釜焚きでは、炎の色を見る。

2007.10.23 23:34|陶芸
さて、私は今日も鶏小屋作りに精を出しておりましたが、陶芸の釜焚きが継続している筈です。きっと大分釜の中の温度もかなり上がってきた筈です。

そうそう、昨日掲載したの画像ですが、

釜の中の炎

この炎は、まだまだ全然温度が上がっていません。多分、400度くらいでしょう。
ただ、釜の温度がこれ以上に上がって来ると、もうデジカメでおいそれと撮ることはできません。もし下手に撮ると、デジカメの撮像素子のCCDが焼け付けてしまいます。

炎と言えば、釜焚きをする際、釜の様子を知る1番の手がかりは、炎の色です。

もちろん、釜には温度計が設置してあり、現在の温度が何度であるかは表示されますが、あくまでも大凡の目安であって、あまり当てにしません。

炎の色は、高温になればなるほど、オレンジ色から白色へと変化していきます。釜焚きが最高潮に達した時は、炎は真っ白に光り輝き、裸眼で見たら、眼が焼き付きます。

これぐらいになると、もう直接釜の中を見ることはできません。

釜焚きの光景

(大分遠くから、しかも、横方向から撮ることで、ようやく撮れるんです。)

さて、どうして温度計はあまり当てにならないのでしょう。

温度計で1250度くらいまで上がってすぐは、まだ炎の色はオレンジ色っぽいままです。1250度は、温度的には釜焚きの最高温度なのですが、この状態で釜焚きを終了してしまうと、ほとんど入れた時と変らない素焼き状態の作品がワンサカ出てきます。温度計では1250度を指していたにも関わらず、です。

どうしてでしょう?

それは、釜の中の熱量が違うからです。温度計は、釜の中の一部しか測っていないので、たと1250度を指していても、それは必ずしも釜の中全体がその温度というわけではないのです。

温度計が1250度を指してから、その温度のまま1日以上炊き続けると、炎の色が徐々にオレンジ色から白色に変わって行きます。これを「ねらし」と言うのですが、こうなると、温度計では同じでも、釜の中の状態は大変な熱量がこもり、とてつもなく熱く感じるようになります。薪を釜口から入れる時など、かなり厚着をして防護していないと、火傷してしまいます。

かつて温度計などがなかった時は、炎の色と空気の流れを見ながら、釜の中の状態を把握し、焼き物を作っていたのでしょう。

陶芸の技術というと、粘土で形を作って行くことが思い浮かばれますが、実は、釜焚きの技術もとても奥が深いのです。

ちなみに、これだけの熱量を得る為には、どれくらいの薪が必要かというと、くらいです。

薪の使用量

まさに、薪の壁ですね。

                                ・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)


四万十川10.23

場所は、高知県四万十町(旧窪川町)の家地川ダム、もとい佐賀取水堰です。
なぜ”取水”堰と呼ばれるかというと、ここで川の水がかなり分水されるからです。手前のコンクリート塀の所がそれです。
こうして川水を取られるので、この堰の前と後では四万十川の水量が激減します。

ブログランキングに参加しています。リキとコテツ
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング  FC2ブログランキング     ↑ は、50位くらいにをうろうろ・・・・
関連記事
スポンサーサイト



釜の番をするならば、夜に限る。

2007.10.23 00:34|陶芸
突然ですが、FC2重いですね。
折角書いた今日の記事、転送に失敗して消えてなくなっちゃいました。

これは、かなりショック。

全く同じものを2回書くのは無理だし、同じ内容をもう一度書き直すのは気分的につらい。

・・・・

・・・

・・



悔しいので、内容を少し増やすことにしました。(いつもより少し長いです。)

さて今日も、相変わらず1人でコツコツと鶏小屋を作っていたのですが、強力な助っ人が来てくれました。

その名も、ユウクン!!

ユウクン、まるで映画監督のようなイスに鎮座して、何か偉そうにしております。


現場監督のユウクン

(ちゃんと仕事やっているか、さぼって写真なんか撮ってんじゃないぞ、と言っているんだと思います、多分)

しかも、偉そうにしているだけでなく、なんか指示をし始めました。

現場監督ユウクン2

(この柱、ちょっと傾いているんじゃない、と言っていると思います、多分)

さすが現場監督だなあ、とおだててみたら、どうも満足してくれようです。重い腰を上げて、引き上げて行きました。

ユウクンの現場監督

(ちゃんと仕事しろよ、と言っていると思います、多分)

あんた、将来大物になるよ、きっと・・・・

まあ、はっぱをかけられたお陰で、鶏小屋作りは順調に進み、現在ではのような所まで来ました。

鶏小屋づくり

これもみな、ユウクンのおかげ・・・

話変

今頃、陶芸の釜では、釜焚きの真っ最中でしょう。
では、なぜ鶏小屋作ったり、ブログの更新が出来るのかというと、釜の番は交代制だからです。

そりゃそうです。1週間ぶっ通しで薪をくべ続けなければいけないわけですから、1人で釜の番をしていたら、もはやこれは生死をかけた苦行になってしまいます。

最近、荒行中の荒行といわれる比叡山の千日回峰行の堂入りが見事遂げられたとニュースで伝えられていましたが、別に生きた不動明王になりたいわけではありませんので、私の場合、出来るだけ楽しく釜焚きをすることを心掛けています。

私の釜の番は、木曜日の夜からになるので、まだちょっと先です。

ちなみに、夜の釜焚きは、眠気との戦いです。とくに、夜中の2時の逢魔が時が最も眠気が襲ってくる時間です。釜から発せられる熱気がこれまた睡魔を誘うんですよね。

でも、私奥の家♂は、夜の釜番が好きです。

それは、暗闇の中の炎はとっても幻想的だからです。

静まり返った夜更けに、釜の中で薪が燃える音だけが響き、炎が揺らめいている光景を見ていると、心が落ち着き、とっても好きなんです。

釜焚きの光景

多分、今の釜の状況はこんな感じになっていることでしょう。

                                    ・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川10.22

場所は、高知県四万十町(旧窪川町)の家地川ダムです。
ダムと書きましたが、法的にはダムではありません。ダムとは15メートル以上の高さを有するもので、これは8メートル強しかないので、法的には堰(せき)です。ですので、行政では、佐賀取水堰と呼ばれています。
では、何故家地川”ダム”と呼ばれることがあるのでしょう?それは、この堰を撤去しようという運動があり、その中で敢えてダムと呼称しているみたいです。
多分、四万十川は、ダムの無い川と呼ばれているが、ダムと同じようなものがあるんだよ、ということだと思います。

ブログランキングに参加しています。リキとコテツ
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング  FC2ブログランキング     ↑ は、50位くらいにをうろうろ・・・・
関連記事
| 2007.10 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2007年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ