光の道とクラウドコンピューティング(前編)

2010.05.04 01:23|PC関連
さて、前回の続きですが、どうして通信速度の向上が優先課題なのか、どうしてこれが日本の全世帯が享受できるようにしないといけないのか、これについて考えてみたいと思います。

必要なのは速度ではなく自由である - 池田信夫

この中で、「ソフトバンクの「アクセス回線会社」構想は、依然として自宅からデスクトップPCでアクセスする旧世代を想定しており、ユーザーの要望とずれています。」という指摘がありますが、本当にデスクトップPCというのは、旧世代なのでしょうか?

これは、ユーザーの要望と本当にずれているのでしょうか?

私には、そうとは思えません。

ちなみに、ソフトバンクが唱えるアクセス回線会社構想が良いか悪いかは、ここでは触れませんし、実を言うと、よく分かりません。光ケーブル網が日本全土を100%カバーする必要性についてのみ言及していますので、それがどういう手段で誰がやるかについては、技術的に専門過ぎて、情報が足りませんので・・・

ここでは、光ケーブル網を過疎地域に敷設する意義について、ユーザー観点から論じたいと思います。

自宅からデスクトップPCでアクセスすることが旧世代なのかというと、確かに、池田さんの記事にあるとおり、モバイルへの流れ、デスクトップPCからノートPC、ネットブック、スマートフォンという流れにあるように見えます。

しかし、デスクトップPC市場に未来がないかというと、寧ろここに潜在需要がかなり眠っていると思っています。

デスクトップPCのデメリットは、持ち運びが難しく、起動が遅いということで、このデメリットを克服していく流れの先に、スマートフォンもあると言えるでしょう。

この手軽さをデスクトップPCは獲得できないのか?

実を言うと、そうとは言えないのです。

グーグルの開発しているクロームOSとクラウドコンピューティングと光ケーブルが一体となった時、デスクトップPCの新しいスタイルが登場する可能性が拡がります。

①クロームOS

これは、インターネットをより身近なもの(まあ、家電のような存在)としてくれるでしょう。

既存の基本OSは、インターネットブラウザの存在が沢山ある機能の中の1機能という扱い方です。

インターネットに繋がらなくても、ワード、エクセルを代表として、PCは色々と使う機能がある・・・すなわち、あくまでもそれ単体で独立して機能するパーソナルコンピューターなのです。

この設計思想が大前提にあり、その上で、多種多様な機能を付加することに躍起になっているわけです、今は・・・

この大前提が神聖不可侵なものなのか、疑っている人はどれくらいいるでしょう?

ウィンドウズが基本OSを支配し続け、アンタッチャブルな存在として、それが未来永劫続く諦め、無条件に受け入れてしまっているのではないでしょうか?

しかし、マイクロソフトは、全くアンタッチャブルな存在ではないのです。

むしろ、デスクトップPCの進化を止めているのは、競争原理が殆ど働かないマイクロソフトの独占的な市場支配体制に拠るところが大きい。

Vistaが良い例ですが、あのOSの操作性の重さには、ヘキヘキしました。

あれがユーザーニーズに合っていると思ったら、勘違いも甚だしいです。

デスクトップPC、さらにノートPCのユーザーが何を求めているのか、ずれていると思わざるを得ない。

PCのユーザーは、何よりも操作性の軽さを求めていると思います。

ビジュアルのために操作性を犠牲にするなんて、本当に望んでいるんでしょうか?

たとえば、インターネットのサイトを見る時、フラッシュなどを多用してビジュアルがすごく凝っているけれど表示に時間がかかるサイトとシンプルだけれど表示が速いサイト・・・どちらが良いですか?

まあ、使用目的にもよりますが、より日常的に使用するポータルサイト(ヤフーとかグーグル)のデザインは、どれもシンプルで表示が速いですね。

日常的に頻繁に使うもの(家電化)ほど、使い勝手の良いものが重宝されるのです。

クロームOSの設計思想は、このユーザーニーズを的確に捉えようとしている。

その答えが、インターネットブラウザが中心となり、起動が8秒以内というOSなのです。

もっとも、インターネットが中心というのは不都合なのでは?と思われるかもしれません。

いえいえ、違います。

ここで、クラウドコンピューティングが出て来ることになります。

現在のPCは、ソフトを自分のPCのハードディスクにインストールして使う形が一般的です。

これは、マイクロソフトの収益源の一つであるオフィスがまず第一に思い浮かびます。

長いな、続きは次回に・・・・

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



| 2010.05 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2010年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ