あのトヨタ自動車が揺れています。

2010.02.07 00:48|社会情勢
あのトヨタ自動車が揺れています。

トヨタの生産現場は、今どうなっているのでしょう?

ところで、ハイブリッド車については、そのシステムがどういう意味があるのか、以前から結構疑問に思っていました。

新エネルギーってどうなの??

本当に環境負荷が少ないのかどうなのかは別として、このシステムは、とても扱いが難しいみたいです。

そもそも、二つの全く別の動力源を連動させるのですから、システムがとても複雑になるのは避けられません。

だからこそ、トヨタ自動車の技術力があってこそ成せる業で、その優位性を誇示できたのでしょうが、複雑なシステムというのは、壊れ易いものです。

機械を設計する人に聞くと、システム上のトラブルが続くと、できるだけシステムを簡素化する方向に向かうようです。

例えば、ロケット開発から引用すると・・・

(3)開発方針
 本目標を達成するための開発方針は、小型衛星への柔軟な対応、信頼性の向上、コスト低減、運用性向上の四つの事項に即して示されている。
 小型衛星への柔軟な対応に関しては、多様な軌道へ対応できるようにすること、音響環境・分離衝撃等のペイロード搭載環境を緩和すること、短期間・高頻度打上げに対応できるようにすることとしている。この方針は、燃焼中断ができないため、誘導性の自由度が低いことや、環境条件が比較的厳しいといった固体ロケットの短所を克服しつつ、本質的な簡素性から、小型のペイロードを効率的、機動的に打上げられる固体ロケットの長所を伸ばす方針として設定されており、適切である。
 信頼性の向上に関しては、高速シリアルバス化や点検の自律搭載化により、打上げシステムの革新的な簡素化を図るとともに、実績がある信頼性の高い技術を活用すべく基幹ロケットとの基盤の共有化・強化を図ろうとしており、適切である。


ここで、信頼性の向上のため、簡素化という語が何度か登場します。

システムは、複雑になればなるほど、それだけトラブルを起こしやすくなるので、安全性、信頼性の向上には、複雑化ではなく、簡素化が目指される場合が殆どなのです。

そう言っても、ハイブリッドシステムは、まだまだ実証データがガソリン車に比して格段に少ないので、これから技術がさらに熟成されるまでの産みの苦しみであるだけなのかもしれません。

しかし、タイミングが悪い、というか、トヨタへの逆風がすごいですね。

GMが経営破たんし、トヨタ自動車が世界一になったことが、米国の国民感情を逆撫でし、狙い撃ちされているような感じです。

どんなに現地化しても、自国発祥の企業を優遇するのは、何処の国も一緒ということです。

日本は、とりわけ国家よりも企業に忠誠心を感じている人が多いお国柄なので、かなりこれが激しいですね。

まあ、それはともかく、トヨタ自動車ほどの企業でも、急速な生産拡大と海外現地化は、生産管理に相当の無理をもたらしたということなのでしょう。

今回のアクセルペダルのリコール、すべて海外生産分ですからね。

事業を育て、人を育てるには、それ相応の手間と時間と労力が必要だということです。

我が家で言えば、鶏を育てるにも、野菜を育てるにも、子供を育てるにも・・・ともかく、手を抜けば、本当にすぐにそれが返ってくるのがよく実感できます。

楽すれば楽したなり、手を抜けば手を抜いたなり・・・・ということです。

そうそう、急拡大といえば、先日、電器販売で売上高日本一のヤ○ダ電気に買い物に行ったのですが、その店舗の状況の劣化にビックリしてしまいました。

夕方で薄暗くなっているのに、電灯が切り替わっていないので、外観が薄暗くて、活気がない。

店内でLANケーブルを探しても、なかなか見つからないし、店員に聞こうとしても、見当たらない。

漸く見つけてレジに持っていっても、店員が誰もいない。

しばらく待っても来ない。

携帯電話の販促で来ていたお姉さんが3社3人いたのですが、その様子を見かねて、店員を探してくれました。

そして、漸くやって来たその店員は、「お待たせしても申し訳ありません」と一言の謝りもなく、ただ黙々とレジを打ち、それが終わると、またどこかに去っていった・・・

今や、デフレによる価格競争で、人件費もギリギリで、社員と言っても、契約社員なのかもしれませんが、これで本当に顧客に支持されるのか、とても疑問に思いました。

急拡大すれば、周辺部に行けば行くほど、その管理が杜撰になりがちになり、それが大企業病を引き起こし、結果的に衰退していくことになる・・・

これがライフサイクルなのでしょうが、大きくなることの怖さをつくづく感じました。


・・・・・・・・今日の徒然でした。


奥の家の嫁日記



ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
   15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑ も、50位くらいです。 応援よろしくお願いします。




関連記事
スポンサーサイト



| 2010.02 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2010年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ