて、何処まで我慢できるのか・・・

日銀が紙幣を刷りまくればいいんだ、欧米がやっているのに、日銀は何故やらないのだ?・・・こういうことを言っているエコノミストみたいな人がいますが、本当に目先のことしか考えていない。

以前にも書きましたが、マネー=信用なのです。

「お金は信用を数値化したもの」・・・ですね。

紙幣とは、信用を具現化したものであり、経済はそれを媒介とすることで飛躍的に拡大するのですが、そこでの紙幣の機能というのは、物流の潤滑油みたいなものなのです。

潤滑油は、少なすぎれば、摩擦熱で部品が熱膨張して急制動がかかり、運動を止めてしまいます。

その逆に、多すぎれば、部品同士の摩擦が無くなり、運動が空転し、やっぱり運動を止めてしまいます。

動かす機械の大きさによって、潤滑油の必要量が違うように・・・例えば、自動車とパワーシャベルではエンジンオイルの量が違いますね・・・物流の規模によって、必要なマネーの量というのは決まっている、そう、適量というのがあるわけです。

今の世界のマネーの供給量は、適量の範囲内なのでしょうか?

もしまだ適量の範囲内だったとしても、世界の主要国がマネーの供給量を必要以上に増やし続ければ、そのうち空転を始めます。

その空転が起こった時、潤滑油が潤滑油の役割を果たさなくなり、経済は止まります。

デフォルトですね。

いったん潤滑油を抜いて、新たに供給するようなことをせざるを得なくなります。

そう、人が暮らしている限り、どんなにバブルが起ころうとも、必ず物流は再開しますので、経済破綻=終焉ということではありません。

が、すごい混乱が一時的に訪れます。

そんな時、最も信用できる存在が物流の呼び水となり得ます。

信用があるもの・・・です。

先ほど、信用=マネーとしましたが、実を言うと、これまた正確ではありません。

信用を数値化したものがマネーですが、数値とは、相対的なものなので、マネーを持っているから信用があるということには必ずしもならないからです。

つまり、信用があるからマネーという数値に価値があるのであって、マネーという数値だけを持っていても、そこに信用が無ければ、単なる数値に過ぎなくなると言うことです。

まあ、ハイパーインフレで見られるようなことですね。

信用が無いのに紙幣を刷っても、それは単なる数値であって、信用はないので、物流の潤滑油として機能しないのです。

さて、自転車操業状態にあって、手形を乱発している企業があったとしましょう。

信用し続けますか?

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



| 2010.08 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2010年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ