史上最狂の研修伝説 その8

2008.05.12 02:02|アウトドア
四万十川での日々徒然のサイトマップはこちらの記事になります。



さて、いよいよ高低差70メートルの滝を懸垂下降します。

ロープを2本垂らして、2人同時に降りて行きます。

そう、一応講師が横について降りてくれるわけです。

一安心!!

・・・・

・・・

・・



とは、もちろん決してなりません。

何かトラブルした場合、空中では、結局は自分で対処しないとどうにもならないし、そもそも落ちたら、一瞬ですからね、あまり関係ありません。

まあ、そうは言っても、かなり安心感は増しますが・・・・

滝の上から身を投げ出す時の気持ちって分かりますか?

多分、パラシュート降下とか、バンジージャンプの感覚に似ていると思うのですが、ともかく最初の一歩が勇気がいります。

一旦降り始めたら、もう後戻りは出来ないので、ここが一番躊躇するところです。

まあ、今更やめるわけに行かないので、器具のチェックだけ入念にしたら、すぐに降り始めましたが・・・・

今までの経験上、こういう場合、下を見ると恐怖心が出てくるので、とりあえず手元のエイト環とかの器具だけを見ることにしました。

懸垂下降自体は、何度もしたことがあったので、後は70メートルという距離だけを克服すればいいので、下を見なければ、あまり今までと変わらないなあ、と大分落ち着いて来ました。

5.11懸垂下降2

まあ、距離が長くなると違うことと言えば、すごくロープが滑り出すことぐらいです。

この手のロープは、登山用のものなのですが、当然重みがかかれば伸びます。まあ、ロッククライミングなどで使うダイナミックロープに比べれば、はるかに伸び率の低いスタテッィクロープを使っているのですが、それでも、長くなれば長くなるほど、ロープは、それだけ伸びます。

ですので、どんどん降りていくと、伸びたロープが元に戻ろうとする反発力も強くなり、結果的にロープが滑り出すのです。

これは、結構怖いです。

降りる速度を自分でコントロールできなくなってしまうので、油断して手を離してしまったら、まさに真っ逆さまに落ちてしまいますから・・・

命がけです。

まあ、そんなこんながありながら、何とか滝の下まで到着することが出来ました。

5.11懸垂下降1

ヤッタゾーーー!!

素で、ほっとしました。

まあ、喜びもつかの間、とりあえず水浴びしましたが・・・

そう、この懸垂下降の最中も、ウェットスーツにライフジャケットにヘルメットなんですよね。

気が抜けたら、もう身体を冷やさないと、バテバテです。

5.11懸垂下降3

しかし、こうして水浴びして気持ちよく休んでいると、講師のケンさんから恐怖の一言が・・・

・・・・

・・・

・・



じゃ、今度は登るから!!


                                    ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキ        ングがあがります。
              更新頻度が減ったら、こちらもやっぱり落ちてきて45位くらいに・・・
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、ありゃりゃ8位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川3.11

題名は、「四万十川で竹筏」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「赤ちゃん4」です。

211赤ちゃん4

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト



| 2008.05 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2008年05月 | 06月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ