シロの身体は傷だらけ・・・

2007.12.14 00:31|シロ、リキ、コテツ
ところで、ストーカー犬リキのお母ちゃんでもあるシロは、8年ぐらい猟犬として活躍して来た、いわば、歴戦の勇者、いやいやメスなので、女勇者という所でしょうか?

12.13シロ1


12.13シロ2

我が家に来た当初はあまり気付かなかったのですが、よくよく身体を見てみると、もう全身が傷だらけでした。

ちなみに、シロは、アイヌ犬なので、とても毛の密度が濃く、寒い北海道でも耐えられるような毛皮を被っていました。若い時は、本当に綺麗なヌイグルミのようだったらしいですが、そんな風に毛が密集していたので、身体の傷に最初はあまり気付かなかったのです。

話を戻しますが、一番最初に気付いたのが、鼻の所で、それから探してみると、犬歯は途中で折れているし、耳やら足やらお腹やらに、本当に無数の傷がありました。

それらの傷跡を発見した時、思ったものです。

お前、これまでどんな生き様をしてきたんだ、と・・・

そして実際、夜にイノシシやシカの番をしてもらっていた時も、山の中から聞こえてくるわけです。

キャン、キャンと戦っている鳴き声が・・・そして、しばらくすると、キャイ~~~ンという鳴き声がしたかと思うと・・・

シロが血を流して帰って来るわけです。

或る時は、こんなことがありました。

竹やぶの中で、何か獣と戦っている様子なので行ってみたら、野良猫が竹を背にして、シロと対峙しているじゃありませんか!!

野良猫は、必死で爪を立てて猫の手パンチを繰り出しています。もちろん、シロも立ち向かっていたのですが、もうシロの顔中が血だらけ・・・

こりゃいかん、と引き離しにかかろうとしても、もう気性が荒いシロですから言うことを聞かなくって、逆に私が悪戦苦闘していました。

ちなみに、この時思いました。猫って、意外と強いんだなあ~~と。

まあ、それはさておき、シロにとっては、こんなことが日常だったのでしょう。猟犬の一生は、かなり過酷なのです。

ちなみに、ちなみに、こんな過酷な経験をさせられたからなのでしょうか、シロを譲ってくれた猟師さんが我が家に寄ってくれたときなども、シロは・・・

完全に無視していました。

その猟師さんが「おい、シロ、元気か?」と話しかけても、

目を合わせません!?

やっぱり、恨みに思っていたのでしょうか?

ひょっとしたら、自分を捨てた元ご主人と思っていたのかもしれません。そして、もしからしたら、シロが私の後を付いて回っていたのは、私が好きだったのではなく、もう捨てられまいと必死だったのかもしれません。

まあ、それは定かではありませんが、そんなシロも寄る年波には勝てず、だんだんと獣を追い掛け回すようなことはなくなって来ました。元々、引退間近だったので、強制的に猟(仕事)に連れて行かれないようになったら、だんだんと本能のままに追い掛け回すこともなくなって来ました。

つづく

                                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキ   ングがあがります。
             お陰さまで、再浮上して来ました、20位くらいかな・・・
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川12.13

題名は、「カヌーのある四万十川」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「お、たくさん笑っていられる一年にしたほうがいいよ」です。

100鶏と卵

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト



| 2007.12 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2007年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ