猪に会ったことはありますか?

2007.08.10 22:30|農場日誌
最近、農場が猪に荒らされています。

下の画像のような掘り返された跡が至る所にあります。


猪荒らし

多分、根っことか球根とかを食べているのでしょうが、たいしたものです。
この画像では、まだまだ大して掘り返されていませんが、猪が本気を出すと、一晩で耕運機で耕したように、一面が掘り返されます。
タケノコの季節なんかだと、竹林の中はもうボコボコです。

最初見たときは、何事が起こったのやら、とびっくりしたものです。

ところで、皆さん猪を見たことはありますか?

私は、あります。

ウリボウと呼ばれる子供から、100キロを超える超大物まで、もう数え切れないくらい。

ちなみに、なんでウリボウと呼ばれるのかというと、猪の子供には、白い縞模様があり、それが瓜の模様に似ているからです。

ちなみに、100キロを超える猪は、モンスターです、「もののけ姫」に出てくるような巨体で走り回っています。ですから、よく熊に間違われます。実際に見るとびっくりしますよ、本当に。



まあ、これほどではないにしても、猪を見たことがある人は結構いるんじゃないかと思います。



が、


猪に追いかけられたことはありますか?



猪を車で轢いたことはありますか?



猪を解体したことはありますか?




猪と戦ったことはありますか?




私の場合、



・・・・

・・・

・・



すべてあります。




四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると、大きくなります。)

四万十川 岩間沈下橋

場所は、高知県四万十市西土佐の岩間沈下橋です。

沈下橋は四万十川流域にかなりありますが、その中でも代表的なもののひとつではないでしょうか。

このアングルから撮るのが、一番よく目にするものです。
ただ、残念なことに、何年か前に、沈下橋の上に電線が張られてしまいました。


ランキングに参加中、ぽちっと押していただけると、やる気が出ます。


関連記事
スポンサーサイト



田舎で土地を買うのは大変だあ!!その6


初めての方はこちらをどうぞ。

その1
その2
その3
その4
その5

ところで、どんな土地を購入したかと言うと、もう何度か紹介しましたが、これまでのものは、最初の頃とはかなり地形が変っています。

何故変わったのかは、またの機会に紹介するとして、最初見たときは、こんな感じでした。

畑の初見

まさに、荒地。


もう土地がどんな感じになっているのかさえ分かりませんでした。
よくこれで購入したなあ、と今更ながら思います。

ともかく10年以上耕作放棄された土地なので、元は田んぼだったのですが、単なる湿地帯になっていました。

広さは、3000坪くらいですかな。

広いですよね。

確かに、広いです。

でも、道が無い、道が崩落しているなどの理由で、実際に使えそうなのは、1000坪もないくらいだったと思います。

まあ、飛び地の無駄な土地が多かったということです。

昔田んぼだったけど、今は杉や檜が植わっている所も沢山ありました。



何十年か前に、国の林業政策で、農地などに杉檜を植えることが奨励されていた時期があり、植えれば植えるだけ、補助金が出ていて、その頃、農地が大量に山林化したらしいです。

ただ、その後の木材価格の下落で、殆どが間伐もされない荒れた林になってしまったのです。このことに関しては、またの機会に詳しく書くとして、私が買った土地も、案の定杉林になってしまった訳です。

じゃ、何が気に入ったのでしょうか?

敢えて言えば、



です。

そう、土地の感じがすごく気に入ったのです。

荒れた土地で、使えそうな土地も思ったほど広くなかったけど、山奥でした。しかも、周囲を見渡しても、自分の敷地外で人工物が殆ど見えない。もう、周囲を山に囲まれた谷にぽつんとある土地だったのです。

山奥に棲息したかったので、まさにピッタリだったのです。

つづく


四万十川、今日の一枚。

四万十川(江川崎)

場所は、高知県四万十市西土佐江川崎です。

江川崎は、名前の通り、四万十川の本流と最大の支流広見川が合流する所です。

ランキングに参加中、ぽちっと押していただけると、やる気が出ます。


関連記事
| 2007.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2007年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ