僕が四万十川に移住した理由6

その本の題名は、「ほどほどに食っていける、百姓入門」だったと思います。
「ほどほどに食べていける」という言葉に惹かれて読んでみると、養鶏と野菜を組み合わせた複合農業による百姓経営について書かれていました。現在は、移住希望者にはかなり知られた経営方式ですが、その当時はまだあまり扱われた事例がなく、新鮮でした。

そして、こんな方法ならば、自分でも出来るのではないだろうか!、そんな思いをもてるものでした。

しかも、さらにこの本を読んでみると、著者は四国の愛媛の方で、農業研修塾を主宰しているということ。

そこで、一度この研修塾を訪れてみることにしました。

・・・

実を言うと、この時点では自転車しか移動手段がなかったので、ホンダのリトルカブを購入し、それにまたがって四国に上陸しました。

関連記事
スポンサーサイト



| 2007.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2007年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ