スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユンボに悪戦苦闘するの巻 中編

2007.11.30 00:31|ユンボと悪戦苦闘
初めての方、もしくは、もうユンボのことなんか忘れてしまったぞ、という方は・・・
こちらを先にお読み下さい。

さて、超ど素人の私がユンボをもらい、あたかも欲しかった玩具をもらった子供のように、ユンボを使ってせっせと整地をしていました。

そんな時に、ユンボが乗っている地盤が崩れ始め、まさに横転一歩手前の危機的状況に陥ってしまった私奥の家♂です。

・・・・

とりあえず、運転席から降りて、現況の確認です。

あっ!こりゃだめだ。

はい、ユンボさん、崖側に30度は傾いています。しかも、道幅からキャタピラが3分の1くらいせり出しています。

ちなみに、地盤の状況は、とっても軟弱です。なにせ、雨が降っている日に、赤土の崖を削って、その余った残土で作った道ですから・・・

はっきり言って、豆腐の上に乗っているようなものです。

こんなところに登って行くなんて、今思うと、本当に馬鹿ですよね。穴があったら入りたい気分です。

まだ、アームのつっかえ棒を外しても落ちはしませんが、何かの拍子でいつ崩れてもおかしそうにありません。


さてはて、どうしたものか?

このまま、このユンボは我が農場のオブジェとなって行くのだろうか?

農場に人が来るたびに、お前馬鹿だなあ、と言われ続けるのだろうか?

等々

・・・・

・・・

・・

そうだ、こういう時は、もらった人に聞けばいいんだ!!

というわけで、早速工務店経営のMさんに電話です。

私:もしもし、奥の家♂ですけど・・・

Mさん:おう、どうした?

私:実を言うと、現在危機的な状況にありまして・・・・

Mさん:なんかやらかしたのか?

私:ええ、実は、ユンボを操作していたら、横転しそうになって、もうどうにもなりません。

ここからは、私の状況説明とMさんのお説教が続きますので、省略です。

Mさん:まあ、しゃあないから、Kさん(ユンボくれた人)と一緒に行ってやるわ。

私:よろしくお願いします。

というわけで、MさんとKさんの到着を待つことにしました。

・・・・

お二方は、翌日に来てくれたのですが、状況を見るやいなや、声を揃えて・・・

お前、馬鹿やなあ~~~

こんなことしたら、落ちるの当たり前やないか、というか、よく落ちないで踏みとどまったな!!

と、或る意味感心されました。

後編に続く


                                    ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在30位くらいにいますので、ご確認を・・・リキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在9位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.29

題名は、「目黒川と合流」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「発芽しました。」です。

発芽しました。

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

陶芸における酸化と還元について

2007.11.29 01:13|陶芸
初めての方は、こちらからどうぞ!

さて、ガス釜で焼き終えた作品を取り出してから、ジンジンさんがそれに息を吹きかけていたのですが、これはどうしてなんでしょう?

もちろん、呪いを念じているわけではありません(笑)。

そうではなく、作品の色合いに変化を付けるためにしていたんです。

ちょっと分かりずらいですね。

陶芸で作品を焼くとき、大きく分けて、”酸化”と”還元”という二つの焼成方法があります。

酸化とは、酸素が十分に供給された状態で焼く方法です。

還元とは、酸素の供給量をしぼり、不完全燃焼の状態で焼く方法です。

還元で焼く場合も、温度を上げるときは、もちろん酸化状態なのですが、釜の温度を下げる時に酸欠状態にして、還元をかけて行きます。

たとえば、木材をそのまま野焼きしたら、すべて灰になって跡形も無くなってしまいますよね。これが酸化焼です。ところが、炭焼きのように、窯に蓋をして酸欠状態にすると、灰にならずに炭が残りますよね。これが還元焼です。

木材の場合、灰になるか炭になるかの違いが起こるのですが、陶芸でも、こんな感じで、酸素の供給(風の入れ)具合で、出来上がった作品の風合いがすごく変るんです。それは、酸欠状態にすることで、酸素と結合する所としない所が生じ、それが釉薬の発色を変化させるからです。

以前紹介した薪釜の時も、釜焚きでは、温度を下げるときが重要だと書きましたが、それは強い還元をかけることで、より複雑な景色の作品を生み出したかったからなのです。

その結果、のような作品が出来上がったわけです。

還元のかかった作品

これが酸化状態で焼かれると、ノッペリとして一様な色合いの作品で、ビードロも完全になくなってしまいます。酸化で焼くと、基本的に作品の釉薬は単調な色合いで発色します。ですので、私の場合は、殆どの場合、還元で焼くのですが、じんじんさんの楽焼の場合はどうでしょう?

800℃に温まったガス釜からそのまま作品を取り出すのですから、もしこのままの状態で冷ましたら酸化焼になります。

釜から出した楽焼椀

この状態では、色の出方が単調ですね。

で、ここからジンジンさんが作品に息を吹きかける訳ですが・・・

じんじんさん、息を吹きかける

こうすることで、息を吹きかけた所とそうでない所で、酸素の供給量に変化が生じます。

つまり、ジンジンさんは、作品の焼き上がり具合を見て、酸素を沢山与えて還元を強く掛けたい所に息を吹きかけ、そこの色合いを変化させようとしていた訳です。

もちろん、このまま外に置いたまま冷ましてしまったら、酸化焼になってしまいますので、意味がなくなってしまいます。

ですので、のような蓋が閉められるバケツが用意されていて、

蓋つきのバケツ

息を吹きかけたら、すぐにこの中に作品を入れて、蓋をして酸欠状態を作り出し、還元をかけていくのです。

ちなみに、楽焼では、800度くらいで焼く訳ですが、この800度くらいがミソで、この位の温度の時に釉薬の色合いが一番決定付けられるので、息を吹きかけるだけでも、とても色合いが変るようです。

ちなみに、このバケツの中で冷まされた作品は、炭焼のように・・・

すすだらけの作品

ススが付着して真っ黒になります。

でも、ススを洗い流しただけで、下から綺麗な釉薬の発色が現れてきます。

すすだらけの作品

これを更にヤスリで磨くことで、

作品を鑢で磨く

釉薬が複雑に発色した作品が現れてきます。

こんな感じで、ジンジンさんの“ふ~~~”は、科学的に説明できます。

別におまじないをかけているわけでも、

いわんや、呪いを念じているわけでも、無いわけです(笑)。

まあ、子供たちにそういう誤解を受けても、或る意味仕方がないとは思いますが(笑)。

明日こそ、ユンボの話です、おかみさん!!


                                    ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在30位くらいにいますので、ご確認を・・・リキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.28

題名は、「高樋沈下橋」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「種蒔きです。」です。

種蒔きです

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

じんじんさんが怪しい行動を・・・

2007.11.28 00:14|陶芸
先日、こちらでも触れましたが、じんじんさんの野店(のだて)に参加して来ました。

じんじんさんがしていたのは、いわゆる”楽焼”というやつです。

既に素焼きされた器が用意されていまして、参加者はそれに思い思いの絵付けをし、それを窯で800℃くらいの低温で10分くらい焼き、それから釜から取り出します。

こんな感じなので、自分で絵付けした茶碗で、すぐにお茶を楽しむことが出来ます。

今回も、子供たちが思い思いに絵付けをして、じんじんさんの所に持って行って、焼いてもらっていました。

ところが、焼き終えて作品を釜から出す時に、じんじんさんが気になる行動をしていました。

防熱手袋をつけから、釜の蓋を開けて・・・

じんじんさん

慎重に釜の中から作品を取り出します。

じんじんさん

すると、じんじんさんが・・・・

じんじんさん

ふ~~~~、ふ~~~~。

じんじんさん

作品を取り出しては・・・・

じんじん

ふ~~~~、ふ~~~~~。

とにもかくにも、とりあえず・・・・

じんじんさん

ふ~~、ふ~~~。

じんじんさん、いったい何をやっているのでしょう?

ま、まさかオマジナイをかけているとか?

それとも、それとも、まさか呪いを念じているとか??
・・・・

・・・

・・



解答編は、明日です。

                                    ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在30位くらいにいますので、ご確認を・・・リキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.27


題名は、「四万十川の奇岩」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「おかめちゃんです。」です。

おかめちゃんです。

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

黒尊神社奥の院の御神体は・・・

2007.11.27 00:13|四万十川のあれこれ
先日、黒尊渓谷の紅葉を見に行ってまいりました。
滑床渓谷の紅葉が見ごろだったので、山の反対側に位置する黒尊渓谷も見ごろだろうと踏んだわけです。
今回はユウクンと奥の家♀さんは留守番で、私1人で・・・というのも、出来たら八面山のブナ林まで行きたかったもので、さすがに連れて行けませんでした。

神殿橋

紅葉の名所の神殿橋付近は、紅葉がきれいになっていたのですが、残念ながら、天気が曇って来て、あまり綺麗な写真が撮れませんでした。
(というわけで、山登りもやめました、またの機会に・・・)

そんなわけで(どんなわけなんだ、と突っ込まれそうですが)、ふと目に留まった黒尊神社奥の院に寄ってみました。

黒尊神社奥の院

(奥の家だから、奥が好きというわけではありません、ちなみに・・)

この奥の院、実を言うと、御神体がとっても変っているんですよね。

  ↓  です。
黒尊神社の御神体

何だと思います、これ?

・・・・

・・・

・・



もちろん、木の棒と丸木ですが、その姿かたちをよく見ると、

男性器と女性器なんですよね、これが。

どうしてこれらが御神体になったのか、地元の人に聞いたことがあるのですが、その人は知りませんでした。

う~~~ん、気になるなあ???何でだろう???

ちなみに、2年前に行った時は、こんな感じでした。

黒尊神社の御神体

この時は一本ですから、御神体、増えてますね、何故か?

う~~~ん、何でだろう???

・・・・

・・・

まあ、それはさておき、この奥の院ですが、1つ逸話がありまして、目の前に流れる黒尊川に願をかけて卵を背中越しに投げ入れて、もし割れなければその願いが叶う、と言われています。
ちなみに、投げ入れるのは、です。

黒尊神社

十中八九割れますね、これは。

まあ、だからこそ、有り難いのでしょうが・・・・

                                    ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在30位くらいにいますので、ご確認を・・・リキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.26

題名は、「黒尊渓谷の紅葉2」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「コタツがぽっかぽか」です。

コタツがぽっかぽか

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

選挙には手ぶらで行けました。

2007.11.26 00:09|山奥での日々
今日、高知県知事選挙がありましたね。

選挙といえば、私が四国の山奥に移住してカルチャーショックを受けたことがあります。

それは、選挙の投票案内状が来ない、ことでした。

高知県の某村(今は、合併して市になりましたが)に移住して、住民票も移してからしばらくして、選挙がありました。確か、村議選かなんかだと思いますが・・・

が、投票日が近づいて来ても、なんの案内状も来ないんです。
まあ、この頃はまだ移住して間もないので、選挙権が前の居住地にあるのかな、と思い、あまり気にしていませんでした。

ところが、半年が過ぎ、村長選があり、一年が過ぎ、国政選挙があり、等の選挙があっても、相変わらず投票案内状が来ないんです。

さすがの私も、だんだんと気になり始めました。

ひょっとして、山奥過ぎて・・・

忘れ去られている、とか??

それとも、

選挙権が無くなってしまった、とか????

と、こんなことまで思うようになってきました。

というわけで、近所の人に会った時に、投票案内状が私の所に来ないんですが、とちょっと聞いてみました。(もっと早く聞け、という非難が聞こえてきそうですが・・・)

すると、一言で言われました。

そんなもん、ここら辺では来んぞ!!

私が?????となっていると、追い討ちをかけるように・・・

投票なんぞは、投票日に投票所(一番近くの小学校)に行けばできるぞ!!

私が何か身分証みたいなのを持っていかないといけないんですが、と聞くと・・・

そんなもんいらん、ただ行けば、すぐに投票できるぞ!!

ま、まじですか??

というわけで、行ってみました、投票所に・・・

そしたら、あっさり出来ました、投票が。

確かに、何の身分証もいらなかったし、係りの人に名前を言ったら、すぐに投票用紙をくれました。

こんなんで、いいの??と思ってしまいましたが、いいみたいです。

まあ、投票所には部落長さんとかもいるので、地区の選挙民の顔を全部知っているから大丈夫ということみたいです。

都会では絶対にありえない~~~!!と妙に感心したことを覚えています。

ちなみに、市町村合併で”村”ではなく”市”になったら、ちゃんと投票案内状が来るようになりました。


ところで、今回の高知県知事選挙で、16年間知事職を務められた橋本大二郎さんが勇退されましたね。

橋本知事と言えば、地元出身でない知事の先駆けだったわけですが、こちらに移住してから何度かお話をしたことがあります。

シンポジウムのパネラーとして来ていただいた時とか・・・

橋本知事

(ちなみに、一番左端でごそごそ落書きでもしていそうなのが私です。)

橋本知事

このときは、ご夫婦でパネラーをしていただきました。

他にも、東京で行われた「ふるさと回帰フェア」で移住者の相談を受け付ける仕事をした時も、激励に駆けつけてくれました。

橋本知事

(私が撮影しているので、自分は写っていません、この時は・・・)

多分、後にも先にも(県政以上の)政治家とこれだけ話す機会は、もうないことでしょう。

いやいや、長い間ごくろうさまでした。

                                    ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在30位くらいにいますので、ご確認を・・・リキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.25

題名は、「黒尊渓谷の紅葉」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「お風呂の中で妄想中!!」です。

お風呂の中で妄想中!!

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

四万十楽舎でじんじんさんと出会う。

2007.11.25 00:31|日常
さて今日は、四万十楽舎に行ってまいりました。

何しに行ったのかというと、四万十小学校という催しのスタッフもどきみたいなことをする為です。前日に野暮用があって楽舎に行ったら、以前どこかであったような雰囲気を醸し出している人がいらっしゃいました。
しばらくの間、??????としていたら、この方がじんじんさんと呼んでいるのを聞いて、はたと思い出しました。

そうそう、リアカーに道具を積んで各地を回っている陶芸家のきむらとしろうじんじんさんだ、と分かったのです。

以前会った人の顔を忘れるなんて、なんて失礼な、と思われるかもしれませんが、前見た時は、この格好でしたので・・・

じんじんさん

このじんじんさんの素顔を見て、雰囲気だけでも分かった私の方がすごいと思いません?

たとえて言うならば・・・

メイクを落としたデーモン小暮閣下を道端で見かけて、この人どこかであったな

と気付くようなものです。

自分で自分をほめてあげたい(気持ち的に)。

そんなじんじんさんが今回の四万十小学校の先生ということで、私もちょこっとお邪魔してきたわけです。

じんじんさんは、リアカーに陶芸の釜を積んで、全国各地を回っているのですが、参加者は、自分で茶碗に絵付けをし、それをじんじんさんが焼いて、それで出来た茶碗でお茶を飲むところまで出来ます。

じんじんさん

子供たちが大喜びでした。

                                    ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在30位くらいにいますので、ご確認を・・・リキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.24

題名は、「岩間沈下橋を通る」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「手長エビと魚籠です。」です。

手長エビと魚籠です。

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。

関連記事

ユンボに悪戦苦闘するの巻 前編

2007.11.24 00:38|ユンボと悪戦苦闘
私奥の家♂がユンボを使うに至った経緯を知りたい方は、まずはこちらからどうぞ!

さて、実際にユンボを使い始めると、かなり楽しくなってきました。
なにせ、のようなユンボを使うと、これまでスコップで何日もかけてやっていた整地作業がものの10分もすれば終わってしまうのですから・・・

ユンボ

すごいぞ、ユンボ!!
まさに、百人力!!、どころか、千人力ぐらいでした・・・


もう完全に、お気に入りの玩具をもらった子供状態です。
ユンボを使って、ともかく色々と弄りたい、という欲求に満たされてしまいました。

が、我が農場は、山間の小さな谷にあります。当然、平地などという条件のいいところなどは、ほとんどありません。

ということは、平地の安全地帯から、だんだんと狭くて急な坂などの険しい所に行かざるを得なくなります。それどころか、崖を崩して坂道を作りながら上に上って行くような作業もしなければならなくなりました。

ユンボの操作にも慣れてくると、だんだんと余裕も出てきて、そんな作業にも挑戦するようになったのですが、そんな作業をしているうちに、とうとうやってしまいました。

・・・・

ユンボで移動しながら、アームで作業していると、運転席がだんだんと傾いて行きます。
むろん、整地をしていたら、こんなことは日常茶飯事なので、アームを使って体勢を立て直そうとしました。

ところが、このときは、キャタピラの下の地面がだんだんと崩れて行ったのです。

いわゆる、地盤崩壊、というやつです。

まあ、盛土したばかりのところに重たいユンボで乗っかったら、当たり前といえば当たり前なんですが、そんなことすら知らなかった無鉄砲な私奥の家♂だったんです。

もうこうなったら、素人の私にはどうにもなりません。やればやるほどドツボにはまっていき、とうとう・・・

アームでつっかえ棒をしなかったら、ユンボがひっくり返りそうになるところまで行ってしまいました。

どうする俺!!

                                    ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在30位くらいにいますので、ご確認を・・・リキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在9位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.23

題名は、「岩間沈下橋の紅葉」です。

そして、今日の
奥の家的イラストは、「山本さんがトラクターに乗ってやって来た。」です。

山本さんがトラクターに乗ってやって来た。

大きい画像で見たい方は、
こちらでどうぞ。

関連記事

奥の家での静かな駆け引き

2007.11.23 00:12|農場日誌
今日、我が奥の家のキッチンに入ると、奥の家♀さんがなにやら筆と絵の具を出して、ごそごそ怪しい行動をしていました。

よく見ると、板に絵を描いています。

11.22看板描き1

そう、奥の家♀さんの特技の一つに看板描きがあります。というか、奥の家的イラストでも紹介していますが、イラストを描くのが得意であります。(ちなみに、奥の家♀さんに手紙を出すと、もれなくイラストの入った手紙が帰ってきます。)それで、全国かまぼこ板の絵展覧会では、車だん吉賞を受賞したりなんかもしたわけですが、今回は・・・・

我が農場の看板を描いているようです。

11.22看板描き2

実を言うと、ここ最近、我が奥の家では静かなる駆け引きが執り行われております。

それは、農場、及びこれから販売するであろう自然卵のネーミングなどについて、です。

奥の家♀さんは、(私曰く)アンパンマンをこよなく愛する不思議系なので、ほっとけば、どこまでも・・・・

不思議系カワイイ系に突っ走ります。

アンパンマン、バーバパパが大好きな奥の家♀さん、頭の中にはファンタージーワールドが広がっており、その世界の中に突き進みかねない。

た、たしかに、それはそれで良いと思います。

悔しいながら、イラストは好評だし、きっと女性の方には評判がいいことでしょう。

が、

が、が・・・

です。

私がそれを持ってお客さんの所に卵を持って行かないといけないと思うと・・・

ちょっと待って!!ということになります。

私奥の家♂は、日々野生化しているガテン系の風貌です。そんな私がアンパンマンのような卵を持っていったら・・・

怪しいだろ!!

間違いなく、引くだろ、お客さんたち。

そんな状況が想定されたので、私奥の家♂は先手を打ちました。

奥の家ロゴ

「奥の家」という屋号とロゴを先に考えたわけです。早い者が勝ちというわけで、ともかく先に案を作ってしまったわけです。

で、先日恐る恐る奥の家♀さんに見せたら・・・

思いっきり嫌な顔で、

え~~~~~~~
と言われました(泣)。

なんか硬派系でいやだ、と言っています。
(硬派系なんだから仕方が無いじゃん、とはとても言えませんでした。)

まあ、ここまでは、ホリエモン流に言えば、想定の範囲内です。

ここから本当の戦いが始まるのだから・・・・

ちなみに、今回の看板は、瞬く間に出来上がりました。

チキンファームオクノヤ

チキンファームって、なんか卵ではなく、鶏肉のイメージが強くないかい、奥の家♀さん?

ですが、奥の家(おくのや)は、なんとか認めさせることに成功したような気がします。

しめ、しめ・・・・

                                    ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在25位くらいにあがって来ました。有難うございます。
           追加の紹介文が出てきました。
リキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在9位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.22

題名は、「紅葉の黒尊渓谷」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「チキンファーム オクノヤです。」です。

チキンファーム オクノヤ

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。

関連記事

ユンボを使ってみるの巻 後編

2007.11.22 00:21|ユンボと悪戦苦闘
初めての方は、前編中編を先にお読み下さい。

さて、プロのオペレーターのテクニックをまざまざと見せ付けられ、それから3分弱の講習を受けた後に、ユンボと共に残された私ですが、もう辺り一面まっ暗闇です。 この状況下で、ユンボの練習をする気には当然なれません、というか、通常の感覚の持ち主であれば、しないでしょう、きっと・・・ が、一晩寝てしまったら、Mさんが教えてくれたことを忘れてしまいそうなので、とりあえず運転席に座り、レバー操作だけは頭に叩き込みました。

そして翌日から、いよいよ練習です。 いやいや、明るいところで見ると、これがまた大きく見れること・・・ まあ、気を取り直して、運転席に入り、エンジンをかけると、いざ練習です。

 まずは、キャタピラを動かしてみます。 前進、後進、右に曲がって、左に曲がって・・・ 次に、アームを動かしてみます。 アームの先のバケツを上にあげて、下に下げて、手前に引いて・・ そして、アームを180度ぐるりと1周させてみます。

これは、なかなか面白い。

もう気分は、ガンダムに初めて乗ったアムロ・レイ?のような感じでした。

そして、Mさんが言う通り、操作方法自体はそんなに複雑ではないので、結構簡単に覚えてしまいました。 ですので、とりあえず平たい土地の上で、穴掘っては埋め、平らにならしてはユンボのキャタピラで踏み固め、等々の作業を楽しんでおりました。

 そう、この時点では、まさに楽しんでいたのです。

 が、ここからがユンボと私との悪戦苦闘の日々の始まりだったのです。

 つづく                               ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在30位くらいにあがって来ました。有難うございます。リキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.21

題名は、「岩間沈下橋」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「冬はどこにいったんだろお」です。

78冬はどこに行ったのだろお

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。

関連記事

ユウクン、紅葉狩りに行くの巻

2007.11.20 23:43|子育て日記
今日は、奥の家総出で紅葉狩りに行ってまいりました。
と言っても、ご近所の滑床渓谷なんですが・・・・

お出かけは、お出かけです。

ユウクンも、お靴を履いて、いざ出陣です。

ユウクン、靴を履く

滑床渓谷に到着して、紅葉の小道を歩いて行くと・・・

紅葉の小道

滑床渓谷の紅葉は、とってもきれいでした。

滑床の紅葉

彩り豊かな葉っぱがきれいに光り輝いていました。
ユウクンもご満悦のようです。

ユウクン、ご満悦

が、ユウクンには、紅葉なんかよりも気になることがあったみたいです。

木の穴をのぞくユウクン

(この穴、なんだ、と言っているんだと思います、多分)

この穴な~~に
                            
(この穴、な~~に?と聞いているんだと思います、多分)
奥の家♀さんが、「それはバーバパパが住んでいる家だよ」と適当に教えていました。

すると・・・・

穴を覗き込むユウクン

ユウクン、熱心に穴の中を覗き込んでいます。
(本当なの、真っ暗で何も見えないよ、と言っているんだと思います、多分)

穴に手を入れるユウクン

今度は穴の中に手を入れています。
(バーバパパ出ておいで、と言っているんだと思います、多分)

・・・・・

・・・

・・



好奇心旺盛なユウクンでした。

ちなみに、奥の家♀さんは、何故かハイテンション・・・

ハイテンションな奥の家♀

滑床渓谷の前で、何か宣誓をしています。
(横で、ユウクンが不思議な顔をしています。)

・・・・

・・・

・・



さすが不思議系の嫁だな。

                  
                                    ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在30位くらいにあがって来ました。有難うございます。リキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.20

題名は、「紅葉の滑床渓谷」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「8色で彩られているからヤイロチョウと言うんです。」です。

8色で彩られているからヤイロチョウなんです。

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。

関連記事

ユンボを使ってみるの巻 中編

2007.11.20 00:02|ユンボと悪戦苦闘
初めての方は、前編を先にお読み下さい。

さてさて、ユンボが無事に我が農場に到着したわけですが、問題は、全くのど素人の私がそれを如何に操作するか、です。

工務店経営のMさんの「教えてやるから!!」の一言を信じて、もう教えてもらう気満々の私奥の家♂でした。

ユンボが到着して、しばらくプロのオペレーターのKさんがデモンストレーション整地をしてくれた後に、注意点を幾つか挙げてくれました。

①バッテリーが正規のものが無かったので、充電に注意するように
②定期的に、グリスを注入すること
③操作レバーが甘くなっているので、ちょっと使いづらいので、注意すること
④エンジンをこまめに切ると、セルスターターが駄目になるので、注意すること
⑤燃料の軽油、オイル、ラジエーターの水、グリス、それぞれの注入口の確認

でした。

と、これだけ注意し終えたら、これから飲みに行かないといけないので、これで帰るわ、と去ってしまいそうになりました。

えっ、これだけ??

ユンボの操作の仕方は教えてくれないの????

当然、聞きました、いやいや、聞かざるを得ませんでした。

私:このユンボの操作方法は教えてくれないんですか?

Mさん:ユンボの操作なんか簡単だから、適当に弄っていたら、覚えられるから大丈夫!!
    (ちなみに、この時点で、Kさんは、完全にお帰りモードでした。)

私:いやいや、そんなこと言わずに、やり方教えてくださいよ。

Mさん:しょうがねえなあ、
    股の間のレバーを動かしたら、キャタピラが動くから、前に出したら前進、手間に引いたら後
    進。右のレバーだけ前に出したら、右に曲がって、左のレバーだけ前に出したら、左に曲が
    るから。そして、アームの使い方は、・・・・

       (こうして、操作レバーの説明が1通り終わりました、所要時間凡そ3分)

私:じゃ、一度私がやってみますので、見ててくれますか?

Mさん:大丈夫、これだけ知っていたら、後は使っていたら覚えるから、必要ない、必要ない・・

私:いや、でも・・・

Mさん:平地でやっている限り、転ぶようなこと無いから、大丈夫。

という会話を残して、MさんとKさんは、帰って行かれました。

後に残されたのは、私とユンボのみ・・・・

どうする俺?

後編につづく・・・

話変

ところで、今日は、風邪気味でダウンしておりました。確実に・・・

ユウクンの風邪がうつったみたいです。

まあ、ユウクンからうつったのならば、ユウクンにうつすことはないでしょうから、とりあえず安心です。

というわけで、午後からはごそごそ起きて、テーブルを作りました。
のような感じで完成しました。

ハンドメイドテーブル

                                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在30位くらいにあがって来ました。有難うございます。リキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.19

題名は、「岩間沈下橋」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「コタツで猫が手紙を書いています。」です。

コタツで猫が手紙を書いています。

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。

関連記事

コタツがやって来たの巻

2007.11.19 00:00|日常
今日は、風がとても強かったですね。
私は、ちょっと外での作業が厳しかったので、かねてから奥の家♀さんに頼まれていたキッチンに置くテーブルを作っていました。

完成品は、です。

木のテーブル

どんなものでしょう?

寸法も、奥の家♀さんの要望に合わせたので、ぴったり収まりましたし、
奥の家♀さんとユウクンは、気に入ってくれたようです。

木のテーブル

ちなみに、制作費は、ほぼ無料です。
友達の製材所に行って、燃やしてしまう予定の端切れをもらってきていたので、それを刻んで、ビスで留めて、サンダーで磨いて、完成です。

私の場合、田舎暮らしの醍醐味の1つは、こんなところにあるんですよね。

お金をかければ、都会に居ても、ハンドメイドのテーブルくらいできます。
でも、お金を掛けずに物を作ることは、とても難しいです。

もちろん、素人が作ったものなので、プロのものに比べたら全然雑ですが、そこら辺にある素材を集めてきて、自分なりに工夫して作るのは、とっても楽しいですし、出来たものにはより一層愛着が湧きます。

さてはて、今度は何を作ろうかな?

おっと、その前に、鶏小屋をまだまだ作らないと・・・・

それはそうと、テーブルのご褒美かどうか知りませんが、いよいよ

コタツが出されました。

コタツ

まっ、待っていました(感涙)。

ようこそ、こたつさん、今年の冬もよろしく!

が、奥の家の場合、まだまだコタツがその本領を発揮するまでしばらくかかるのです。
なぜなら・・・・

電源コードが繋げられていないから、です。

《今日の奥の家の会話》

奥の家♂:コタツつけないの?

奥の家♀:布団だけでも、足を入れたら結構温かいよ。

奥の家♂: ・・・・・・・・・
       (あ~~~、今年中にコタツで温まれるかなあ~~~)

                                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在40位くらいにあがって来ました。リキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在9位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.18

題名は、「半家沈下橋」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「読書の秋です。」です。

読書の秋です。

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

暖房器具が待ち遠しいぞ!!

2007.11.17 23:58|子育て日記
今日は、大分冷え込んできました。
が、我が奥の家には未だ暖房器具は一切出てきません。
コタツ、ストーブ、もうそろそろどうでしょう、奥の家♀さん。
まあ、陽が高くなると、暖かくなりますが・・・

ユウクンは、今日も陽だまりの中、土いじりに励んでおります。
ユウクン

もう、ジョウロを片手に、水まであげています。
すごいぞ、ユウクン!!

ユウクン

が、ちょっと、いつもと様子がおかしい・・・

ユウクン

なんか、ちょっと土いじりにいつもの切れがありません・・・

ユウクン

ん、んっ・・・ちょっと、どうしたの、ユウクン?

ユウクン

は、鼻水が・・・

風邪かな?
(ちなみに、ユウクンは生まれてこの方、鼻水を出すことが殆ど全くと言っていいほどありませんでした。)

それにしては、ご飯も食べるし、ウンチもしっかりしたし、まだまだ走り回っているし・・・

さてはて、どうしたものかな?と悩んでいると・・・

ユウクン

ユウクン、何故か子供の病気の本を取り出して・・・

ユウクン

おもむろに読み出しました(驚)。

ユウクン、あんた見て分かるのかい????

ユウクン

しっかり、ページをめくっています。
(オイラの症状はどれかな、と言っていると思います、多分)

この調子なら大丈夫だね(汗)。

・・・・

でも、もうそろそろ暖房器具を出そうよ、奥の家♀さん・・・・(願)

                                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在40位くらいにあがって来ました。リキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在9位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.17

題名は、「風と水とさざなみ」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「すすきも大好き!!」です。

ススキも大好き!!

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

ユンボを使ってみるの巻 前編

2007.11.16 23:23|ユンボと悪戦苦闘
さて、ユンボが我が農場にやってまいりました。

まさに、ようこそ、という気分です。

が、ここでも問題が発生します。つまり、私奥の家♂は、

ユンボの操作方法を知らない

ということです。

そうなんです、建設機械の技能講習を受けたこともなければ、ユンボの運転席に座ったことすらありません。

ですので、もらったはいいですが、こんなでっかい機械を使えるのか、というか、そもそも使っていいのかすら分からないわけです。

ここで少し時間を戻しますが、当然こうした疑念は、ユンボをくれると言われた時点で思い浮かびました。

まっさきに、工務店のMさんに聞きました。

僕でもユンボって扱えるんですか?と・・・・

Mさん:大丈夫、大丈夫、ちゃんと使い方教えてあげるから(笑)。

私:でも、こういうのって、何か免許とか、それに税金とか、色々と必要なんじゃないですか?

Mさん:まあ、お前がユンボを公道に持って行って他人の土地を弄りだしたらまずいけど、お前の私有地の中で使用している分には、大丈夫だよ。

私:本当ですか?

Mさん:ユンボのレンタルして皆使っているだろ?

私:まあ、そりゃ、そうですね。

・・・・

・・・

こんな感じのやり取りがあったのですが、工務店の経営者とユンボのプロオペレーターが大丈夫というのだから、大丈夫なのだろう、と判断して、ありがたくご好意に甘えることにしました。

が、現実にやって来たユンボは、ですからね。

ユンボ

これを操作しないといけないわけですよね・・・・

で、でかくないですか?

という訳で、心配になって、お二方に聞いてみました。

こんな大きいの操作できるんですか?と・・・・

Mさん・Kさん:お前、馬鹿だなあ。これぐらいの大きさが1番操作しやすいんだぞ!!

私:?????

Mさん・Kさん:小さいユンボはな、自重が軽いから、切り株を取ったりしたり、旋回したりする時に、倒れ易いんだよ。これぐらいの重さになるとひっくり返りずらいから、かえって安全なんだぞ!
バイクとかでも、大型の方が走っている時安定するだろ?

私:バイクは乗らないのですけど、そんなものなんですね。安心しました。

が、内心は・・・・・

本当か????

自動車は、大型の方が難しいよね、絶対!!

どうする、俺・・・・

                                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在50位くらいですリキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在12位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.16

題名は、「これが手長エビです。」です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「日向ぼっこも、大好き!!」です。

日向ぼっこも、大好き!!

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

ユンボがやって来たの巻 後編

2007.11.15 23:36|ユンボと悪戦苦闘
初めての方は、前編中編を先にお読み下さい。

さて、目の前にやって来たユンボの大きさに目が点になっていた私奥の家♂ですが、ユンボの所有者であり、オペレーターでもあるKさんは、手馴れた手つきで輸送車からユンボを降ろしていきます。

そして、おもむろにユンボに乗り込むと、ゆっくりとキャタピラを動かしていきます。

もう、日も完全に暮れて、真っ暗中(街灯などというものはもちろんありません)で、ユンボのヘッドライトだけを頼りに・・・
(ちなみに、Kさんの仕事を終えてからしか持ってこれないそうなので、こうなりました。)

まずは、道幅にも多少余裕がありました。といっても、10センチもありませんでしたが・・・

が、すぐに道幅も狭まって行き、とうとう・・・・

キャタピラの横が半分道からはみ出て、崖下の空中にせりだしてしまいました。

Kさん:おい、前から見て、道崩れそうになったら、大声出してくれや!!

Mさん:了解、了解!!

Kさん:奥の家、道の上にせりだしている木の枝を注意していてくれや!!

私:わ、分かりました!!

Mさん:こっち(山側)の方が当たりそうだぞ!!

Kさん:お、わり~~、わり~~~!

・・・・

・・・

・・

農場に入るまでの500メートルくらいの細い道ですが、とりわけ厳しい難所が3箇所あり、その難所の度に、こんなやり取りが延々と続き、30分位してようやく安全地帯に到着しました。

さすがプロのユンボオペレーター!!

もう、完全に脱帽です。

素で、感動しました。

が、ふと我に返り、思い立ちました。

これって、どうやって出すんだ???



                                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在50位くらいですリキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.15

題名は、四万十川と欄干です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「おひさまって、大好き!!」です。

おひさまって、大好き!

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

ユウクン、草むしりをするの巻

2007.11.14 23:46|子育て日記
最近のユウクンは、お庭がとってもお気に入りです。
自分で玄関の戸を開けて、勝手に庭に行ってしまいます。
もう裸足だろうとお構いなしに、もう一直線に向かっていきます。

さて、今日は、何をして遊んでいるんでしょう。

ユウクン、庭で遊ぶ1

んっ、どうも土弄りをしているようです。

ユウクン、庭で遊ぶ2

いや、いや、どうも草むしりをしているようです。

ユウクンは、きっとこう思っているのでしょう、多分・・・
「こんなところに雑草を残して、だらしないなあ、僕がむしっておいてあげるよ。」

ん~~~ん、何て良い子なんでしょう、きっと将来もお手伝いをいっぱいしてくれることでしょう。

が、それって、奥の家♀さんが大切に育ている植物なんだけど・・・

奥の家♀さんが迫って来たら・・・

ユウクン、庭で遊ぶ3

ユウクン、逃げていきました。

ユウクンは、きっとこう思っているのでしょう、多分・・・
「オイラ、知らなかったんだよ。まあ、いいや。こっちの草でもむしろうかな?」

前途洋々、それとも、将来が心配、どっちだろう?

                                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在50位くらいですリキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.14

題名は、、四万十川の朝靄と光です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「クロネコヤマトの不在票はネコの耳」です。

クロネコヤマトの不在票はネコの耳

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

ユンボがやって来たの巻 中編

2007.11.13 23:21|ユンボと悪戦苦闘
さて、ユンボをもらうにしても、我が農場の細い道を通さなければ使えません。

が、普通の車でも、脱輪してしまう人が出てしまうような道です。
実際、私が遭遇しただけでも、5回ありました(ちなみに、このうちの1回は私自身です。)。

こんな感じなので、一度来た人からも、「奥の家♂さんの所に行きたいのだけど、あの道を通らないといけないから、やっぱりやめときます。」という言葉を何度も浴びせられました・・・(汗)

まあ、それはともかく、ユンボをどうするか、です。
もう言うまでもないですが、私の力では入れることは出来ません、というか、そもそもそんな考えすら思い浮かびません、というか・・・

そもそももらえるユンボがこんなに大きいことは、知らされていませんでした(汗)。

ユンボ

私は、タダであげようというくらいだから、もっと小型のものだと勝手に思い込んでいました。
まさか、こんなに大型だとは、思ってもいませんでした。

まあ、後で知ったことですが、ユンボは小型のものの方が需要があって、中古市場で高く売れるらしいです。そりゃそうです。これぐらいの大きさだと持ち運びが大変なので、道路工事をするような土建屋さんでないと、割に合いません。造園屋さんなんかが庭を整備したり、現場を頻繁に移動するような使い方をするには、大きすぎるんです。ですので、需要が限られるんですね。まあ、だからこそ、私のところに流れ着いて来たのでしょうが・・・・

私が現物を見たのは、輸送車で搬送されて来た時でした。
もうその姿を見た時は・・・・

本当にびっくりしました。

まさに目が点になっていました。

じゃ、輸送して来てから道の狭さに困ったのかというと、そんなことはありません。

我が農場に入る道が狭いことは、ユンボを仲介してくれた工務店のMさんが知っていたので、あげるとは言ったはいいもの、やはり入れられるかどうか、心配だったみたいです。

そこで、実際にユンボを持って来る前に、所有者の方と一緒に下見に来てくれました。


まあ、下見をしている最中から、会話が危うかったですが、実は・・・

Mさん:この道に通れるかなあ?

ユンボ所有者Kさん(以下、Kさん):これか?

Mさん:ここが特に狭いんだけどね。

Kさん:こりゃ、かなりまずいぞ!

Kさん:ここは、崩れそうだぞ!

Kさん:ここも崩れそうだぞ!

Kさん:ここはもう崩れているぞ!

    ・・・・・・

    ・・・・

Kさん:とりあえず、ちょっと通れるかどうか、イメージしてみるわ。

というようなやり取りをして、帰って行かれました。

・・・・・

こんな感じだったので、ひょっとしたら、やっぱりあげるのやめるわ、と言われるかなとも思ったのですが、どうも通れると判断されたようで、後日輸送車に載せて搬送してきてくれたのです。

つづく

                                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在50位くらいですリキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.13

題名は、光と影の世界、です。

そして、今日の奥の家的イラストは、「美味しくな~~~れ!!」です。

鍋がおいしい季節になりました。

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。

関連記事

ユンボがやって来たの巻 前編

2007.11.13 00:15|ユンボと悪戦苦闘
初めての方は、こちらを先にお読み下さい。

さて、ユンボをもらうことになった私奥の家♂ですが、まだまだ問題があります。

それは、我が農場までどう持って来るか、です。

ユンボをくれるという奇特な方は、普段ユンボを使って土木作業をするだけでなく、その輸送も生業にされているそうで、我が家まで持って来てくれるそうです。

ただ、ユンボはタダだけど、輸送賃はちょっとお金をもらうよ、ということでした。金額は2万円でしたが、この金額自体もとっても格安なんです。

実を言うと、ユンボのレンタルとかの場合の輸送賃は、もっとかかるんです。とっても大きな専用の輸送車が必要ですし、それにユンボを乗せて、尚且つ運転してくるのですから、かなり大変な作業なんですね。

が、最大の問題はそんなことではなく・・・・

我が農場に入ってくる道がとてつもなく狭いということです。
何せのような感じですから。

農場の狭い道

リトルカブでさえこんな感じですから、この道をユンボで通らないといけないとなると、普通に考えて・・・・

無理じゃん!!

と思いますよね。

ユンボ

だって、これですよ、もらったユンボ。

どう見ても、道幅よりユンボの幅の方が大きいですよね。

しかも、です。

我が農場に入って来る道、およそ500メートルの長さですが、単純に狭いだけでなく、のような感じで、片側が崖なんです。

道路陥没

下手をしたら、崖下にまっさかさまです。

ちなみに、この画像では、道が一部陥没しています。これは、今年の大雨の時に崩れたものです。現在は、軽トラックが一台何とか通れるぐらいの幅しかありません。もし今年台風が上陸したら、完全に遮断されていたかもしれません。そうしたら完全に・・・・

陸の孤島

となっているところでした。

まあ、こんな感じの道を通らないと入れない我が農場なのですが、どうやってユンボを入れたのでしょう?

この続きは明日にでも・・・・

                                  ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在50位くらいですリキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。

四万十川写真館、今日の一枚。(画像をクリックしても大きくなりません。)

四万十川11.12

もっとよく見たいぞ、という方は、こちらをどうぞ!!

※ 四万十川の風景画像を見易い整理した方がいいかな、と思い立ち、別のブログに整理しました。

今日の奥の家的イラストは、「美味しくな~~~れ!!」です。

美味しくな~~~れ

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。

関連記事

消防団パレードに参加するの巻

2007.11.11 23:30|日常
さて、こちらでも書きましたが、私奥の家♂は、消防団員であります。

そして今日は、秋の全国火災予防運動に伴う訓練がありました。

まずは、朝の6時15分に集合して、放水車に全員が乗って、放水訓練です。

こんな感じでホースを広げて、山に向けて放水です。

消防訓練

(煙草を吸っている団員さんが目標ではありませんので、念のため・・・・)

これから過酷な訓練が・・・・と言いたい所ですが、消火訓練は、これでお終いです。

あと「火の元注意」のお札のようなチラシを各戸に配ったのですが、今回は、その後に・・・

火災予防自動車パレードなるものがありました。

何事かというと、町内の各分団の放水車が列を成して町内を練り走って、地域住民に火災予防を啓発しようという趣旨らしいです。

まあ、要するに・・・

軍事パレードの消防団版みたいなものでしょうか?

放水車が10台以上も列を成し、しかも、ライトと赤い警告灯を付けて走り回っているんです。

かなり異様ですし、威圧感があります、きっと・・・・

というのも、今日は私が放水車の運転をしていましたので、外から様子を見ることが出来なかったんです。

が、道の駅で休憩している姿は・・・・

消防団パレード

やっぱり威圧感がありました。


そして、道の駅に来ていたお客さんたちも、こちらをジロジロ見ています。

危ない集団と思われたのでしょうか?

まあ、私の場合、放水車を運転して町内をドライブするなんて、滅多にないことなので、

結構楽しめました(笑)。


                                   ・・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在50位くらいですリキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。


四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.11

場所は、高知県四万十市西土佐の黒尊渓谷です。
きっとマイナスイオンが一杯出ていることでしょう。

今日の奥の家的イラストは、「モズクガニがいっしっし・・・」です。

モズクガニがいっしっし

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

ユンボをもらうの巻

2007.11.10 23:04|ユンボと悪戦苦闘
さて、私奥の家♂は、個人所有のユンボ、いわゆるマイユンボを持っているのですが・・・

ユンボ

もちろん、こんな高価なものを買えるわけありません。
これぐらいの大きさのユンボだったら、安く見積もっても、おそらく中古で60万円はくだらないでしょう。今だったら、中古市場が中国などの需要が高いので、もっとするんじゃないか、と思います。いわんや、新品だったら、とんでもない値段になります。

じゃ、どうして手に入れたのかというと、有り体に言えば、

もらいました。

私は、かつて鶏を飼って、その卵を売って生計を立てていたのですが、その際、卵の多くは、直接お宅に配達していました。

そうした卵のお客さんの中には、色々とお世話を焼いてくださる方がいたのですが、そんな方々の中に、工務店を営んでいる方、Mさんがいました。

そのMさんが、或る日、私の所に電話をくれました。

Mさん:俺の友人で、ユンボとダンプをくれるという人がいるんだけど、お前いらんか?

私:ユンボとダンプですか?
  ・・・・
  何ですか、それ?

Mさん:ユンボは、整地をするのに使うパワーショベルだよ、ダンプは、分かるよね?

私:えっ、ああ、パワーショベルのことをユンボって言うんですね。
  確かに、前に欲しいなあ、とは言いましたけど、まじですか?

Mさん:本当だよ、家(工務店)にくれる、と言ってくれているんだけど、
    家の現場で使うには、ちょっと大きすぎてね。
    お前のところだったら、問題ないと思って、どうかな、と思ったんだよ。

私:それは、それは、ありがたく頂戴いたします。是非ともよろしくお願いします。

これで、マイユンボ決定です。


しかし、四国に上陸した時は、リトルカブに僅かな荷物を載せて来た私奥の家♂は、軽トラを持ち、軽自動車を持ち、果てはユンボを持つに至りました。

これも或る意味、とてつもない出世ですね?
それとも、とてつもないわらしべ長者かな?

このまま行ったら、将来は・・・・・

自家用ジェット
でも持つことになるんじゃないかな、乞うご期待です(笑)。

                                   ・・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在50位くらいですリキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。


四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.10

場所は、高知県四万十市西土佐江川崎付近です。
水底に列を成して沈んでいるのは、手長エビを捕る仕掛けの筒です。


今日の奥の家的イラストは、「プランターのイチゴたちは、元気です」です。

プランターのイチゴたちは、元気です

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

屑鉄屋さん、現れる。後編

2007.11.10 00:24|日常
さて、どうして私奥の家♂がマイユンボを持つことになったのか、このことは明日にでも・・・

その前に、屑鉄屋さんの話ですが・・・

屑鉄屋さんは、我が農場から1時間30分はかかる内子町の方から、屑鉄を求めてたどり着いたらしいです。

話を聞いたら、集めた屑鉄は、中国に売るらしいです。
皆さんご存知の通り、北京オリンピックの準備で活況を呈している中国は、今鉄を中心に買い漁っていて、それで金属価格が高騰しています。

で、その高騰の波は、こんな山奥にまでやって来たわけです。

しかし、探してもたどり着けない我が農場にいらしたのは、やはり迷い込んできた屑鉄屋さんでした。

まあ、それはともかく、ここ数年この四万十川周辺の地域の光景に変った点があります。

それは、放置自動車が無くなったこと、です。

四万十川の環境が少しだけ回復されたようです。

私が移住して来た頃は、至る所、というほどではありませんが、そこかしこに放置された自動車や農業機械が眼に付きました。

それがここ最近は、1台無くなり、2台無くなり、全く見なくなりました。

と、思っていたら、殆ど誰の眼に付くこともない我が農場にまでやって来るとは、

すごいぞ中国という感じです。

ちなみに、今回屑鉄屋さんが持っていったものは、使い物にならない一輪車とか、トタン板の残骸とか、小物を色々です。というのも、農場に入る道が狭いので、何の準備も無く大物は持ち出せないんですよね、家の場合。

ユンボとかの大物がどうなるのかは、乞うご期待です。

話変
それはそうと、現在の鶏小屋作りの進行状況ですが、のような感じです。

鶏小屋作りの進行状況

手前にトタン板を貼り付けていますが、この小屋の一部でヒヨコを育成するので、こんな感じにしています。もうすぐ完成です。

さてさて、ユウクンも進行状況が気になっていたようで、お出ましになりました。

ユウクン

2週間見ない間に、もう自分で歩いて来れるようになりました。
本当に、日に日に成長して行っています。

そして、凶暴化もますます・・・

ユウクン

なんか、軽トラを壊そうとしています(汗)。

この子の将来が心配です・・・・(滝汗)


が、そんな親の心配も他所に、ユウクン、気合を入れています。

ユウクン


だぁ~~~~~!!

                                   ・・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在50位くらいですリキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。


 四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.9

場所は、高知県四万十市西土佐岩間付近です。
手前の水面、遠方の水面、まるで違う川みたいです。

そして、今日の奥の家的イラストは、「ユウクンとおばあちゃん」です。

奥の家的イラスト

大きい画像で見たい方は、こちらでどうぞ。
関連記事

屑鉄屋さん、現れる。前編

2007.11.08 23:52|日常
今日、久しぶりに農場に行って来ました。
今、自宅の前で鶏小屋を建てているのですが、本来の農場は、ここから車で10分くらい離れたところにあります。

いよいよ、その本来の農場の方に鶏小屋を建て始めるのですが、今日友人の製材屋さんが材料となる木材を届けてくれたので、受け取りに行った訳です。

全部で300本注文したのですが、今回は175本を持って来てくれました。これだけでもかなりの量なのですが、これで思う存分鶏小屋が建てられそうです。

ところで、私が木材の搬送をしていると、オンボロ軽トラがやってまいりました。

??????

こちらでも書きましたが、我が農場は人里離れたドンズマリにあります。

ちなみに、地元の人からも、迷い込んで行ける人はいても、探して辿り着ける人はいない、と言われています。

実際、辿り着けた人が殆どいません(泣)。

そんな所に見も知らないオンボロ軽トラが来たのですから・・・・

?????です。

しかも、荷台をよくみると、錆だらけの一輪車とか、古トタンとかが積んであります。

何だろう、と思っていると、おもむろに助手席から叔父さんが降りて来て、私に尋ねてきます。

奥にあるユンボはあんたのかい?

私:ええ、そうですけど・・・

叔父さん:あのユンボ動かないなら、くれないか?

私:????

叔父さん:俺らは屑鉄を集めて中国に売っているんだけど、奥のユンボが気になってね。

私:あ~~~屑鉄屋さんですか!

そうなんです、実を言うと、私奥の家♂は、

マイユンボを持っているんです。

ユンボ?と思われる方も多いことでしょう?

ユンボとは、のことです。

ユンボ1

ユンボ2

パワーシャベルとも言いますが、工事現場で活躍している例のあれです。

私は、このユンボを個人所有しているわけです。

一体、どんな田舎暮らししているんだ???

 つづく

そうそう、今日奥の家♀さんとユウクンが無事帰ってきました。
ユウクン、2週間見ないうちに、かなり成長していました。

もう、びっくり、です。

ちなみに、鹿肉は執念で完食しました。父ちゃんは、頑張ったぞ!!

                               ・・・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川11.8

場所は、高知県四万十町(旧十和村)です。
奥の鉄橋は、予土線が走っています。
手前の沈下橋は、今でもしっかりとした生活道で使われています。

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在50位くらいですリキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。
関連記事

鹿肉を食べつくせの巻

2007.11.07 23:09|日常
ところで、この間の日曜日の釜出しの時に、陶芸倶楽部のメンバーのHさんから鹿肉をいただきました。

Hさん:鹿肉があるから、持って帰るか?

私:好物なので、是非欲しいです。嫁さんもいないので、ちょうどいいですし・・・

そう、奥の家♀さんとユウクンが現在我が家には不在なのですが、鹿肉ブロックを持って帰ったら、奥の家♀さんが露骨に嫌な顔をするのは分かっているので、これ幸いなのです。

ちなみに、結婚当初、一緒に住み始めてから1ヵ月半くらい食事の内容に肉がありませんでした。あんた菜食主義者か、というくらい、野菜とご飯だけの食事でした。

野菜ばかりのおかずを前に、或る日聞いたことがあります。

私:我が家の冷凍庫には豚肉のブロックがあるのに、どうして肉は食べないの?

奥の家♀さん:ブロックは大き過ぎて、自分には料理し切れそうにないし・・・
         あのブロックがあるのを見ると、スーパーに行っても、勿体無くって肉を買う
         気にならないから・・・

私:ふ~~~~ん・・・・・・

さすが不思議系、何を考えているか分からない~~~(涙)

と、こんな逸話をHさんも知っていたので、思いっきり肉を食べたらいい、と鹿肉をくれたらしいです。

というわけで、鹿肉のブロックを1つもらったのですが・・・

鹿肉

量が多すぎます。

肉のブロックと言ったら、食べやすいように、せいぜい1キロか2キロぐらいに分けているものとばかり思っていたのですが、もらったものは、6キロはありました。

一度解凍してからもう一度切り分けて冷凍することも考えたのですが、もし残してしまうと、次に奥の家♀さんが里帰りする前、冷凍庫の肥やしになることは間違いない、それどころか、とてつもない邪魔者にされることは分かりきっていたので、とりあえず食べることにしました。

というわけで、私奥の家♂の主食は、現在鹿肉となっております。


とりあえず、もらった鹿肉を下処理しないといけません。
以前にも書きましたが、鹿肉は、とてつもなく筋が入っているので、これを取り除かないまま肉を焼くと、ゴムのような肉を食べる羽目になってしまいます。

鹿肉

この白い所がすべて筋なので、これを取り除くと、肉はほんの僅かになってしまいます。

鹿肉

こんな風に、何層も筋が入っている箇所は、もう捌けないし・・・

鹿肉

捌いても、こんな感じで、殆ど肉が取れません。

鹿肉の商品化が難しいのは、この筋の多さなんですよね。
ともかく手間がかかります。
都会の消費者は、そんなことは知らないので、少しでも筋が残っていたら、もうそれだけでクレームの対象になってしまいますし・・・

鹿肉

私の捌くのが下手なのもありますが、↑のような感じで、筋を取って行くと、肉の量が半分くらいになってしまいます。

左が筋を取ったもので、これは、塩コショウをかけて、焼いて食べます。
右は筋がついているので、圧力鍋で筋まで柔らかくして食べます。

・・・・・

・・・

・・

日曜日からこの方、この肉を食べ続けています。

ギャル曽根か、というくらい、食べ続けています。

鹿肉は、画像で見て分かるとおり、殆ど赤身で脂分が全然ないので、お腹にもたれることはないのですが、ちょっときついです。

いくら普段あまり肉を食べる機会がないとはいえ、かなり嫌になってきました。

が、明日には奥の家♀さんが帰って来る予定なので、食べきらないといけません。

折角いただいたもの、それに生き物を粗末にしてはいけないので、捨てる、なんてことはできません、当然・・・

頑張れ、俺・・・

                                ・・・・・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川11.7

場所は、高知県四万十市西土佐半家付近です。
四万十川が岩の間を縫うように流れています。
ちょっと水量が少ないですね。

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← は、現在50位くらいですリキとコテツ
 
もしよろしけば、こちらもよろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  は、現在10位くらいです。
関連記事

今回焼いた私の陶芸作品です。

2007.11.06 23:50|陶芸
さてさて、いよいよ今回の釜焚きでの私の作品ですが・・・・

のものが、そのすべてです。

陶芸作品

今回釜に入れた作品の全体の量に比して、とても少ないです。
陶芸をやり始めた頃は、沢山作っていたのですが、だんだんと作る量が減って、今は大体これぐらいになってしまいました。

私の陶芸歴は手ロクロで作るところから始まったのですが、すぐに電動ロクロで作るようになり、この頃は、かなり大量に作っていました。電動ロクロで作ると、1日やると、徳利が50個も60個も出来てしまうので、焼くのが大変になってしまいます。

今は、再び手ロクロで一つ一つ土の感触を楽しみながら作るので、1日かけても、10個程度出来るぐらいだと思います。

何で電動ロクロで作らないかというと、私の好みの作品を作るに向かないからです。電動ロクロは、均整の取れたきれいな形を作るのに向いていますが、ゆがみのある形を作るには向きません。

そう、私の場合、手跡やコテ跡の残って、自然に出来たビードロが複雑な景色の出来た作品が好きなのです。

ちなみに、陶芸で言うところのビードロとは、松灰が溶けてガラス状になったもので、様々な要因によって、緑色に発色したり、水色、黄色、赤色、透明色等々に変化したりします。この変化によって、とても複雑な景色が出てきます。

どんな感じかというと、例えば、こんな感じです。

陶芸作品

左の作品は、ビードロの溜りが出ていますが、あまりきれいではありません。
右の作品は、ビードロにはなっていません。(これはこれで、いいのですが・・・)

陶芸作品

左の作品は、ビードロがきれいに出ていますが、模様がちょっと単調ですね。
右の作品は、模様は複雑になってきましたが、上にカスがついているし、真ん中に黒い模様がついてしまって、これもあまりきれいではありません。

陶芸作品

こちらの作品は、傷も無いですし、ビードロもきれいに出ています。
が、模様が少し単調です。
実を言うと、これは電動ロクロで作ったものです。たまに電動ロクロも使わないと、やり方を忘れてしまいそうになるので、1つだけ作ったものです。

陶芸作品

これは、少し大きな作品です。私の場合、あまり大きな壺を作ることはあまりないのですが、今回は新しい土を使ったので、どんな色が出るかな、と試しに作ってみました。
ちなみに、こういう作品の方が花を生ける時は映えます。

陶芸作品

これが、今回焼いたもので、最も気に入っているものです。
ビードロがしっかり付いていますし、その溜りが3つも出来ています。これだけ複雑な模様が描かれた作品は、これまでにもなかなか得られませんでした。

しかも、水漏れがないんです。こういう作品は、殆どの場合、水を入れると、漏れてしまいます。ですので、花瓶として使用できるものはごく僅かなのですが、そのごく僅かに入ってくれたようです。

ただ、1つ難を言えば、ビードロの色が緑色で一様なのが残念でした。もう少し、多様な色が出ていたら、もっと魅力的な作品になったと思うのですが・・・・

これは、次回の釜焚きのお楽しみということで・・・・

                              ・・・・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川11.6

場所は、高知県四万十町(旧窪川町)です。
窪川町付近の四万十川は、よく変った形の雲が現れます。
雲好きの私としては、とっても魅力的なところです。

ブログランキングに参加しています。リキとコテツ
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング  FC2ブログランキング     ↑ は、50位くらいに下がってしまいました・・
関連記事

釜出しして来ました。後編

2007.11.05 23:50|陶芸
初めての方は、前編を先にお読み下さい。

さて、釜から出された作品の量は、結構あります。

陶芸作品1

今回釜の中に作品を入れた人は、10人くらいいるので、粘土もまちまち、造りもまちまちです。

この作品を造った人は、どうも細長いものが好きなようです。

陶芸作品2

こちらでは、シーザーがアッカンベーをしております。

陶芸作品3

ここには、フクロウがたむろしております。夜になったら、きっときれいな光を照らしてくれることでしょう。

陶芸作品4

こっちでは、お地蔵さんが手を合わせています。とってもいい顔をしていますね。
(でも、残念ながら、あまり焼けていないものが多いようです。)

陶芸作品5

こちらは、見事にビードロの模様がついております。

陶芸作品6

が、こんな感じで、ペッちゃんこにへっこんで、色も黒ずんでしまっているものあります。

陶芸作品7

それどころか、完全にへたって、何なのかわからなくなってしまい、それどころか、隣の作品と完全にくっついてしまっているものもあります。

陶芸作品8

この釜では、信楽系の土を使う人が多いので、それに温度を合わせてかなり高温で焼くので、耐火温度の低い粘土を使用すると、こういう風になってしまうんですね。

えっ、私の作品ですか?

ちょっと長くなって来ましたので、明日にでも・・・・

・・・・・

ところで、今回の釜出しには、このブログを見てくれたおかみさんとお友達のやんぴぃさんも見学に来てくれました。
初めてお会いしたのだけど、初めてじゃない感じで、オフ会やったらこんな感じなのかな、と思いました。
また、是非遊びに来てください。

                              ・・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川11.5

場所は、高知県四万十市西土佐下方付近です。
これかた、光り輝く雲の姿を水面が見事に映しております。

ブログランキングに参加しています。リキとコテツ
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング  FC2ブログランキング     ↑ は、50位くらいに下がってしまいました・・・・
関連記事

釜出しして来ました。前編

2007.11.05 00:09|陶芸
さて、今日は陶芸の釜出しの日でした。
釜焚きが終わったのが先週の日曜日なので、1週間ぶりの釜です。

待ち遠しかった、と言いたいところですが、

危うく忘れるところでした(汗)。

多分、これは、私だけではなかったと思います。

なぜなら、朝早くから薪の整理をやって、その後に、釜から作品を出すよ、と号令がかけられても、他のメンバーの皆さんゆっくりお茶を飲んで休憩していましたから・・・・

まあ、作品は何処にも逃げませんからね、焦ったからって良い作品になるわけでもないし・・・
釜焚きと違って、釜出しは余裕です。

陶芸を始めてまだ間もない頃は、待ち遠しくって、一時も早くと気が急いたものですが、慣れとは恐ろしいものです。

話を戻しますと、釜は、完全に密閉されているので、まずはその蓋を取らないといけません。というわけで、取り除いたわけですが、開けてみると、こんな感じでした。

まずは、1の間・・・

1の間

なかなかよく焼けているようです。

1の間

続いて2の間ですが・・・

2の間

2の間

こちらも、よく焼けているようです。
ただ、手前の作品は、左下が作品自体の重みで凹んでしまっているし、その他のものも、置いておいた位置からづれてしまって床に引っ付いていたり、ゴミがへばりついていたり、なかなか苦戦しているようです。
ちなみに、焼く前は、のようでした。

2の間の焼く前

最後に3の間ですが・・・・

3の間

1番火の回りの悪い部屋ですが、なかなか良く焼けているようです。

こんな感じで蓋が開いたので、今度は作品を慎重に出して、作品を並べていきます。

11.4釜出し6

それぞれの作品については、また明日にでも・・・

                         ・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川11.4

場所は、高知県四万十市西土佐江川崎付近です。
四万十川の水面の上には、帯状の雲が橋のように渡っています。

ブログランキングに参加しています。リキとコテツ
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング  FC2ブログランキング     ↑ は、40位くらいにおりますので、ご確認を・・・・
関連記事

ユウクンの「ユウ」は悠々の「悠」です。

2007.11.03 23:39|子育て日記
突然ですが、我が奥の家の愛息ユウクンの「ユウ」は、漢字で「悠」と書きます。

ユウクン

名前の通り、悠々と育っています。

ところで、秋篠の宮家の「悠仁」親王と同じ漢字です。

あちらの誕生日が9月6日ですから、我が奥の家のユウクンは1ヵ月くらい遅れてこの世に生まれました。

ということは、ユウクンは、悠仁親王にあやかって名前が付けられたのかというと、実はそうではありません。

単なる、偶然です。

名前を考えたのは奥の家♀さんなのですが、病院で妊娠が分かった帰りの車の中で、ユウクンの名前が思い浮かんだらしいです。

そういうわけで、「悠」の字を使おうとしたのは、むしろこちらの方が先なんです。

が、そうは言っても、第三者からすれば、きっと悠仁親王にあやかったと誤解することでしょう。

なので、「悠」の字を使わない別の名前にしようかとも提案したのですが、奥の家♀さんは、全然気にならないから、このままにしたい、とのこと・・・・

私も私で・・・・

ま、いっか!!と、

どうでもいい、
気にしないことにしました。

まあそれでも、一応私も名前を考えてみたのですが、

全然思い浮かびませんでした。

ですので、どうでもいい、気にしないことにしました。

天皇家と誕生日と言えば・・・・

私奥の家♂には、1つ上の兄がおります。
この兄が生まれたのと同じ日に、現在の黒田清子さん(旧紀宮清子内親王)も生まれました。

このことで、私の母が兄の誕生日の度に話すエピソードがあります。

この日は、4月18日という春なのに東京に大雪が降った記録的な日だったそうなのですが、病院に行政の人が来て、清子さんと同じ日に生まれた赤ちゃんに菊の御紋が入った記念品を進呈してくれたそうです。

で、一旦はもらえたらしいのですが・・・・

女の赤ちゃんではないのが分かると、

返してください。

と取り上げられたらしいです。

我が母もそんなに記念品が欲しかったわけではないでしょうが、初めての子供が無事に産まれて、なんか記念品をもらってうれしかったのでしょう、それがすぐさま取り上げられて、よっぽどがっくり来たのかどうかは知りませんが、

かなり恨みに思ったようです。

兄の誕生日の度に聞かされましたから、このエピソード・・・

母:折角記念品を持って来て、数も余ってもいたのに、持って帰ったのよ・・・・

  ・・・・

  ・・・

  ・・

我が家では、天皇家、かなり評判が悪かったです(笑)。



                                ・・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川11.3

場所は、高知県四万十町(旧十和村)です。
これから漁に向かって、漕ぎ出そうとしています。

ブログランキングに参加しています。リキとコテツ
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング  FC2ブログランキング     ↑ は、40位くらいにおりますので、ご確認を・・・・
関連記事

奥の家は、10月家族の巻

2007.11.03 00:18|日常
大分冷え込みが強くなってきましたが、今日もいそいそと鶏小屋を作っておりました。

ペンキを塗ったトタン板を使って、屋根を張りました。
今回は、スカイブルー色の鮮やかな鶏小屋になってしまいました。

鶏小屋の光景

この屋根の上に、でっかく「たまご」と描いたら・・・

でっかく、でっかく「奥の家」と描いたら・・・・

・・・・

・・・

・・



やめておいて、よかった。

まあ、ペンキ塗りという苦手な工程が終わったので、一安心という所ですが、まだまだこれから先が長いので、何が起こるやら、乞うご期待です。

話変

ところで、奥の家を構成する3人は、全員が10月生まれです。

こちらでも書きましたが、息子のユウクンが10月の初めです。

私奥の家♂と奥の家♀さんが下旬なのですが、誕生日が3日しか違いません。

ということは・・・・

夫婦間で誕生日を祝うようなことはありません。

この時期には、奥の家ではこんな会話が交わされます。

奥の家♀さん:誕生日、おめでとう。
奥の家♂:ありがとう。

3日後・・・

奥の家♂:誕生日、おめでとう。
奥の家♀さん:ありがとう。

・・・

・・



超シンプルです。

プレゼントの交換も無ければ、外食もありません。


今年などは、奥の家♀さん、実家に帰っちゃいました。

ですので、今年の誕生日は電話口で・・・・

奥の家♀さん:誕生日、おめでとう。
奥の家♂:ありがとう。

3日後・・・

奥の家♂:誕生日、おめでとう。
奥の家♀さん:ありがとう。

と相成りました。

これでいいのか、奥の家?

まあ、いいんです。

・・・・

ただ、心から思います。

私の方が誕生日が先でよかった。

あれこれ悩まないで済むので・・・・

ところで、ユウクンが後2週間遅く生まれていたら、将来きっと、以下のような会話が3人で交わされていたことでしょう。

奥の家♂♀:ユウクン、誕生日おめでとう。
ユウクン:ありがとう。

数日後

奥の家♀・ユウクン:誕生日おめでとう。
奥の家♂:ありがとう。

3日後

奥の家♂・ユウクン:誕生日おめでとう。
奥の家♀:ありがとう。

・・・・

・・・

・・



これはこれで、なかなか愉快だな!


ちなみに、四万十天然娘日記のなつさんの娘さんと私は、誕生日が一緒です。

ちなみに、ちなみに、娘さんが誕生した時には、誕生日が一緒ということで、名付け親に名乗りを挙げましたが、あっさり却下されました。

まあ、玉子、玉代、玉美、玉理、玉樹・・・なんかどう?って、提案したんだけどね(笑)。

                             ・・・・・・・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川11.2

場所は、高知県四万十市西土佐西ヶ方です。
広見川の川底には、泥が積もっていて苔は生えていないようですが、鮎が気持ちよさそうに泳いでいます。見づらいですが、ちゃんと泳いでいます。

ブログランキングに参加しています。
リキとコテツ
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング  FC2ブログランキング     ↑ は、40位くらいにおりますので、ご確認を・・・・
関連記事

白血病が風土病?(後編)

2007.11.02 00:11|思えば、あんなことも!!
初めての方は、先に前編をお読み下さい。

さて、宇和島周辺では、白血病が風土病と評されていたらしいのですが、白血病は血液のガンとも言われているように、先天的な要因だけでなく、後天的な要因による所が大きい病気だと思われます。

そんな時に思い起こされた経験が私にはあったのですが・・・・

或る日、私がミカン山に行った時に、スプリンクラーから水が撒かれていました。その水の中に混じっていたのは、もうお分かりのように・・・・

農薬 です。

ミカン山全体に張り巡らされたスプリンクラー網を使用して、農薬を散布していたわけです。

もう、鶏舎に到着しても、車から一歩も外に出られません。本当にすごい勢いで撒かれていましたから・・・

そして、農薬の散布が終了して車外に出てみると、そこには農薬で真っ白になった車体の姿がありました。

その時につくづく思ったものです。

もし何も知らずにこの農薬の雨の中に入ってしまったら、どうなっていたのだろう、と・・・

もし何も知らずにこの農薬が掛けられた土、木、水に触れたら、どうなるのだろう、と・・・

もし何も知らずに・・・・

・・・

・・



こりゃ、無事で済みそうにないな・・・

愛媛のミカンは、輸入自由化される以前に、すごく景気がいい時(この時の逸話も数々聞いたこのですが、それはまた別の機会にでも)があって、海岸に近い山では、もう隙間も無いくらいミカンが植えられています。

そんな時期に盛んに農薬も撒かれたわけですが、白血病が風土病と聞いたとき、私の頭の中には、そんな光景が思い浮かばれました。

もちろん、科学的なデータがあるわけではありませんが、直感的に閃いたのです。

今、鶏小屋作りでトタン板にペンキを塗っているのですが、こういう作業をすると、私の場合、頭痛がしたりして、必ず体調が変になります。

農薬ではありませんが、こうした化学合成物質は人体に何らかの影響を与えます。

白血病が宇和島周辺で多発していた原因もまた、そんなところにあるのではないか、私にはそんな気がしてなりません。

ちなみに、この他にも以前、産婦人科に勤める看護婦さんから聞いたのですが、ここら辺は、死産になったり、奇形児が産まれたりする確率がとても高かったということもあるらしいです。
現在はどうか知りませんが・・・

                                  ・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川11.1

場所は、高知県四万十市西土佐江川崎付近です。
水面から靄が立ち上がり、幻想的な光景を醸し出しています。

ブログランキングに参加しています。リキとコテツ
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング  FC2ブログランキング     ↑ は、40位くらいにおりますので、ご確認を・・・・
関連記事
| 2007.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2007年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。