茶歌舞伎に興ずる。

2008.06.17 23:05|日常
さて、今日は、茶歌舞伎なるものに挑戦してきました。

多分、殆どの方が"茶歌舞伎”と聞いて、頭の中に????が渦巻いたことと思います。

歌舞伎と言えば、あの歌舞伎ですよね。まあ、最初は、歌舞伎の演目の一つかとおもってしまったくらいです。

全然違いました。

茶歌舞伎とは、闘茶とも呼ばれるそうですが、とっても古い歴史を有した遊びらしいです。

有体に言えば、お茶を使った賭け事ということらしいです。そう、本来は賭け事だったらしいです。そう、お金を賭ける紛れも無い賭博で、歴史上何度か禁止令が出されたほどだそうです。

では、どうお茶を使って賭けるのかというと・・・・

利き茶に近いものでした。

私が参加したものを例に取ると・・・

計量されたお茶の葉を使って、決まったお湯の量と決まった時間(90秒でした)で、まずはお茶を入れます。

今回は、「若葉」というものでしたが、まずはそのお茶を試飲します。

それから、同じ条件で、5つのお茶を点てます。

6.17茶歌舞伎1

・若葉
・若葉
・玉露
・玄米茶(若葉に玄米が3粒入っている)
・クキ茶

この5つです。

もうお気づきのように、「若葉」が2つあります。

5つを順番に飲んで、その中から「若葉」だけを当てるんです。

もちろん、どの順番かは分からないようにします。

無印の袋の中に予め封入しておき、無作為に順番を決めます。

それだけではありません。

先生曰く、お茶の葉を見れば、それだけで分かる人は分かってしまうらしいので・・・

6.17茶歌舞伎2

こんな感じで、頭の上にお茶っ葉と急須を持っていき、見えないようにして入れます。

ちなみに、お茶を見分けるには、色々とヒントがあるらしいのですが・・・

飲んで判断する方が難しいらしく、飲む前の見た感じの方が分かりやすいそうです。

というわけで、まじまじと見ましたが・・・・

よう、分かりませんでした(泣)。

というわけで、飲んで判断したわけですが・・・

やっぱり、駄目でした。

まあ、一つは当てましたが、もう一つは外しました。

・・・・・・

今日やったのは、茶歌舞伎だけでなく、おいしいお茶の入れ方も教えてもらったので、今度ぜひ試してみたいと思います。

このことは、またの機会に紹介します。

そうそう、こんな風にお茶のことをやると、抹茶碗とか急須とか、陶芸の方もまたやる気が増してくるんですよね。

急須、もう何年も作っていないなあ~~~~

                                    ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              更新頻度が減ったけど、おかげさまで35位くらいに・・・
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、10位くらいです。
関連記事
スポンサーサイト



| 2008.06 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2008年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ