田んぼの季節になると四万十川が濁る理由は・・

2008.03.26 22:53|四万十川のあれこれ
四万十川での日々徒然のサイトマップはこちらの記事になります。



さて、前回の続きです。

田んぼの季節になると、四万十川が濁る理由ですが・・・

もうすぐ代掻きが始まりますが、この時になると、明らかに水が茶色に濁ります。

代掻きとは、田植えをする前に、田んぼを起こし、地面を平らにする作業です。田んぼは水を張るので、平面でないと苗が均一に植えられなくなってしまうので、陸稲を作るなら別ですが、水田の場合、この作業はほぼ不可欠です。

そして、田んぼに水を張って、その土を掘り返すのですから、当然その水には、土が混ざります。

その水が四万十川に入り込み、結果的に濁るわけです。

でも、です。

田んぼは、20年前もあり、当然代掻きもされていたわけです。それどころか、過疎化、減反政策などによって、もう荒れてしまった田んぼがかなり増えたので、泥水が流れ込む量はむしろ減って来ていると考えた方が自然です。

ここで、今と20年前で何が違っているのかを改めて考えると・・・

田んぼの形態が違っているんですね。

ちょっと分かりづらいですね。

この20年で、田んぼは、かなり土地改良がされて、かつての小さな棚田が消え、大きな田んぼに区画整理されたわけです。

小さな田んぼが連なる棚田では、大きな農機械が入らず、どうしても作業効率が悪くなってしまいます。

そこで、小さな棚田を壊して、出来るだけ大きく、出来るだけ均一な長方形に造成して来たわけです。

けれど、この造成の結果、代掻きなどで出来た泥水が大量に四万十川に流れ込むようになったわけです。

谷間の小さな棚田が連なっていると、泥水が流れ込むことは流れ込むのですが、その量が少なくて済んだんですね。

山間の小さな沢水は、上流の田んぼに引き入れられ、その水がその下の段の田んぼに入れられ、そのまた下の段の田んぼに・・・という感じで、上から順々に同じ水が活用されるので、その分だけ川に戻される泥水の量も少なくて済んだわけです。

大きな田んぼになればなるほど、一度に大量の水を引き入れなければならなくなり、それをそのまま川に流せば、とても大量の泥水が流れ込むことになるのです。

20年前と今で違うのは、田んぼの風景だったりするわけで、それが四万十川の水質に大きな影響を与えているのです。

でも、米の価格を下げるには、省力化、大量生産が必要で、その為には、大規模農業化が必要だったわけで、今の安い価格のお米を食べている以上、私も含めて、この造成自体を責められる人は、そうはいないと思います。

こういう問題は、深く掘り下げれば下げるほど、本当に解決が難しいことが分かります。

                                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキ        ングがあがります。
              げ、げ、げ・・・、35位くらいに・・・
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、おお~~なんとか5位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川3.26

題名は、「滑床渓谷でキャニオニング1」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「う~~~~!」です。

192う~~~

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト



| 2008.03 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2008年03月 | 04月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ