スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融工学は、所詮錬金術みたいなもの・・・

2008.09.30 00:36|社会情勢
今回も、経済ネタになってしまいます。

だって、今ここが一番面白い気になるところなもので・・・

米国がいよいよ瀬戸際に来ました。

金融破綻は、間違いないでしょう。

そもそも、米国の金融工学という名の下の錬金術は、やっぱり錬金術ですから・・・・

あまり経済の専門用語を並べてのあれなので止めますが、簡単に言えば、将来の値上がりの見込み(虚像)を根拠にして、経済規模を大きく見せかけてきただけですから、いずれはボロが出ます。

日本が陥った90年代のバブルは、言わずと知れた不動産バブルでした。

不動産価格は右肩上がりで上がり続けるという土地神話の下で、バブルはどんどん大きくなって行きました。

では、今回のバブルの神話は何でしょう?

・・・・

・・・

・・



米国です。

唯一の超大国と言われた米国に対する盲目的な依存、いわば、米国神話が根底にあります。

なんじゃそりゃ、と思われるかもしれません。

そもそも、米国は、ずっと貿易赤字で、巨額の財政赤字を抱えていました。

にもかかわらず、消費大国で、日本をはじめとして世界中から物を買い漁っていました。

日本の輸出企業は、自動車を代表として、国内市場が低迷しても、北米市場で穴埋め、もしくはそれ以上の売上を上げてきたのです。

じゃ、そこで得られた利益が何になったかというと、米国債というやつです。

そう、米国の国家債券を買っていたのです。

これは、日本だけでなく、オイルマネーで潤う中東諸国も、同じように米国債を買っています。

米国は、自分たちの稼ぎ(生産)に応じた分だけ消費していたのではなく、借金して輸入していたんですね。

たとえて言うと、私(米国)はお金は無いけどあなた(日本他)から自動車は買いたい、だから、借用書(ローン)を書くから、それを信じて先に自動車を頂戴な、というところでしょうか?

もちろん、借用書は紙切れですから、そこに将来の返済の見込みがなければ取引は成立しません。

ここで重要なのが、米国が政治的にも経済的にも超大国で、その通貨のドルが世界の基軸通貨であるということです。

貸手(日本など):商品を買ってくれるのはうれしいけど、代金は本当に払ってくれるんですか?

借手(米国):大丈夫ですよ、私は世界で唯一の超大国アメリカ合衆国ですよ!!

貸手:それはそうですけど・・・

借手:もし借用書を現金に換えて欲しかったら、言ってください。
    いくらでも紙幣を刷りますから!!!
    なにせ、世界中が取引決済に使用している最も安定した通貨ドルを発行しているんですよ!!

貸手:それもそうですね。

借手:それにね、何か文句を言って来る者がいても、それを黙らせる武力(軍事力)があるから!!

貸手:あっ、なるほど!!

借手:というわけで、自動車だけでなく、液晶テレビも、住宅も、まだまだ買いたいものがたくさんあるからよろしくね。

貸手:でも、そんなに借金すると、さすがに少しは返済してもらわないと、家族(国民)から心配の声が出て来て・・・(汗)

借手:大丈夫、大丈夫。私たちには、金融工学という錬金術があって、自分の見た目をより大きく見せるのも得意だから、まかせてください。

・・・・・

・・・・

・・・

まあ、こんな会話はなかったでしょうが、ドル(米国)神話の名の下に世界規模でバブルが拡大していったのです。

・・・・

ところで、前回、商取引には、一定期間価値を保持する仲介物が必要だ、と書きました。

現在は、国家がその安定性を保証する通貨がその役割を担っているわけですが、その前は、金(ゴールド)でした。

金本位制というやつですが、そもそも金の量に限界があるので、それ以上の通貨の流通規模にしたい時に、金の保有量以上に拡大できませんでした。

そこで、金本位制から紙幣制に移行したわけですが、そもそも国家が紙切れに固定価値を賦与しているのですから、国家間の均衡関係によって、価値も変動します。そこで、変動相場制になったわけです。

そう、通貨の価値は、有体に言えば、国家の力を表しているのです。

そんな中、米国は、唯一の超大国としての地位にあり、自国のドルを世界に通用する基軸通貨することができました。

貸手(日本などの輸出国)の方も、ドル建ての債券を持っていれば、資源国(中東など)から原材料を買う際、それを回して、もしくは担保にして、ちゃんと購入で来ていたのです。

こうして、ドルを世界中の商取引に使うことで、世界規模でも商取引が成立していたわけです。

すべては、米国の見えない力の下で・・・・

そして、超大国の米国は、基軸通貨を保証しているというその地位を担保に、世界中からお金を借りまくっていたわけです。

外貨準備高という言葉を聞いたことがあると思います。そう、外国に債務の返済に使用できる準備金(貯金)です。

この外貨準備高で、日本は中国に次いで2位(この前までは1位)なのですが、これがゼロでも全く問題ない国が1カ国だけあります。

それが米国です。

準備しなくても、ドルを好きなだけ発行できるんですから、言うなれば、無限大の準備高があるようなものです。

この無限大の保証の下で、無限大の借金ができるかのように錯覚していたのです。

でも、そもそも、これは、返済する当てのない借金です。

権力を利用してお金を集めることはできますが、いずれは限界が来ます。

借用書は所詮紙切れですから、売上金がもらえなければ、貸手の方も、生活に必要な商品が買えず、困ってしまいます。

貸手の家計(国内経済)が苦しくなれば、お金を返してほしいという取り立てが出てきます。

武力で脅したら、恐怖でなかなか声が出せず、仕方なく弱小国から取り立てるようなことが一時的にできても、いずれ限界が来ます。

どんなに世界が広くても、所詮地球規模を超えられないのですから・・・・

どんなに見せかけだけ大きく見せても、いずれ実体がばれてしまうのです。

というわけで、臨界点突破の時がやって来るわけですが、さて、これからどうなるものやら・・・

・・・・・

そうそう、今日は、韓国の情勢が気になって仕方がありませんでした。

ドル・ウォンレートがすごいことになっています。

ドルがこれだけ売られている(今日は、円高)にもかかわらず、ウォンに対しては、とてつもなく買われている。

ドル高ウォン安が滅茶苦茶進行しました。

どうも、米国よりも先に韓国が金融破綻を起こしそうです。

韓国経済の9月危機説は、何とか乗り切ったと思ったら、どうも現実化したみたいです。

次回は、韓国経済危機について・・・

あ~~~経済系ブログになってきた、やばい。

                        ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

続・アメリカの金融危機に想う・・・

2008.09.28 22:47|社会情勢
さて、前回の続きです。

何か経済系ブログになってしまうようなのですが、しばらくお付き合いください。

前回、これから、たとえバブル経済が弾けても、実体経済が壊れるわけではないから、そんなに心配することはない、と書きました。

まあ、ここで私が言うところの実体経済とは、いわゆる第1次、第2次産業というところでしょうか?

第1次産業の農林漁業、さらに第2次産業の製造業・・・

バブル経済が弾けると、これらの産業がどうなるのでしょうか?

言わずと知れた、消費低迷による景気悪化です。

金融という潤滑油を失うと、あっという間に物流が麻痺し、物が動かなくなり、生産現場は大混乱に陥ります。

物流を支えるのは、信用取引なので、金融システムの崩壊は、その信用が喪失し、取引停止が相次ぐことになるわけです。

たとえば、車が買いたいと思っても、現金の価値が明日には殆どなくなってしまうような状況(ハイパーインフレ)では、商品の車の代わりに現金を受け取っても、売り手はタダであげるようなもので、とても損をしてしまいます。

現金でも金でも、ともかく中間に入るものが一定の価値を持続していることが商取引を可能としているのです。

まあ、最近こうなっているのは、アフリカのジンバブエですね。


では、こうなると、何も欲しいものが手に入らなくなり、人が生きていけなくなるのかというと、そうはなりません。

ジンバブエでも、しっかり人は生活していますから・・・・

では、どうやって生活必需品を手に入れているのかというと、いわゆる物々交換です。

そう、一番信用できる現物同士で交換することで、物流は再開するわけです。

もちろん、その物流規模は、とてもミニマムなものとなりますが、こうした取引の中で、徐々に信用取引は拡大していき、金融システムも復活していきます。

まあ、とてつもない大混乱にはなりますが、バブル経済が崩壊しても、それで人が生きていけなくなるようなことはないわけです。

ところが、第1次、第2次産業が崩壊すると、こうはなりません。

たとえば、大干ばつとかで作物そのものが生産できない状況が続けば、人は生きていけなくなります。

たとえば、原油などの資源が枯渇すれば、輸送システム、化学製品・・・・というか、第2次産業が維持できなくなります。

物があるからはじめて、流通(金融)が価値を持つのであって、商品(物)が生産できなくなったら、それこそまさに壊滅的な打撃を受けてしまいます、というか、壊滅します。

バブル経済の破綻は、必ず復活しますが・・・実体経済のそれは、真の破綻を意味します。

・・・・・

さて、ひるがえって、今回の経済危機を見てみると、確かに、原油、穀物相場を中心に、かなり値上がりしました。

でも、この値上がりは、資源の枯渇による需要の逼迫からではなく、あくまでもバブル経済による金余りから来る投機的要因からの値上がりだったわけです。

資源の枯渇は、産業崩壊を起こすような局面にはまだ行っていないわけで、そういう意味で、実体経済は安定しているのです。

よく新興国の需要増が要因に取り上げられますが、そもそもバブル経済が弾けたら、消費が低迷するので、むしろ供給過多になります。

そう、世界的に経済が縮小するので、生活必需品以外の物品に関しては、かなりの供給過多になるはずです。

・・・・

今後遅かれ早かれ必ず起こるのは、資源の枯渇と環境破壊です。

これは、実体経済の崩壊が必ず来ることを意味します。

この崩壊、おそらく近い将来でしょう、きっと・・・・

まあ、これに比べれば、今回のバブル経済の崩壊など・・・たいした問題ではありません。

日々の生活は、とても不安定になりますが・・・

・・・・・

ところで、こうした時を予想して、私奥の家♂は、山奥での生活を選んだという側面があります。

物流が滞る状況下では、自給自足に近い生活ができるかどうかが鍵となります。

厳密に言えば、自分で物を生産していく力を有しているか否か、ということになるでしょうか。

ハイパーインフレに見舞われた人々は、庭に畑を作り、山に薪を取りに行き・・・等々の生活の知恵をはぐくむことで、生き抜いてきました。

庭がないと畑が出来ません。

山が無ければ、薪も取れません。

山奥というのは、ハイパーインフレには強い生活圏なんですよね、実は・・・


                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

アメリカの金融危機に想う・・・・

2008.09.27 08:57|社会情勢
ところで、アメリカ発の金融危機がかなり深刻ですね。

というか、本番はこれからでしょうが・・・・

今回は、ちょっと普段の記事とは趣きを変えて、社会情勢なんかについて、書いてみたいと思います。

以前、こんな記事を書いたことがあります。

そう、私奥の家♂が山奥に移住した理由の一つに、将来のインフレに備えて、というものがあったのです。

ただ、今回の物価高騰は、バブルの投機が原因なので、どうも特段心配するようなものではなさそうです。

うっん???と思われるかもしれません。

確かに、金融システムが崩壊して、金融恐慌が来るのは大問題と言えば、大問題。

金融は、経済を動かす潤滑油みたいなものなので、これが機能しなくなると、途端に物流が滞り、物不足とインフレが起こります。

まあ、自動車のエンジンにたとえると、オイルがなくなると、途端に金属が摩擦熱で膨張し、焼きついてしまい、動かなくなってしまうようなものです。

ちなみに、今とっても危ないのは、アメリカではなく、韓国みたいです。

韓国の9月経済破綻説がネット上ではかなり話題になっているので、少しググッてみたら分かると思いますが、かなりやばい状況にあるのは間違いなさそうです。

今のところ、今回のリーマンブラザーズの破綻で、金融バブルがはじけそうになり、ドル安に向うところを、日欧の介入で食い止めているというところでしょうか?

何でドル安を食い止めようとするのかは別の機会で話すとして、サブプライムローン問題でとてつもない不良債権が派生したのですから、ドル通貨の価値が下落するのは当然と言えば当然です。

ところが、です。

この状況下になって、韓国のウォンは、ドルに対して大幅な下落になったのです。

そう、世界の金融関係者は、金融不安に陥ったアメリカドルより、韓国のウォンの方が売りだと考えているのです。

それぐらい、韓国の経済状況は危機的にあるらしいのです。

これには、色々と根拠があるのですが、一つあげると、韓国銀行が4年連続で赤字というのがあります。

韓国銀行とは、日本で言うところの日銀です。そう、国家銀行とも言うべき存在で、本来は赤字にはなりようがない存在のはずなのです。

だって、貨幣を刷る権利があるんですから・・・

国の中央銀行が赤字になるはずは無く、実際になったことが無かったのですが、それが韓国で起こっているわけです。

他に例を見ないことが韓国銀行で起こったのか、それは、通貨安定証券というとんでもない代物のせいなのですが、まあそこら辺は、別のブログで調べてみてください。

その他にも、1997年の通貨危機よりも深刻な状況にあるという根拠がわんさかあります。

大丈夫か、韓国???

ちなみに、現在の日本は、世界でも1.2を争うほど経済が健全だと言えそうです。

これまた、えっ、と思われるかもしれませんが、多分当たっていると思います。

だからこそ、今日本の証券会社や銀行がアメリカの投資銀行に出資できるわけですね。

日本の財政赤字が800兆円あると言っても、実を言うと、これは、国際レベルの信用度ではあまり問題にはならないのだと思います。

なぜなら、日本の財政赤字(国債)が何処からお金を借りているかと言うと、日本国民からだからです。外国からお金を借りているのではなく、あくまでも日本の中だけで処理できる借金なのです。

もちろん、もし財政破綻したら、国民の預貯金が返ってこなくなるので、金融は破綻、ハイパーインフレが襲ってくるのは間違いありません。

これは、将来あるかもしれません。

そうそう、韓国の場合、財政赤字の半分以上が海外からの借金だそうです。短期の借金だけで22兆円以上あって、その決済期日が9月に集中しているので、9月危機説が大きく論じられていたんですね。

話が逸れてしまいました。

今回の金融危機は、今アメリカが禁止している金融株の空売りの禁止措置が解除された時が一番危ないと思うのですが、たとえここでバブルがはじけても、弾けるのはバブル経済であって、実体経済が破壊されるわけではないのです。

もちろん、先ほど述べたように、金融システムという潤滑油が破綻すると、途端に経済というエンジンは焼き付いてしまいます。

でも、人が存在して生活している以上、生活物資は絶対に必要で、実体経済は必ず再び動き出し、金融システムも機能し始めるからです。

まあ、どれくらいの期間と痛手が伴うかという問題はありますが・・・・

ただ、再び動き出すのは間違いありません。これは、歴史上何度も繰り返されて来たバブル経済のその後を見れば明らかです。

金融恐慌よりも恐ろしく、そして、将来確実に来るであろうものは・・・・

実体経済の崩壊です。

長くなってきたので、続きは次回にでも・・・・

・・・・・

・・・・

ところで、実を言うと、私奥の家♂は、この手の話題に関しては、別のブログで扱うことにしていて、本来はそちらの方で書くところなのですが、今回は、山奥暮らしをはじめた理由にも繋がるので、こちらでとりあげてみました。

ちなみに、別のブログというのは、どこをどうリンクを探しても辿り着けませんので、ご了承ください。ハンドルネームも違うし・・・


                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

奥の家のたまご便り、コスモスゆらゆら10月号

2008.09.26 00:15|農場日誌
さて、今回も手抜きの奥の家のたまご便り10月号です。

奥の家♀さんの便りをお楽しみください。

(もちろん、本人に掲載許可はいただいておりません。)

たまご便り10月号1
たまご便り2

しかし、奥の家♀さんから「ダンナ」と書かれたの、初めて見たぞ!!!

ちなみに、そう呼ばれたことは一度も無いぞ!!!!!


                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

今回のスズメバチの巣は・・・・

2008.09.24 23:01|山奥での日々
さて、前回の続きですが、うっかりとり忘れたスズメバチの巣をどうしましょうか?

↓ぐらいだと、何も考えずに棒切れで落とせるんですけど・・・

スズメバチの巣

今回は、既に直径30センチくらいになっているので、もしスズメバチの巣を落とすならば、それなりの装備が必要になります。

まず第一に・・・

スズメバチの巣

そう、この宇宙服みたいな防護服ですね。

これ、役場に行けば貸してもらえるので、すぐに準備できます。

それから・・・・

殺虫剤ですね。

スズメバチ用が一番でしょうが、ジェット式のスプレータイプだったら、吹きかけたら、あっという間にスズメバチは死ぬので、これで大丈夫のはずです。

以前、スズメバチの巣の出入り口に詰め物をするとか、煙であぶるとか、色々と教えてもらいましたが、まあ、無難なのは、これでしょう。

・・・・

では、退治することにしたのかというと・・・・・

・・・・

・・・

・・



やめとくことにしました。

まあ、動物愛護の精神からというわけではなく、一言で言えば・・・


めんどくさいから!!

スズメバチの活動期は、せいぜい12月初旬ぐらいまでなので、それまで待てば、自然といなくなりますから・・・

逃げるが勝ち、というやつです。

今回のスズメバチの巣は、前回の鶏小屋の軒下とは違うので、近づかないようにすることはできそうです。

ちなみに、今回のスズメバチの巣は、おそらくキイロスズメバチというやつです。小型ですが、かなり凶暴で、巣の近くに近づいただけで、襲ってきます。

でも、近づかなければ、そんなに恐れることはありません。

というわけで、無理して退治するより、あと2ヶ月半過ぎるのを待つことにしました。

まあ、9月の後半で、30センチオーバーの巣になっているので、この巣、どれくらい大きくなるか、ちょっと興味もありまして・・・・(ワク、ワク)

すごく大きくなったら、ニスを塗って、飾り物にでもしようかな。

乞うご期待です。

                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

スズメバチがやって来た!!

2008.09.23 23:02|山奥での日々
さて、だんだん秋模様になってきましたね。

秋と言えば・・・・・


スズメバチ!!!

そう、これからスズメバチの活動が異様に活発になる時期です。

先日も紹介しましたが、今年はもう1回刺されてしまいました。

あ、いたたた・・・

しかし、これは、もう無理して行かなくていい場所で刺されたので、2度目はないので、もう忘却の彼方にありました。

そんな平穏な今日この頃・・・・まあ、ハゼにかぶれましたけど・・・

いつものように、農場で仕事に励んでいました。

そう、まだまだ鶏小屋を立てないといけないので、ただいま整地やら何やらで忙しいのです。

ちなみに、ハゼの木にかぶれたのは、鶏小屋の建設予定地に面した斜面に生えていた雑木林を切り開いていたからです。

あ~~~、こちらは今でも身の毛がよだちます。

それはさておき、整地が済んだら、今度は材木を加工して、建物を建てないといけないわけで、実を言うと、もう角材は購入してありました。

もちろん、雨に濡れたら材が腐るので、屋根のある所に保管しているのですが、久方ぶりに、その場所に行ってみると・・・・

スズメバチの巣1

ん、んん?????

とても嫌な予感が・・・・

というか、中から盛んに虫が飛び出ているじゃありませんか!!

スズメバチの巣2

おーまい、がっ!!!

スズメバチが巣を作っている!!!

しかも、かなりでかい!!!

・・・・

・・・

・・



うっかりしていました。

やってしまいました。

知らない間にスズメバチが巣を作っていました。

・・・・

この下にある角材を使って、鶏小屋を建てるつもりだったのに!!!!

どうする、俺???


しかし、山奥暮らしは、なかなか大変です、ほんと。

マムシ、毛虫、スズメバチ、ムカデ、ハゼの木・・・あ~~~今年はマムシ(草刈中に遭遇済)以外には、すべて被害にあっていますからね。

                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

ハゼの木にかぶれました。

2008.09.22 22:21|山奥での日々
ところで、実を言いますと、ここ2週間ぐらい、ずっとハゼの木のかぶれに苦しんでおりました。

いや~~~、噂には聞いていましたが、ハゼにかぶれると、相当なものですね。

勉強になりました!!


というわけで、今日はこのことに関して少し・・・

遡ること2週間前、左腕の一部に突然無数の水ぶくれが出来ました。

自分の皮膚の上に、小さな水ぶくれが本当にびっしり敷き詰められているのを見て・・・

自分で気持ち悪くなりました。

まあ、あまりにも見事に詰まっているので、何度もマジマジと凝視してしまいましたが、いやいや、びっくりしました。

しかし、この時は、まだこれがハゼの木にかぶれたとは分かっていませんでした。

むしろ、毛虫にでもやられたかな、と思っていました。

思い当たる節はありました、というか、これまでも何度もありましたので・・・

自然養鶏では、鶏に緑餌と言われる草を大量にあげるので、この時期は、草に毛虫が付いていることが多く、よく毛虫の毒にやられるのです。

ところが、毛虫にしては、なんかちょっとおかしい??

なんでこんなに水ぶくれになるのだろう、と不思議に思いつつ、こりゃ、今までやられたことがない毛虫なのかな、と思っていました。

まあ、かなりのかゆみがあるだけでなく、ともかく腕がパンパンに腫れました。もう腕を動かすのが大変で大変で・・・

それだけではありません。こういう時は、掻いてはいけないのが常識なので、かゆみを我慢していたのですが、どうしても患部が擦れることがあるので、水ぶくれが破れてしまいます。

すると、破けた後の体液が全然止まらない。

もう一日中、ティシュペーパーで患部を拭きながら、色々と仕事をしていましたし、寝る時も、腕にタオルを巻いていましたから・・・

ようやく症状が落ち着いてきたのが、1週間後でした。

しかし、この間、病院に行ったのかというと、結局行きませんでした。

私奥の家♂は、出来るだけ自然治癒で直そうというポリシーがありまして、出来るだけ薬を使わないようにしています。

要するに、我慢すれば、いずれ直るものならば、我慢しようということなのです。

まあ、ここら辺の忍耐物語は、こちらでも紹介しました。

心頭滅却すれば、痒みも忘れる、です。

でも、今回は正直迷いました。

日に日に悪化していくので、う~~~ん、これは自然治癒しないのかな、と少し迷いもあったのですが、4日ぐらいしたら、少しずつ症状の改善してきたので、病院に行くのはやめました。

と、そんな時、私の患部を見た人が、こりゃハゼの木にかぶれたね、と指摘してくれました。

それから、ネットで調べてみると、ありゃ、こりゃハゼかぶれの症状そのものやないか、と分かりました。

確かに、雑木林をチェーンソーで切り開いたりしたなあ、と思い返しつつ、いや~~~、ハゼの木にかぶれると、こんなにひどいことになるんだ、と自分の無知を呪いました。

けれど、まだ腕だけだったのでよかったです。

もし顔がかぶれていたら、大変なことになっていました、マジで。

これぞ、不幸中の幸い、というところでしょうか?

・・・・

・・・

・・



今年は、毛虫、スズメバチ、ムカデ、ハゼの木・・・あ~~~災難続きです(合掌)。


                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

ユウクン、運動会で頑張る。

2008.09.21 22:24|子育て日記
今日は、ユウクンの運動会がありました。

と言っても、小学校がメインで、保育園はオマケみたいな感じだったのですが・・・・

が、そうは言っても、わが子の雄姿を撮らない見ないわけにはいかないので、鶏の世話が終わったらすぐに、運動会の会場に直行しました。

ところが、会場に到着するや否や、通り雨で一時中止中でした。

雨はすぐに上がったのですが、その後の蒸すことと言ったら・・・・(汗)

汗をかきながら、ユウクンの姿を探していると・・・・

おっ、あの後姿は!!!

運動会のユウクン2

ユウクンでした(笑)。

運動会のユウクン1

でも、ユウクン、なんか疲れていないかい?

運動会のユウクン3

というか、思いっきりバテバテです。

まあ、この蒸し暑さだからね、仕方ないかな?

そんなお疲れモードのユウクンと違って、やる気満々な方がお1人・・・

運動会のユウクン4

奥の家♀さん、でした。

今回参加する種目はただ一つ!!

その名も、「がんばれ!!がんばれ!!!」

おい、おい、何を頑張るんや、と突っ込みたくなるところですが、とりあえず、子供を抱えて母親が走るという内容みたいです。

まあ、母親頑張れ!!、ということなんでしょうか?

運動会のユウクン5

ユウクンも、しっかりしがみついているので、やっぱり子供も頑張れ、ということなんでしょうね。

運動会のユウクン6

しかし、ユウクン、本当にしっかりしがみついていますね。


あんた、子泣きじじいか!!

そんなこんなで、ユウクンの運動会参加種目は、あっという間に終わり、そのまま家路に着きました。

最初からお疲れモードだったユウクンは・・・・

運動会のユウクン7

オムツ姿のまま、死んだように眠りに付きました。

よっぽどお疲れだったんだね。(笑)

ご苦労様でした。

                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

嫌な予感がした台風でした。

2008.09.19 00:10|2004 大殺界
今回は、2004年大殺界の続きです。

台風がやって来ましたね。

でも、結局四国には上陸することなく、雨も思ったよりも全然降りませんでした。

近畿地方の方は大変みたいですが・・・・

今回の台風のコースを見ていて、実は、2004年の土石流災害を彷彿としていました。

今回の台風ですが、北西に向っていたのが、九州の南西辺りから、突然東に進路を変えました。

天気予報を見ていて、進路予測がそうなっていたので、もう嫌な予感が駆け巡っていました。

なぜなら・・・・

2004年7月31日に来た台風のコースが、やはりこんな感じだったからです。

もちろん、あの時は、四国に上陸しましたので、通ったコース自体は大分違います。

けれど、北西に向っていたのが、突然東に進路を変えるという点が、すごく似ていたのです。

思い起こせば、2004年の台風10号は、北西に向って進んでいたものが、九州の南東辺りで、突然東に進路を変え、そのまま日本を横断して行きました。

そう、今回の台風のコースを東にずらすと、ちょうど同じような進路になるのです。


ぞ、ぞ、ぞっ・・・・・(滝汗)

まだ自然養鶏を再開して間もないのですから、土石流で流されるようなことは無いように、と祈っていました。

もう、夜も眠れず・・・・

・・・・

・・・

・・



というのは、嘘です。

だいたい、祈っても、心配しても、それで何か状況が変わるわけではありませんので、とりあえず目の前の仕事をしておかないと・・・・時間があったら、眠っておかないと・・・・

そう、4年前の豪雷雨の晩も、爆撃のような状況の中、熟睡していましたから・・・

まあ、4年経っても、全然性格が変わっていないということですね(笑)。


                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

「四万十川の黒尊むら便り」を紹介します。

2008.09.17 22:17|日常
突然ですが、四万十川の支流の一つに、黒尊川というものがあります。

この黒尊川は、「日本最後の最後の清流」とも言われるくらい、四万十川の数ある支流の中でも、とっても綺麗な支流なのですが、この流域に「しまんと黒尊むら」というグループがあります。

地域住民の有志で構成されていて、地域に根差した活動を活発にされています。

この「しまんと黒尊むら」の活動などの地域情報を全国に発信したいということで、有体に言えば、「しまんと黒尊むら」のブログを作りたいということで、もう数カ月前から、なぜか私奥の家♂が講師(?)などをやらせていただいています。

グループのブログを作るからには、誰か1人が管理するものではなく、会員皆が参加したものにしたかったので、毎週一回、ワークショップ形式で、少しづつ形にして行きました。

ブログとは何か?から・・・・

ブログのコンセプト・・・・

ブログのデザイン・・・・

ブログへの投稿の仕方などなど・・・・

等々

漸く、少しづつ体裁が整って来ましたので、しまんと黒尊むらのブログ「四万十川の黒尊むら便り」も是非お見知りおきください。

    四万十川の黒尊むら便り

黒尊むら

まだまだ、これからどんどん成長して行って欲しい、というか、成長するブログですので、長い目で是非ちょくちょく覗いてください。


                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

奥の家♀さん、どうも展示会をやるらしい??

2008.09.14 00:56|日常
皆さん、ご存知の通り、奥の家♀さんですが、イラストを描くのが得意です。

しかし、最近は全然描いていません。

頼んでも、スルーされてしまいます。

まあ、奥の家♀さんも毎日忙しくしているので、これは仕方がない。

私も、ここのところ、あまり写真を撮っていませんから・・・陶芸の作品作りも全然だし・・・あ~~~結局カヌー下りも、山登りも、沢登りも、な~~~んもしていない。

奥の家で優雅に過ごしているのは、ユウクンくらいでしょう、きっと!!

ユウクン

まあ、ユウクンには、ユウクンの悩みがあるのでしょうが、きっと(?)

なんて言ったって、こちらでも紹介しましたが、「あ~~~あ、あ~~あ」と連呼していますから(笑)。

まあ、それはともかく、仕事に追われるような生活は、どうもよろしくない。というわけで、仕事は溜まっているけれど、ブログの更新なんかは、出来るだけしようと心がけています。

もっとも、奥の家♀さんのイラストがないと、「奥の家的イラスト」の題材が無いので、こちら現在更新停止中となっています。

ほとんど、というか、完全に本人に無断で公開していますから・・・・

ここからが本題なのですが、今朝、奥の家♀さんから唐突に聞かれました。

以前描いたイラストの原版を見たら、一枚見当たらないのがあるんだけど、何処にある?と・・・

や、やばい!!!

そのイラストですが、現在私の手元にありません。

事情があって、つい数週間前に、無断で某所に送ってしまいました。

もう何年も前に描いて、その間に一度も所在を確認されることがなかったので、当人も忘れているだろうと勝手に判断して、送ってしまいました。

そもそも、奥の家♀さん、自分のイラストを手元に置こうという意識がありません。

この方がイラストを描くのは、もともと手紙などに挿絵を入れることがメインでした。手紙だから、手元に残るはずありません。

そんな感じなので、これまでも以前描いたイラストを見せてくれと言われたことは殆ど無く、安心していたわけです。

それが、です。

突然、見せて!!と言われて、正直・・・・

おろ、おろ・・・・・(滝汗)

私:いや、その・・・・なんというか、今手元に無いんだよね。

♀さん:・・・・・・・

私:な、なんで、必要なの?

♀さん:今度の展示会に使おうと思って・・・・

私:頼んだら返してくれるかも・・・・・(実は、もう無理です。)

♀さん:まあ、たいしたイラストでもないから、いいや。

私:ほっ。

こうして、私奥の家♂は、なんとか危機を脱したのでした。

そうそう、10月10日から、奥の家♀さんのイラストが某所で簡単な展示会をやるらしいです。

内容に関してですが、♀さんともう1人の2人で共同展形式らしいですが、それ以外は全然知りません。

まあ、現在イラストを描く暇のない奥の家♀さんは、これまで描いたイラストでなんとかしようと目論んでいるらしいです。

そうそう、貴方のイラスト、すべてコピー用紙に殴り書きみたいに描いているけど、大丈夫??


                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

お清め塩は、鬼は外???

2008.09.13 23:13|日常
2004年大殺界は、お休みです。

昨日と今日と、お葬式のお手伝いに行っていました。

お葬式のお手伝いについては、以前にも紹介したことがあるので、今回は割愛します。

お葬式から家に帰った時に必ずしないといけないこと・・・・そう、お清め塩について、少々・・・

お葬式から帰って来たら、家に入る前に、お清めの塩を振るわけですが、私がまだ独身であった時は、当然塩を振ってくれる人がいなかったので、自分でやっていました。

そんな時と違って、今は奥の家♀さんとユウクンがいます。

まあ、ユウクンに塩を振ってもらうのは、もう少し先の話だと思うので、奥の家♀さんに振ってもらおうと思うわけです。

なんと言うか、こういうのって、夫婦だなあ、と感じる瞬間だと思うのですが・・・・

・・・・

・・・

・・



現実は、そんなに甘くない。


私:(玄関先から)お~~い、塩振ってくれない?

  (なかなか、出て来ない。)

私:お~~~い!!

ちなみに、普段、おかえりなさい、と迎えに出てくれることなど、金輪際ありません。

♀さん:なに~~~~い。

私:お葬式から帰って来たから、お清めの塩を振ってや!!

♀さん:分かった、振るから、こっち来て。

私:おい、おい、家に入ったらまずいだろ!!というか、意味ないだろ!!

♀さん:そうか、じゃ・・・

・・・・

・・・

塩を投げ始めました!!!

そう、この方、塩を振るというよりも、投げつけるんです。

その姿は、まるで・・・・

お節句の豆まきで、鬼は外!!という感じです。

私:おい、おい、それじゃ、鬼は外!!だろ(呆れ顔)。

♀さん:えっ、こんなんでいいんじゃないの?やり方知らないし・・・

私:(心の中で)本当かあ??ワザとやっているんじゃないの?

ちなみに、横でユウクンが真似しようとしていました(汗)。

こういうやり取りは、今回だけではありません。これまで何回かあったお葬式の度に、同じようなやり取りがありました。

やっぱり、わざとやっていると思います(泣)。

ところで、これは、昨日の話です。

そう、昨日がお通夜で、今日が告別式だったんですね。

今日の告別式が終わって家に帰った時は・・・・・

・・・・

・・・

・・



自分で塩を振っていました(泣)。



                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

土石流災害は、天災か、人災か?(後編)

2008.09.11 14:33|2004 大殺界
今回も、2004年大殺界の続きです。

この土石流災害の直接の原因が集中豪雨にあったことは間違いなのですが、私には、これだけが原因だとは思えませんでした。

それは、土石流災害が起こる4か月前のことです。

土砂が崩れ落ちた山では、除間伐作業がされていました。

杉檜の人工林は、木が大きくなるにつれて、徐々に木を切り、全体の本数を減らして、だんだんと大木へと成長させて行きます。

この間伐作業が行われていて、それが終了したのが、ほぼ1カ月前だったのです。

どうも、この間伐作業がかなり疑わしい・・・・

ちなみに、間伐作業自体は、山の手入れとして、やらなければいけないものです。もし間伐をしないと、杉檜が大きくならないだけでなく、山林の中に太陽の光が入らなくなり、下草が生えず、杉檜の根も張らず、結果的に表土が流れ出し、とても地盤の弱い山になってしまいます。

でも、です。

この間伐作業のやり方がかなり疑わしかった!!

間伐をするためには、木材を搬出する経路が必要です。

この方法は、大きく分けて2つあります。

① ワイヤーを張って、木材を吊るして、空中を移動させる方法。

② 地面に搬出路を作って、運搬車を使用して移動する方法。

この二つで、今回やられていたのは、②の搬出路を使う方法でした。

このやり方ですが、かなり一般的な方法です。

けれど、あくまでも山を削って道を作るので、多かれ少なかれ、山を痛めます。そして、土石流災害や崖崩れなどを引き起こしたりします。

もっとも、この搬出道の作り方を工夫することで、こういう災害を起こさないようにすることもできるので、搬出路を作ること自体が悪いことではないのですが、作り方を間違えると、すぐに災害を引き起こします。

まあ、ここら辺の違いについては、壊れない道づくりを目指している四万十式作業道の取り組みを紹介する時に詳しく書くつもりですが、道づくりの一番のポイントは、(雨)水をどうコントロールするかにあります。

雨が降る度に搬出路が水路のようになってしまうようだと、あっと言う間に、道は削られ、土砂災害を引き起こします。

ですので、山に道を作る時は、どういう地形に道を作るかがとても重要です。

大まかに言うと、山の沢沿いに道を作れば、ほぼ十中八九壊れます。

そりゃそうです。もともと水が集まる沢筋に沿っているんですから、沢に流れ込む筈の水をせき止めたら、道が水路になるのは道理です。

まあ、ここら辺も、色々と専門的にはあるらしいのですが、大凡はそんな感じです。

さて、話は戻りますが、土石流災害を引き起こした山で行われた間伐作業では、おもいっきり沢筋に搬出路を作っていました。

3方が山に囲まれ、水が中心に集まるような地形で、その下流から上流に沿って作っていたのです。

・・・・・

・・・・

・・・

・・

これって、どうなの???

まだ、土石流災害にあった頃は、沢筋に道を作ることがどういうことか知らなかったので、釈然としないまま、自然災害と割り切ることにしましたが、四万十式作業道とかの取り組みを知るにつれて、確信するに至りました。

これって、人災だろ!!!


                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

土石流災害は、天災か、人災か?(前編)

2008.09.08 22:58|2004 大殺界
さて、今回も2004年大殺界の続きです。

ところで、この土石流災害ですが、どうして起こったのでしょうか?

もちろん、とてつもない豪雷雨が直接の原因であることは間違いなのですが、どうもそれだけではなさそうです。

こちらの画像を見てください。

土石流災害

何か、とてつもない量の流木が引っかかっていますよね。

しかも、その殆どが檜です。

そう、土石流を引き起こした山は、檜が植わっている人工林でした。

人工林が保水力が無く、土砂崩れをし易いことは、よく知られていることです。

ちなみに、我が農場は、小さい谷間にあるのですが、一方の山が広葉樹の林で、もう一方が針葉樹の林です。

以前にも紹介しましたが、私が飲料水で使用していたのは、広葉樹の林から湧き出てくる水でした。針葉樹の林から出る水は、すぐに枯れてしまいますし、美味しくなかった。広葉樹の水は、雨で濁っても平気でしたし、そもそもどんな渇水の時でも枯れることがなかったので、飲料水には最適だったのです。

まあ、それはともかく、今回土石流の発生に繋がったのは、当然のごとく、保水力の無い針葉樹の林の山でした。

もっとも、そもそも杉檜が植わっている人工林そのものは珍しくもなんともないので、これだけならば、今回の土石流災害は、天災と判断して間違いなさそうです。

でも、です。

それだけではない、疑わしき要因がまだあったのです、実は・・・・

                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。

関連記事

災害復旧には、3年はかかるみたいです。

2008.09.07 22:09|2004 大殺界
今回も、2004年大殺界の続きです。

さて、土石流災害で甚大な被害を被った我が農場ですが、その復旧は可能なのでしょうか?

ちなみに、もし百万単位の費用がかかるようだと、この農場は、放棄せざるを得ないことになりそうです。

まあ、これぐらいかかるなら、別の農場を新たに探した方が早いということです。

では、どうだったのでしょうか?

・・・・

・・・

・・



無料でした。


河川の管理は、行政の区分なので、今回の場合は、すべて行政負担での工事になるということでした。

もし、山崩れなんかだと、多分幾らかの自己負担があったのだと思います。

いや~~、よかった、よかった。

まあ、そうは言っても、私以外は住む人もいないような河川工事をするのは、税金の使い方としてはどうかとも、多少思ってしまったのですが・・・・

地元の土建屋さんにとっては、仕事を確保できるので、地元経済には貢献しているとは思いますが、多少複雑な気分になります。

それはさておき、行政が工事をしてくれるということで、私がすることと言えば、工事の完了を待つだけとなったわけですが、では、どれくらい待たないといけないのでしょうか?

なにせ、災害にあったのは私の農場だけでなく、かなり多数の箇所が被害にあったので、予算の兼ね合いもあるでしょうから、すぐにやってもらうのはかなり期待薄でした。

でも、行政の担当者の話によると、災害復旧事業は、3年以内に完了しないといけない決まりで、それ以内で確実に工事は完了するよ、ということでした。

3年かあ~~~~

かなり微妙ですよね。

まあ、正確には、3年"以内”なので、ひょっとしたら、すぐに工事が始まる可能性もないわけではないのですが・・・・

なにせ、殆ど私1人が住んでいるだけの場所です。

重要度からすれば、最下位であることは、ほぼ確実です。

道路とか、住居とか、もっと大変な所がたくさんあったので、私も生活がかかってはいましたが、単に農場が流れただけなので、後回しは仕方の無いことです。

というわけで、う~~~ん、こりゃ、3年以内ではなく、3年後の終了になる可能性大ですね。

・・・・

・・・

・・

でも、逆を返せば、3年後に農場が復旧することが分かったので、後の対策が立てられるようになりました。

                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、12位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

とりあえず災害復旧は一時終了です。

2008.09.06 01:34|2004 大殺界
さて、今回は、2004年大殺界の続きです。

前回の記事は、こちらからどうぞ。

災害復旧にはかかさせない機械、ユンボを使って、農場復旧の第一歩が始まりました。

ボランティアの方々のお陰で、大量に流れ着いた流木の大半を片付けることが出来ました。

災害復旧4

しかし、これは、復旧の第一歩、というか、とりあえずの応急処置と言った方がいいでしょうか。

この大量の流木を残しておくと、また大雨があった時などに、流れをせき止めてしまって、被害の拡大につながりかねません。

ですので、早急に除けておかないと行けなかったのです。

逆に言うと、この処理が済んだので、あとはマイペースにゆっくりとやってもかまわないので、その後は、私1人で、ユンボを使って整地などをやっていました。

災害復旧

まあ、単純な平地でのユンボ操作ぐらいでしたら、私でも安全にできますから、ボチボチとやっておりました。

もっとも、これぐらい破壊し尽くされると、ユンボで整地するだけではどうにもならないんですよね。

ちゃんと、護岸工事をしないと、幾ら整地しても、大雨の度に、どんどん土地が削られて行きますから・・・

実際、この2004年は、この災害が起こった後も、何度も台風が上陸して、その度に、土地が削られて、どんどん無くなっていきました。

というわけで、最低限の整地作業をし終えたら、もう復旧作業は諦めました。

じゃ、この土地は、放棄せざるを得なくなったのかというと、そうではありません。

なぜなら、行政が災害復旧事業で、工事してくれることになったからです。

しかし、心配なことがあります。

そう、費用と時期です。

災害復旧工事がされて、農地が元通りに使えるようになるのは嬉しいですが、自己負担金があったり、すごく時間がかかるようだと、かなり考え物です。

これぐらいの工事だと、たとえ1割負担でも数百万円にはなるでしょうし、それならば、もう別の土地を新たに購入した方が全然ましですから・・・

それに、工事がいつ行われるか分からないようでは、再開までの準備をどうするか、これも変わってきます。

では、ここら辺はどうなったのでしょうか?

それは、次回に続く。

ところで、昨晩寝ていると、激痛が・・・・

急いで起きて、服を脱いで見ると・・・・・

一匹のムカデが這い出て来ました。

うぎゃ!!!

こりゃ、まずい、病院行きか?

そう思って、患部を見てみると、腫れあがっているけれど、滅茶苦茶という訳ではありませんでした。

憎くきムカデさんを見てみると、長さはそれなりにあったけど、かなり細かったので、咬んでも毒があまりなかったのだと思います。

いや~~~、よかった、よかった!!

一安心したところで、ムカデさんには、早速成仏していただきました。

ユウクンが咬まれたら大事ですからね。

まあ、私が咬まれてまだよかったわけですが、今年は、毛虫に、スズメバチに、ムカデに、災難続きなので、気をつけないといけませんね、本当に。

ちなみに、咬まれた所ですが、恥ずかしくて言えません(泣)。

                         ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、8位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

歯医者に行って来ました。

2008.09.03 12:51|日常
今日、8年ぶりくらいで、歯医者に行って来ました。

あまり痛くないのだけど、明らかに虫歯になっていたので、仕方なく・・・

待合室で、歯を削る独特のウィ~~~ンという音を聞きながら、ちょっと憂鬱になったのですが、実際の治療は、ほとんど痛みがありませんでした。

8年前の時も、歯の治療が痛くなくなったと思ったのですが、今回は、麻酔をかける時も全然だったので、ちょっと感心してしまいました。

そう、私がまだ子供だった時(30年くらい前か)の歯医者さんは、恐怖の代名詞(?)のような存在でした。

歯の治療は、神経を除けるとなると、かなり拷問に近い作業が続いて、歯医者の看板を見るのも嫌になったものです。

それが今では、治療時間そのものは、10分もかからない、まあ正確な時間は分かりませんが、ともかくあっという間に終わってしまうのですから・・・・

技術の進歩を存分に感じさせていただきました。

しかし、こんなに痛くないと、虫歯への恐怖が薄れて、歯磨きの習慣とかがおろそかになってしまうのではないか、と逆に心配になってきました。

痛い思いをしないで済むように、小まめに歯磨きをする、という論理はどうも通じないような気がします。

さて、我が家のユウクンには、どんな歯磨き教育をしたらいいのかな?

奥の家♀さんは、食後にお茶を飲ませることで、虫歯にならないように注意していたみたいですが、今は、歯が生え出したら、すぐに歯磨きの習慣をつけさせるように、指導されるみたいですね。

まあ、野菜とご飯と芋だけの食事で、調味料に砂糖を使わないわけですから、そうそう虫歯にはなりそうにありませんが・・・・

話を戻すと、私は、歯の治療が痛くなったのは頭では分かっていたのですが、子供の頃のトラウマが残っているので、あのウィ~~ンという音を聞くと、条件反射的に身構えてしまいます。

たぶん、30代以上の方には、心当たりがあるのでは???

                          ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、8位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事

奥の家のたまご便り9月号

2008.09.01 21:11|農場日誌
2004年大殺界は、お休みです。

今日は、手抜きで、奥の家のたまご便り9月号です。

たまご便り9月号
たまご便り9月号




                          ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、8位くらいです。 応援よろしくお願いします。
関連記事
| 2008.09 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2008年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。