軽トラで1晩1000キロ走破したことありますか?前編

2007.08.20 22:32|思えば、あんなことも!!
突然ですが、四万十川、遠いなあ、と実感したことがあります。

まあ、移住する前に、自転車を自分の足でこいで来たことがあるので、その遠さは分かっているつもりでした。

が、

軽トラで東京に帰った時には、まだですか、まだですか、と恨み節が出るくらい遠かったです。

え、どうして軽トラで帰ったのか、ですって・・・・

まだ、移住して間もない頃でした。

作業を終えて、倉庫に戻ると、1通のFAXが届いていました。

父が倒れて、生死の境にある、と・・・

早速、実家に電話すると、兄嫁が連絡を待っていてくれて、状況を説明してくれました。

詳しいことは、ここでは省きますが、とりあえず今手術中で、今晩が峠らしい・・・と。

・・・・・

・・・・

・・・

・・



帰らなきゃ・・・


でも、どうやって??

朝まで待って飛行機で帰るか・・・乗れるかどうか分からない(泣)。

電車で帰るか・・・もう無いや(泣、泣)。

じゃ、もう車しかないね。と言っても、その当時の愛車は、軽トラックが一台あるのみです。

まあ、何とかなるだろう、車であることには変わりないし、ともかく一刻も早く帰らなきゃ、

ということで、軽トラで東京まで帰ることにしました。

しかし、銀行のATMも閉まっているので、お金がありませんので、急遽もと居た研修塾の塾長さんに連絡して、お金を貸してくださいと頼み、資金調達しました。

出発した時間が夜7時過ぎだったでしょうか。

とりあえず瀬戸大橋を渡って四国脱出しました。まだ、この頃は焦って事故起こしたら元も子もないので、気持ちに余裕を持つようにしていました。
まあ、瀬戸大橋では、風で飛ばされるかと思いましたが・・・

大阪、京都を過ぎる頃は、見慣れた土地(京都にしばらく住んでいたことがありました)に来たなあ、と気が張って来ました。

ところが、東名高速に入った頃になると、走ったことが何度もあった道だけど、だからこそ、まだどれだけかかるのか分かるので、完全にグロッキー寸前になりました。

首都高に入った頃は、完全にラッシュアワーに激突し、ちっとも進まない。
これがもう一番つらいですね。
しかも、今頃ひょっとしら父が亡くなっているかもしれないと思うと、気が気ではありませんでした。(よく事故しなかったものです)
当時は、携帯電話なんか持っていませんでしたので、連絡もつかないし・・・

ようやく9時過ぎに病院に到着して、急いで父親のいるICUに行くと・・・

おう、奥の家♂帰ってきたのか、どうかしたのか?

と第一声が告げられました。

この時点で、こちらが別の世界に行きそうになりました。

まあ、幸いなことに、何とか一命を取り留めて、後遺症もあまりなく退院できたのですが、今までの人生であれが一番きつい移動でしたね。

ちなみに、愛媛ナンバーの軽トラがずっと止まっている(3週間くらい滞在しました)ので、ご近所の人、駐車場の人、道行く人、等々、すごく怪しまれました。ご近所の人、通報しそうになったそうです(笑)。

ちなみに、やっぱり飛行機は速いです。
以前の仕事の関係で、何度も羽田空港と高知龍馬空港(または、松山空港)を往復したのですが、本当に近く感じます。
確かに、空港までは、車で2時間半ぐらいかかりますが、飛行機に乗っているのは1時間くらいですからね。
感じ的には、ちょっと遠くの友人の家に来たぐらいの気分になります。


四万十川、今日の一枚。(クリックすると画像が大きくなります。)




場所は、高知県四万十市西土佐口屋内の口屋内沈下橋です。
嘗ては、木材の集積場としてにぎわっていたそうです。
右奥に見えるのは、日本最後の最後の清流と言われる黒尊川です。
ここで、合流するんです。

2年半前に、この地区に農家レストランしゃえんじりが開業しました。
地元の料理がバイキング形式で食べられ、とても美味しいです。奥の家にお客さんが来た時は、いつもご案内しています。

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。




関連記事
スポンサーサイト



| 2007.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2007年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ