韓国自動車メーカー、やっぱりやばやばですね。

2009.01.17 23:14|アジア経済(韓国、中国)
少し前に、こんな記事を書きました。

韓国の自動車メーカーの脆弱さを取り上げたわけですが、いよいよ末期が見えて来たようですね。

まずは、中央日報の記事を・・・・

現代自鄭夢九会長「現金はある… 割り引きしても海外攻略を」

「現金の余力があるから価格割引などを行っても海外市場シェアを高めよ」--。


鄭夢九(チョン・モング)現代・起亜自動車会長は、先週初め、 ソウル良才洞の本社で行われた海外営業本部長会議でこのように指示した。この日、会議に出席したある関係者は「鄭会長は今回の国際的な金融危機で自動車需要が急減するほかないが、これを機会に海外市場シェアを高めなければならないと思う」と伝えたという。現代車の現金資産は3兆~4兆ウォンに達する。現金は多いが昨年12月末には3500億ウォン規模の3年満期会社債も2年ぶりに発行した。運営資金をさらに確保するためだ。米国のビッグ3自動車が資金難で喘ぐ状況と対照的だ。鄭会長はこの席で北米・欧州地域のディーラー販売手当を1台当たり1000~2000ドルまで追加支援せよと財政経済本部に注文した。

これに先立ち現代・起亜車は昨年11月からディーラーごとにグレンジャー、オピラスを買った顧客にヴェルナ、プライドなどを無料でつける「1+1」マーケティングを北米地域で実施している。ソナタ、サンタフェは3000ドルまで割引してくれる。

この会社は昨年10、11月ウォンが安くなったときもこれを利用して海外市場シェアを高めるために輸出を増やした。現代・起亜車は品質に比べ安い小型車を作ってこの機会に海外市場シェアを大きく広げられると期待している。しかし現代起亜車の海外販売は依然として不振の沼から抜けることができない。

北米・欧州だけではなく信じていたロシア、中東など新興国家でも自動車需要が急減しているのだ。現代車が善戦しているインド、ロシアはこのごろ先進国市場よりもっと厳しい。昨年11月から市場規模が前年同期対比30~50%まで減った。こうした影響で今年の第1四半期海外ディーラーの注文が前年同期間対比50%減った。これによって今月、国内工場稼働率(小型車工場除外)が70%を超すことができない。鄭会長はしかしこの危機状況が長くは続かないものと見ているとみている。今、海外市場シェアを引き上げるのが今後、近付く好況に備える近道だという判断だ。

ソース:中央日報

この記事によると、現代自動車は、米国のビッグスリーと違って、現預金は潤沢にあるので、割引販売を積極的にする、ということみたいですね。

まあ、4兆ウォンとしても、1ドル当たり1300ウォンを基準にすると、30億ドルぐらいですか・・・・日本円で2700億円ぐらいかな?

しかし、これだけでは、借金がどれくらいあるか分からないので、全然意味がありませんが・・・ただ、潤沢な現金を持っているといいながら、年末に社債を発行したぐらいですから、資金繰りはかなりきついのではないでしょうか?

そう、朝鮮日報には、こんな記事がありました。

【社説】経営危機のさなかにデモ叫ぶ現代自労組

 現代自動車労組が19日に開かれる臨時代議員大会でストライキの手続きを進めることを決めた。会社側が今月中に全州工場で17時間操業の「日中2交代制」を導入すると約束しながら、守られていないというのが理由だ。

 現代自労使は昨年9月、労使交渉で操業時間を昼夜合計で20時間から17時間に短縮する日中2交代制を導入することに合意し、1月から全州工場のバス生産ラインで試験実施する予定だった。合意内容によれば、勤務時間が3時間減少するにもかかわらず、賃金は据え置かれる。労組は労使合意事項を直ちに履行するよう要求している。

 現在、全州工場は昼間の8時間だけ操業している。車を作っても売れず、工場の操業時間を短縮したためだ。高速バス、観光バスなど大型バスは1年分の在庫が積み上がっている。操業時間はさらに短縮しなければならない状況だ。2交代制で生産を増やすのは自殺行為に等しい。しかし、労組は「会社側が労使の信頼関係に反した」として、どうしても約束を守れとストライキをちらつかせている。

 世界の自動車販売台数は2007年の7200万台から今年は6000万台に減少するとみられている。これに対し、生産能力は9000万台に近い。作っても売れずに在庫状態となっている車が3000台にもなるという。世界の自動車業界全体が30%前後生産を減らさなければならない状況だ。いくつかのメーカーは看板を下ろさなければならないかもしれない。このため、日本のトヨタ自動車、三菱自動車の労使をはじめ、世界の自動車各社の労使は賃金削減、操業時間短縮など危機克服に向け共に努力している。

 現代自でも班長、係長など現場幹部級の労組員は最近、相次いで会社の非常経営体制に同調することを決議した。自動車会社にとって今年を乗り切ることが容易ではないことは多くの人が知っている。英信用格付け会社のフィッチ・レーティングスは最近、現代自の格付けを投資不適格に当たる「投機的」ランクの「BB+」に引き下げた。それにもかかわわず、労組指導部だけがまるで雲の上の宮殿にでも住んでいるように的外れなことを叫んでいる。自分たちが労組指導部でいる間さえ、会社がつぶれなければよく、その後のことは知らないという都合の良さだ。労組員はそんな指導部から弾劾すべきだ。

ソース:朝鮮日報

あ~~、なんか経営危機と言われているんですけど・・・超楽観論調の韓国の新聞がこれを言うなんて・・・双龍自動車に続き、現代自動車も自爆ですか?

しかし、バス系の在庫が1年以上ですか!!

というか、何処の時点を基準にして1年分と言っているのでしょうか?

半年前と前月では、指標が全然違ってくると思うのですけどね。

いや~~~、車1台買うと、おまけでもう1台という、まるでバナナの叩き売りのような販売方法をしないと、在庫が増え続けるのでしょうね。

実際、どれくらいの在庫を抱えているのでしょうか、韓国の自動車メーカーは?

しかし、そもそもが薄利多売戦略を取っていた現代・起亜自動車ですから、大幅な値引き販売は、もう殆ど赤字販売なのでしょう、きっと。

そうそう、朝鮮日報に、こんなデータ記事がありました。

自動車比較

注目してもらいたいのは、1台辺りの販売価格の差です。

トヨタの6割以下ですね、現代自動車は!!

車種のラインナップが似ているにもかかわらず、これだけの差があるのです。

しかも、米国では現代自動車はレンタカー車というイメージがあるらしいですが、そのレンタカー会社と買い戻し契約をしているくらいなので、実際の差はもっとあるのではないでしょうか?

ここから、さらに大幅な値引きをするのですから・・・・普通に考えて、原価割れ販売でしょう。

ちなみに、こんな記事もありましたね。

韓国】現代ベラクルーズ、中身はほぼ海外製[09/22]

 自動車部品産業に特化したビジネスリサーチ会社「サプライヤー・ビジネス」によると、
現代自動車の大型SUV(スポーツタイプ多目的車)であるベラクルーズに使用された中核部品
100個のほとんどが、海外製品であることが分かった。例えば、車体部品はZF(ドイツ)、
変速機はアイシン(日本)、燃料噴射・ワイパーシステムはボッシュ(ドイツ)、排気系統は
フォレシア(フランス)、ベアリング類はシェフラー(ドイツ)、ランプ・アンテナはオムロンと
原田(日本)、発電機・点火コイルはデンソー(日本)、エアバッグはオートリブ(スウェーデン)、
レインセンサーやシートベルトはTRW(米国)、四輪駆動系統はボルグワーナー(米国)と
ジェイテクト(日本)が、それぞれ供給している。

 このように高級部品を全面的に海外メーカーに頼らざるを得ない理由は、国内メーカーが
検証済みの海外製品を好むためだ。そのため、国内メーカーが高級車を作れば作るほど、
海外メーカーだけが儲かり、国内部品メーカーは安価な部品を生産しては餓死してしまう
という悪循環が繰り返されている。

 自動車生産台数で世界第5位を誇る韓国。しかし、それを支える国内部品メーカーの中で、
2007年に全世界の自動車部品メーカー100位圏内にランクされたのは、わずか2社しかない。
100位圏内には米国が30社、日本が26社、ドイツが21社、フランスが7社もランクされたが、
韓国からは現代モービス(27位)と萬都(76位)の2社にとどまった。このうち現代モービスは、
すでに製造された部品をモジュール化して現代・起亜自に供給する「伝達窓口」にすぎないため、
事実上100位圏内に入る韓国部品メーカーはマンドが唯一ということになる。

 こうした現状について、ソウル大学経営学部のキム・スウク教授は「自動車業界の発展は、
部品業界の下支えなくしては不可能だ。今からでも部品メーカーの技術力と規模を育てて
いかなければ、国内自動車産業の発展はすぐに限界に到達してしまう」と話している。

ソース:朝鮮日報

そう、上級クラスの車になればなるほど、部品を輸入に頼っているのです。日本やドイツなどから買い集めて来て、それを組み立てているだけなのです。

これは、部品調達コストで、トヨタなどに比べて全く優位に立っていないということなのです。

にもかかわらず、トヨタに比して6割以下の値段で売っているわけです。

これでは、利益率が上がるわけありません。

もちろん、人件費が安ければ別ですが・・・・その強みも失っているのです。

それどころか、世界最狂の労組に牛耳られているわけですから・・・・どこか明るい材料あるのでしょう?

まさに、ジャンク債と評価されて当然でしょう。

あっ、北米のカー・オブ・ザ・イヤーに現代自動車のジェネシスが選ばれたんですっけ。

まあ、経営危機真っ只中のビッグスリーも何度も選ばれていますけど・・・・

ちなみに、2007年当時のレートではなく、現在の円ウォンレートで計算すると、トヨタの営業利益は、33兆ウォン以上になります。

そして、1台あたりの平均販売単価も・・・・4400万ウォンになるのかな???

・・・・・

ところで、自動車メーカーの規模の比較で、どうして販売台数が基準にされるのでしょう?

これ、相当変ですよ。

1千万円以上する高級車と30万円くらいの軽自動車が同じ価値に扱われるのですから・・・・

付加価値追求モデルを目指す自動車メーカーと薄利多売を目指すメーカーとを同じ土俵で比較すること自体、あまり意味が無いと思うのですが、客数と客単価の合計が売上高で、最低でも、この3つの指標でランキングしないで、客数(販売台数)だけで比較するなんて、殆ど意味がありません。

見かけだけ大きくしてランキングを上げようとしたければ、現代・起亜自動車のように、薄利多売を目指して、販売単価を下げて販売台数を増やせばよく、そこに、本当の会社の経営規模は反映されていません。

これ、自動車だけでなく、家電とかも一緒ですけどね。

70ドルくらいの携帯電話を売りまくっているノキアと高機能携帯を売っている日本のメーカーとを単純に販売台数で比較するのは、どうかと思うのですが・・・・

                        ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、10位くらいです。 応援よろしくお願いします。


関連記事
スポンサーサイト



タグ:韓国経済 韓国

ユウクンを抱っこして連れ回すなんて・・私には、無理!!

2009.01.17 00:41|子育て日記
さあ、恒例の今日のウォンです。

ウォン

なんか、ウォンらしくない上がり方しましたね。

まあ、また来週が楽しみです。

本題に入りますが、この間、ユウクンと東京に行って来たのですが、私奥の家♂は、事前に荷物を実家に送ることを忘れてしまい、結構な手荷物を持って行くことになってしまいました。

まあ、松山空港までは車だし、羽田空港からは、電車だから、何とかなるかなあ、と軽く考えておりました。

奥の家♀さんには、出来るだけ手ぶらにしておいた方がいいよ、と忠告されていたのですが・・・

実際にやってみて・・・・・

・・・・

・・・

・・



後悔しました、おもいっきり!!!

まあ、一応東京生まれの東京育ちですので、迷うことなどはありえませんし、東京の事情はよく分かっていたのですが・・・・

まず、ユウクンを抱っこする事は、全く考慮していませんでした。

ユウクン、自分で歩きたがるので、まあ、大丈夫だろう・・・・と。

実際、抱っこする事はありませんでした。

電車の中も、全部立ってましたし・・・・そう、親が立っているので、それを真似するんですよね。

何度か転げ回っていましたが、普段からそんなことはよくあることなので、とりあえず暖かく見守ってあげました(笑)。

まあ、周囲の目は、なんちゅう親という感じだったのかもしれませんが・・・・とりあえず、周囲に迷惑をかけるようなことが無ければ、ほっとくのが一番。

でも、電車の乗り降りは、電車とプラットホームの間に落ちると危ないので、抱っこしましたが・・・

しかし、周囲の子連れの親を見ていると、何か軽々と子供を抱っこしながら移動しているので、世の親はすごいなあ、と感心してしまいました。

ユウクンを抱っこしながら連れまわすなんて・・・・・私には、体力的に無理!!

そう、ベビーカーに乗せている人も多かったですね。

今は、東京では、駅とかには条例でエレベーターとかエスカレーターの設置が義務付けられているはずですが、本当に設置率がとても高くなったので、結構使えるんですね。

結局、我が奥の家では、ベビーカーを使うことなく終わってしまいましたが・・・・・

舗装されていない凸凹の場所で移動することが多いので、あまり意味が無いんですよね。

まあ、それはともかく、ユウクンは、ただいま親の真似っ子なので、私が荷物を持っていたら、自分も持ちたがるので、折角なので、出来るだけ自分の荷物も持ってもらうことにしました。

そう、こんな感じで・・・・

ユウクン

なかなか、好評でした。

優先搭乗で、スチュワーデスさんが先導してくれた時に、まるで登山に行くみたいですね、と褒めてもらいましたし・・・・ですよね。

まあ、山から来たのは確かですけど・・・・

そうそう、何が大変だったのかというと、ともかく無駄に歩き回る!!!

折角、階段で3分の2降りても、隣のエスカレーターに乗るために、もう一度階段上って、降り直すし・・・・

エスカレーターを反対から乗りたがるし・・・・

反対側の電車に乗りたがるし・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

・・

あ~~~~~疲れる!!

荷物が無ければよかった、と思いっきり後悔しました。


                        ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、10位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事
| 2009.01 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2009年01月 | 02月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ