ユンボがやって来たの巻 中編

2007.11.13 23:21|ユンボと悪戦苦闘
さて、ユンボをもらうにしても、我が農場の細い道を通さなければ使えません。

が、普通の車でも、脱輪してしまう人が出てしまうような道です。
実際、私が遭遇しただけでも、5回ありました(ちなみに、このうちの1回は私自身です。)。

こんな感じなので、一度来た人からも、「奥の家♂さんの所に行きたいのだけど、あの道を通らないといけないから、やっぱりやめときます。」という言葉を何度も浴びせられました・・・(汗)

まあ、それはともかく、ユンボをどうするか、です。
もう言うまでもないですが、私の力では入れることは出来ません、というか、そもそもそんな考えすら思い浮かびません、というか・・・

そもそももらえるユンボがこんなに大きいことは、知らされていませんでした(汗)。

ユンボ

私は、タダであげようというくらいだから、もっと小型のものだと勝手に思い込んでいました。
まさか、こんなに大型だとは、思ってもいませんでした。

まあ、後で知ったことですが、ユンボは小型のものの方が需要があって、中古市場で高く売れるらしいです。そりゃそうです。これぐらいの大きさだと持ち運びが大変なので、道路工事をするような土建屋さんでないと、割に合いません。造園屋さんなんかが庭を整備したり、現場を頻繁に移動するような使い方をするには、大きすぎるんです。ですので、需要が限られるんですね。まあ、だからこそ、私のところに流れ着いて来たのでしょうが・・・・

私が現物を見たのは、輸送車で搬送されて来た時でした。
もうその姿を見た時は・・・・

本当にびっくりしました。

まさに目が点になっていました。

じゃ、輸送して来てから道の狭さに困ったのかというと、そんなことはありません。

我が農場に入る道が狭いことは、ユンボを仲介してくれた工務店のMさんが知っていたので、あげるとは言ったはいいもの、やはり入れられるかどうか、心配だったみたいです。

そこで、実際にユンボを持って来る前に、所有者の方と一緒に下見に来てくれました。


まあ、下見をしている最中から、会話が危うかったですが、実は・・・

Mさん:この道に通れるかなあ?

ユンボ所有者Kさん(以下、Kさん):これか?

Mさん:ここが特に狭いんだけどね。

Kさん:こりゃ、かなりまずいぞ!

Kさん:ここは、崩れそうだぞ!

Kさん:ここも崩れそうだぞ!

Kさん:ここはもう崩れているぞ!

    ・・・・・・

    ・・・・

Kさん:とりあえず、ちょっと通れるかどうか、イメージしてみるわ。

というようなやり取りをして、帰って行かれました。

・・・・・

こんな感じだったので、ひょっとしたら、やっぱりあげるのやめるわ、と言われるかなとも思ったのですが、どうも通れると判断されたようで、後日輸送車に載せて搬送してきてくれたのです。

つづく

                                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在50位くらいですリキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.13

題名は、光と影の世界、です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「美味しくな~~~れ!!」です。

鍋がおいしい季節になりました。

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。

関連記事
スポンサーサイト



ユンボがやって来たの巻 前編

2007.11.13 00:15|ユンボと悪戦苦闘
初めての方は、こちらを先にお読み下さい。

さて、ユンボをもらうことになった私奥の家♂ですが、まだまだ問題があります。

それは、我が農場までどう持って来るか、です。

ユンボをくれるという奇特な方は、普段ユンボを使って土木作業をするだけでなく、その輸送も生業にされているそうで、我が家まで持って来てくれるそうです。

ただ、ユンボはタダだけど、輸送賃はちょっとお金をもらうよ、ということでした。金額は2万円でしたが、この金額自体もとっても格安なんです。

実を言うと、ユンボのレンタルとかの場合の輸送賃は、もっとかかるんです。とっても大きな専用の輸送車が必要ですし、それにユンボを乗せて、尚且つ運転してくるのですから、かなり大変な作業なんですね。

が、最大の問題はそんなことではなく・・・・

我が農場に入ってくる道がとてつもなく狭いということです。
何せのような感じですから。

農場の狭い道

リトルカブでさえこんな感じですから、この道をユンボで通らないといけないとなると、普通に考えて・・・・

無理じゃん!!

と思いますよね。

ユンボ

だって、これですよ、もらったユンボ。

どう見ても、道幅よりユンボの幅の方が大きいですよね。

しかも、です。

我が農場に入って来る道、およそ500メートルの長さですが、単純に狭いだけでなく、のような感じで、片側が崖なんです。

道路陥没

下手をしたら、崖下にまっさかさまです。

ちなみに、この画像では、道が一部陥没しています。これは、今年の大雨の時に崩れたものです。現在は、軽トラックが一台何とか通れるぐらいの幅しかありません。もし今年台風が上陸したら、完全に遮断されていたかもしれません。そうしたら完全に・・・・

陸の孤島

となっているところでした。

まあ、こんな感じの道を通らないと入れない我が農場なのですが、どうやってユンボを入れたのでしょう?

この続きは明日にでも・・・・

                                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在50位くらいですリキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックしても大きくなりません。)

四万十川11.12

もっとよく見たいぞ、という方は、こちらをどうぞ!!

※ 四万十川の風景画像を見易い整理した方がいいかな、と思い立ち、別のブログに整理しました。

今日の奥の家的イラストは、「美味しくな~~~れ!!」です。

美味しくな~~~れ

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。

関連記事
| 2007.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2007年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ