薪の中は、ムササビの棲家

2007.10.26 23:21|陶芸
昨日の晩は、釜の番をして来ました。

釜の温度計は、1250度に達し、現在は、このままの温度でずっと焚き続けていることと思います。これを陶芸用語で「ねらし」と言います。
ねらしの段階で、炎の色は、オレンジ色から次第に白色に変って行きます。昨日の段階では、釜の中に薪を入れる時も、まだまだ余裕だったのですが、今晩の釜番では、きっと薪を入れるのが熱くて大変でしょう、きっと。

釜の温度が上がってくると、のような装備でないと火傷します。

10.26釜焚き

熱光線を遮るフェースガードのあるヘルメットに、厚手の長袖とズボン、それに2重3重にした手袋・・・・

ヘルメットが無いと、顔が焼けてむくむし、喉が焼けて声が枯れます。
それに水分を大量に取らないと、熱中症にかかってしまいます。
釜の側にいるだけで、身体の水分が蒸発して行くので、一晩釜焚きすると、3リットルくらい水を補給します。

女性の場合は、のように、恐る恐る入れてます。

釜焚きの様子

そうそう、今釜には、珍客が住んでいます。

なんだと思います?

むささび


むささびです。

ムササビが薪の壁の中に住みついて、もう2年になるでしょうか?
夜になると、こうして薪の間から顔を出して、釜焚きの様子をじっと見ています。

むささび

何か、今日は明るいなあ?とでも思っているのでしょうか?
何時間もじっとしているのですが、タイミングを見計って、夜の空へと向かっていきます。

                                  ・・・・・・・・・今日の徒然でした。

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川10.26

場所は、高知県四万十町(旧十和村)です。
夜更けが迫ってくる中、四万十川の流れの上には、月が輝きを増しています。

ブログランキングに参加しています。リキとコテツ
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング  FC2ブログランキング     ↑ は、50位くらいにをうろうろ・・・・

関連記事
スポンサーサイト



| 2007.10 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2007年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ