定額給付金は、愚策でしょう。

2008.11.20 23:07|社会情勢
さて、恒例の今日の韓国ウォンです。

11.21ウォン

昨日私がした予測通りの動きをしましたね。

いや~~~韓国ウォン、本当に楽しませてくれます。

ちなみに、素人の私に予測がつくくらいですから、当然、当事者は分かっているはずです。

1500ウォンの直前で相場を終わらせた時点で、もう次の日の為替介入を誘っているのは、ミエミエです。

そして、どんなに韓銀がドル売りウォン買いの介入をしても、そのタイミングを見計らって、ウォンを売り浴びせているのですから、すぐに上がります。しかし、あまり上げ過ぎて、韓銀が諦めてしまったら元も子もないということで、韓銀の介入に合せて、徐々にウォン高にし、最終的に、1500ウォンの手前で終わらせる。

あ~~~ハゲタカファンドの思い通りですね。

じゃ、どうしてこんなミエミエの策にはまってしまうのかと言うと、ここが韓銀の辛いところなのですが・・・

もしここで為替介入しないで放っておくと、そのまま10年前の再来となってしまい、韓銀は、韓国世論から袋叩きにあいます。

現実は分かりきった破綻でも、あの時外貨準備金を利用した為替介入をしなかったから破綻したんだ、という短絡的な責めを負う可能性が大です。

ならば、分かり切ってはいても、自分たちは力の限りの対策はしたんだ、というポーズを取った方が、自己保身には有利に働きます。

こんな韓国の窮状を分かり切った上で、そこを容赦なく責めてゆくのですから、まさに・・・・

ハゲタカ

ですね。

そうそう、こんな記事が朝鮮日報に出ていますね。

モルガン・スタンレー、韓国政府に公式に謝罪

げ、げっ、ハゲタカさんは、もう2001年くらいから、今回の事態を予想していたんですね。

これはこれで、すごいな!!

やっぱり、ハゲタカファンドは、随分前からトラップを仕込んでいたんでしょうね。

本題に入ります。

前回の続きですが、日本の財政赤字が日本人の過度の預貯金のしわ寄せという話しをしましたが、こういう目でみると、現在の麻生内閣が行おうとしている定額給付金が殆ど景気浮揚に寄与しないことが分かると思います。

今、世界同時金融危機の不安感の中で、たかだが数万円の給付を受けても、それで贅沢品を買おうと思う人はいないでしょう。預貯金に回されるのが目に見えています。

たしかに、こうした不況が起こると、必ず景気対策が求められ、それに応じざるを得ない状況にあるのはわかります。

けれど、定額給付金とは、あまりにも能が無さ過ぎます。

日本の状況では、景気対策とは消費の拡大を促すことなのですが、これでその効果が上がるとはとても思えません。

まだ、全国の自治体に一律で1億円を交付した悪名高い「ふるさと創生事業」の方がまだましです。

これも、全額宝くじを購入した自治体があったり、そうそう、高知県でも金のカツオを作った自治体がありましたね。

中途半端な一時給付金など、日本人の預貯金志向を増長するだけなので、逆効果です。

じゃ、どうせやるならば、どんな景気対策があるのでしょうか?

・・・・

・・・

・・



まあ、即効性はありませんが、確実に未来に繋がる景気対策が・・・

少子化対策

です。 

そう、出生率を上げるための対策費に当てるのが一番だと思います。

繰り返しますが、即効性はありませんが・・・

そもそも、景気対策とは、消費拡大対策に他なりません。

では、消費を拡大するには、どうすればいいのか?

選択肢は2つしかありません。

1.個々人の消費量を拡大する。
  たとえば、これまで100万円使っていた人に、200万円使ってもらうようにすることです。

2.消費する頭数を増やす。
  たとえば、100万円使う人を、1人から2人に増やすようにすることです。

定額給付金は、1をやろうとしているわけです。

それに対して、少子化対策は、2をやろうとすることです。

・・・眠くなってきたので、続きは明日です。


                        ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、20位くらいです。 応援よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト



日本人の貯蓄のシワ寄せが財政赤字

2008.11.20 17:10|社会情勢
今日のウォン相場は、壮絶なものがありました。

11.20ウォン

朝の相場明けからの爆下げは、いつものことですが、午後2時くらいから3時の終了まで、とてつもない攻防がありました。

市場心理として、1500ウォンを超えることは、かなり金融破綻の不安が増大することで、このまま一気に十年前の通貨危機が再現されるかと思ったら、おそらく韓銀の為替介入が入ったと思われ、一気にウォン高に振れ、1480ウォン近辺まで戻したのですが、さらなる売り圧力がかかって、結局1497ウォンという微妙なラインで、取引が終了されました。

そう、1500ウォンというラインは、どうにか下回るという感じです。

韓国、少し延命できたみたいです。

正確には、延命させてもらえたようです、ハゲタカファンドに・・・・

ちなみに、ここのところの動きは、こんな感じです。

11.20ウォン2

乱高下の谷間が2回ありますが、1回目は、サムスンや現代やポスコといった韓国大企業のドル売り介入の成果で、2回目が韓米スワップ協定の締結の成果です。

さて、もうそろそろ三回目のサプライズが起こって、ウォン高が起こるのか否か、明日の為替相場から目が離せません。

そうそう、このところのウォンの暴落を日本円でたとえてみると、1ドル当たり95円くらいから数か月で一気に150円くらいになってしまうようなものです。

いやいや、そんなものではない。日本と韓国では輸出依存度などが全然違うので、その衝撃度たるや、200円なんて軽く超すぐらいのものではないでしょうか?(推測ですが・・・・)

日本の円高なんか、なんとかわいらしく見えるでしょう。

明日のウォン相場を予測すると、朝一で、韓銀の為替介入が入って、ウォン高に向かうけど、すぐに戻され、1500ウォンあたりの攻防が続くという所ですかな?

本題に入りますが・・・

日本の財政赤字が倹約家で貯蓄を好む国民性の必然という感じで書きましたが、この財政赤字は、最終的には、どうなるのでしょう?

日本政府がちゃんと返してくれるはず、と楽観的に考える人は、もはや殆どいないでしょう。

そもそも、この借金の使い道が何だったかということです。

主には使われたのは、日本全国のインフラ整備です。

道路とか、公共の建物とか、農林漁業の補助金とか・・・・ともかくここら辺です。

これらのインフラ整備が民間企業のような収益事業かというと、ほとんどがそうではありません。
確かに、高速道路とか料金を徴収していますが、公共機関ですから、利益よりも利便性が優先され、利益が出るくらいならば、その分料金を安くすることが求められます。

要するに、国債(借金)の返済が完了するほどの収益を生むわけないのです。

さらに、無駄、無駄、と言われている道路とか建物がたくさんあるように、預金増加と景気対策の循環が進めば進むほど、収益率の低いインフラ整備にまで手を出さざるを得なくなり・・・まあ、民間で言うところの不動産バブルがこれですね・・・結果的に、ますます借金が増えていくことになります。

このスパイラルから抜け出すためには、国民が預貯金を止めて、それを消費に回さなければなりません。消費が増えれば、税収が増え、財政赤字が解消される見込みが出てきます。

日本政府が望んでいるのは、実を言うと、これです。

たとえば、道路や鉄道が開通し、人や物の流通が活発化されれば、生産と消費が拡大し、結果税収が増えます。

ところが、そうは問屋が卸さないのです。

そもそも、インフラが整備されても、生活必需品の消費がそんなに増えるわけではないので、ここで言う消費の拡大とは、贅沢品を浪費することになるのですが、それが難しい。

日本人は、それを消費ではなく、貯蓄に回してしまうのです。

結果、ブラックホールのように、どんどんお金が預貯金に吸い込まれ、財政赤字が拡大し続けてしまうのです。

日本人の貯蓄のしわ寄せが、日本の財政赤字なのです。

では、どうして日本人は、そんなに貯蓄ばかりしてしまうのでしょう?

それに回答するには、日本社会の構造変化・・・まあ、有体に言えば、少子高齢化を取り上げなければならないでしょう。

続きはまた明日・・・


                        ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、20位くらいです。 応援よろしくお願いします。

関連記事
| 2008.11 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2008年11月 | 12月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ