林業は、高度なマネジメント能力が要求される投資産業

2010.03.17 08:12|森の不思議、木の不思議
さて、前回の続きです。

今回は四万十式作業道について取り上げようかとも思いましたが、それは後ほどに譲るとして、林業の可能性について取り上げたいと思います。

漁業には触れたことが無いので分かりませんが、農林漁業という第一次産業分野の中で、日本の強みを最も活かせるのは、林業だと思っています。

林業は途上国の産業という“ウソ”

この記事にもあるように、林業というのは労働集約産業ではありません。

高度なマネジメント能力が要求される投資産業です。

言うまでもありませんが、木というのは、1年や2年で育つものではありません。

最低でも3世代の時系列の連携が必要・・・すなわち100年単位で物事を捉える俯瞰的な視点を有して、3世代先のために今投資をするということをしないと成立しない産業なのです。

100年先を見据えてということは、その頃の資金繰りの状況をマネジメントしなければなりません。

投資をし過ぎれば資金繰りにつまり破綻するし、投資をせずに過去の資産を食い潰していけばいずれ破綻します。

ちなみに、過去の資産を食い潰してしまったのが数十年前の日本です。

話は少しずれますが、伊勢神宮の神宮式年遷宮というのをご存知でしょうか?

こちらで解説されていますが、これが如何にすごいことか、分かる人には分かります。

引用すると・・・

神宮式年遷宮は、神宮(伊勢神宮)において行われる式年遷宮(定期的に行われる遷宮)である。神宮では、原則として20年ごとに、内宮(皇大神宮)・外宮(豊受大神宮)の二つの正宮の正殿、14の別宮の全ての社殿を造り替えて神座を遷す。このとき、宝殿外幣殿、鳥居、御垣、御饌殿など計65棟の殿舎のほか、装束・神宝、宇治橋[1]なども造り替えられる。
記録によれば神宮式年遷宮は、飛鳥時代の天武天皇が定め、持統天皇の治世の690年(持統天皇4年)に第1回が行われた。その後、戦国時代の120年以上に及ぶ中断や幾度かの延期などはあったものの、1993年(平成5年)の第61回式年遷宮まで、およそ1300年にわたって行われている。


私が思うに、世界でも類稀な、というか、エジプトのピラミッドなどよりも遥かに貴重な存在です。

20年毎に立て替える・・・これを1300年続けているのです。

建物の古さ、大きさでは、エジプトのピラミッドの方が遥かに上回っています。

モノとしてはピラミッドがすごいですが、神宮式年遷宮は、コトとしてとてつもない規模なのです。

20年ごとに1万本以上の檜材を用意すること・・・これがどれだけすごいことか・・・

1万本の檜は、殆ど樹齢が60年から100年以上のものでしょう。

また、その品質は、神宮ですから、最高級のものを要求されます。

これを切らさずに供給し続けるだけの山は、膨大な面積に及びます。

伊勢神宮とは、その背景にある森も含めて、膨大な面積を占有し管理し続けることで成り立っているのです。

そして、これだけの材を20年毎に用意するとなると、とてつもなく高度に計画された投資が必要となります。

これを1300年続けているのです。

今のような機械が全く無い時代から続けているのです。

・・・・

・・・

・・



筆舌に尽くせないほどのすごさです。

この話をするとまだまだ長くなるのですが、この事例が最高峰としても、林業という産業を持続して行くには、極めて高度なマネジメント能力が必要かということがよく分かると思います。

天然林を伐採し続けるような短期的な利潤のみを追求していくようでは、あっという間に資源の枯渇がおき、産業が滅んでしまうのです。

林業は、日本という風土を活かした持続可能な資源産業として、他に真似のできない強味を発揮できる分野なのです。

時間切れ


・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



| 2010.03 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2010年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ