お久しぶりの韓国経済・・・なのか?

2010.03.05 09:16|アジア経済(韓国、中国)
そう言えば、ここのところ、お隣の韓国経済について、あまり取り上げていませんでした。

まあ、以前から書いていましたが、官製バブルが維持され、不動産バブルが崩壊せずにいる間は、あまり動きはありません。

というより、バブルによって金回りがよくなるので、中国がより顕著ですが、好調にさえなります。

これまで、このブログでも、貸借対照表(バランスシート)の資産の部が負債の部に比して如何に変動しやすいものか、取り上げてきました。

資産の部の中で、不動産と株の価格が上がると、それだけ資産が増えますので、バランスシートを見ると、資産の部が大きくなり、結果的に、それだけ借り入れ余力が出来ることになります。

負債の部は、基本的に現金化(まあ、株や不動産の場合もありますが)して取引されますので、金融機関等から借り入れをしたりすることで、資産の部に現金を上積みすることができます。

事業というのは、赤字か黒字かではなく、現金が有るのか無いのかによって、継続の有無が決まるので、現金が確保できれば、どんなに負債が大きくなっても、事業は継続できる、それどころか、積極的に投資できることになります。

では、どういう投資がされているのか、この質が問題です。

デフレの時代は、ともかく価格競争に陥り、利益率が圧迫されます。

その生存競争を勝ち残るためには、経費削減による利益率の確保はもちろんですが、薄利多売を進めることも求められるようになります。

多売をするためには、生産設備をそれだけ新規で増強しなければなりませんし、マーケティング費用も必要ですから、これらの初期投資の分だけ費用がかかります。

したがって、借りられるだけ借りて、それを一気に新規投資にまわし、販売シェアを確保し、薄利多売でも利益が確保できるようにする・・・ということが目指されます。

もっとも、薄利多売なので、これだけの投資をしても、利益そのものはあまり大きくならないということです。

さらに、困難を極めるのは、ライバルも同じ戦略を採るということです。

そう、借り入れが出来る限り、生き残りをかけて、皆が同じ戦略を採るのです。

結果、猛烈な過剰生産が起こってしまいます。

なぜなら、現金が尽きない限り、どんなに負債が増えても、事業は継続できるからです。

利益が出ていても出ていなくても、資産価格が上昇している限り、倒産はしません。

そして、設備投資が積極的にされ、不動産需要が増えている限り、不動産価格もまた上昇し続けるのです。

不動産・株の価格上昇→設備投資→不動産・株の価格上昇・・・・このスパイラルが止まらないのです。

現時点で、このスパイラルに見事にはまっているのが中国であり、韓国でもあります。

では、このスパイラルが永遠に続くのか?

無論、です。

過剰生産は、事業収益を悪化させ、赤字にしてしまいます。

当然、事業収益では負債を減らすことができませんので、どんどん不動産・株の価格上昇に依存していくようになります。

また、最近のトヨタパッシングに見られるように、景気が悪化すれば、自国産業の保護に傾くので、市場シェアの一極集中というのは、限度があるのです。

ここら辺の解説もおいおいと・・・

おっと時間切れだ!!

・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



| 2010.03 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2010年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ