スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして農家は飛び地で田畑を持っているのか?

2009.04.17 00:44|山奥での日々
さて、今回は、「農地復元不能の森林・原野化???」の続きです。

日本の農地が耕作放棄され、原野化・森林化した原因の一つに、山間の農地が採算性を確保するのが難しい条件があると指摘しました。

そして、これをさらに困難にしているのが、各農家が飛び地で農地を保有しているということです。

我が奥の家の農地もそうですが、とりわけ山間の農家は、一箇所にまとまって田畑を所有していません。

自宅の周囲にはまとまった農地があるのですが、その中にも、ポツンポツンと他人の農地が混ざっていることが殆どです。

これ、今になってみると、すごく使いづらいです、実際。

自分の農地に機械を入れようとして農道を造成しようとしても、他人の土地を通らないとどうにもならないケースが結構ありますし、境界線や水利権や日照権などがあるので、乗り越えないといけない障害が結構あります。

ちなみに、これらの境界線を侵すと、後でとんでもないトラブルが起こります。

つまり、ただでさえ狭く入り込んでいる田畑なのに、その所有者がまばらであるのです。

しかも、過疎高齢化が進んで、土地の権利者が死亡して、所有者が所在不明の場合も多いですしね。

まあ、それはさておき、どうしてこんな不便な農地の所有状態が起こったのでしょう?

これには、ちゃんと理由があります。

嘗ての山間農業は、集落単位での共同作業で農業を営んでいました。

その時、山間の農地の場合は、上流から下流(逆もあるのかな?)にかけて、順々に田んぼの作業をしていました。

代掻きにしても、田植えにしても、収穫にしても・・・・

まあ、ともかく各農家が自分の農地だけをやるのではなく、お互いに手伝いながら、その集落の田んぼでお米を作っていたわけです。

こういう場合、各農家の田んぼが一箇所にあるメリットは殆どなく、むしろ分散している方が水利権などでトラブルが少なくなります。

それから、上流から下流に田んぼが分散していることで、干ばつや災害や害虫被害など・・・様々な天災のリスク分散をすることが出来ます。

下流の田んぼが水害で流されても、上流が無事ならば、どこかの農家だけが収穫ゼロにはならない、と言うような感じで・・・・

そう、山間の農家が飛び地で田畑を所有しているのは、リスクヘッジのためなんですよね。

う~~~ん、見事な知恵ですね。

ですので、嘗ての農地の所有関係の話を聞くと、あそことここの田んぼを交換した・・という話をよく聞きます。

嘗ての農業の形態だと、一箇所にまとまって農地を所有しているよりも、適度に分散している方が都合が良かったので、敢えて農地を交換して、分散を促進さえしていたのです。

機械を使わない農業ならば、田畑の大小や形態はあまり重要な要素にはならないですからね。

と、まあ、こんな感じで農地の権利関係が複雑化したのですが、現代になって、農業の機械化、過疎高齢化が進行して、今度は、これがとても使いづらい要因となってしまったのです。

そして、一度こういう農地が原野化・森林化してしまうと、その権利関係の複雑さもあって、ほぼ手の付けようが無くなってしまうのです。


                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、20位くらいです。 応援よろしくお願いします。


スポンサーサイト

農地復元不能の森林・原野化???(後編)

2009.04.13 23:44|山奥での日々
さて、前回の続きです。

森林化した農地を復元するための機械を揃えることが出来た私奥の家♂は、早速開拓に取り掛かりました。

根切りチェーンソーは、1週間だけ貸してくれたので、この間に何とかしないといけませんので・・・

まあ、このチェーンソーを借りる前に、農地に植わっていた杉は、ほぼ切り倒して、鶏小屋の材料に使ってしまっていましたが・・・・

まずは、ユンボで農地に入って、根っこをどんどんとって行きます。

しかし、農地の端っこの石垣沿いにある根っこは、ユンボで強引にやると、石垣を崩してしまって元も子もなくなくなるので、根切りチェーンソーで、予め根っこを切って置き、それから引き返します。

・・・・・こういう作業を繰り返すと、結構あっという間に出来てしまいます。

さすが文明の利器!!

百人力どころの話ではありません。

・・・・・・森林・原野化した農地の復元は可能、それも簡単に????

ここからが話の本番です。

すごい長い前触れですね(笑)。完結編になるまで前振りですから・・・・

さて、森林化した農地が順調に復元できたのかと言うと、全然そうではありません。

そもそも、ユンボが入らない(泣)

段々畑、しかも積み石しただけの段々畑は、ユンボの加重に耐えられません。

ユンボというのは、アームを使えば、段々畑のような階段状の斜面なんて、楽々登っていけるものなのですが、土台となる石垣が弱いと、それがユンボの加重で崩れてしまって、登れません。

まあ、石垣壊せば楽勝ですけど・・・これでは意味がありませんので・・・

つまり、そういうことなのです。

森林化や原野化してしまった農地というのは、もともと農地としての条件が悪かった土地だったので、一旦荒れてしまうと、復元するのに多大な労力と費用がかかってしまう、しかも、たとえ復元したとしても、いびつな形をしていたり農道が狭くトラクターが入れなかったり、等々の悪条件があり、とても採算性が見込めないような代物なのです。

日本のような山ばかりの島国で、大規模化が可能な条件の良い農地は、宅地や商業地に転用されるものはあっても、原野・森林化することなく、今でもちゃんと農地として使用されています。

山間の段々畑のような過酷な条件の農地から順々に原野・森林化して行っているのです。

まだまだ、原野・森林化した農地の復元を困難にしているハードルはあります。

日本の農家というのは、基本的に田畑を飛び地で持っています。

つまり、一箇所にまとまって持っているのではなく、その集落の人が皆、農地を複雑に分散しながら所有しているケースが殆どなのです。

私奥の家♂が購入した農地もそうでした。

全部で1町ぐらいあっても、3反くらいのまとまりが3つに分散してあって、それぞれの農地を行き来するのに、歩いて、3、4分はかかります。

これ、農地の復元のハードルを滅茶苦茶あげてしまっています。

どうしてかというと、・・・・・長くなったので、続きはまた明日にでも・・・・

でも、完結編まで行ってしまったなあ~~~まさに、無計画(笑)

                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、20位くらいです。 応援よろしくお願いします。







農地復元不能の森林・原野化???(後編)

2009.04.13 01:36|山奥での日々
さて、今回は、「農地復元不能の森林・原野化???」の続きです。

森林化した農地の復元をやってみたことがある私奥の家♂なのですが、もちろん素手でやったわけではありません。

スコップと斧とツルハシで頑張るという手もあるのですが・・・・というか、昔の人は、皆こうして山を切り開き、農地を作っていったんですよね。

そういう意味では、たとえどんなに農地が荒廃しようとも、それが復元不能ということは無いはずなのです。

同じ人間なので、昔の人に出来て、今の人に出来ないはずはないですから・・・・

というわけで、これでやってみようかな!!!と一瞬だけ思いました。

やり方は、単純です。

農地に植わっている杉を切り、それを片付けて・・・・

残った根っこの下を掘って穴を掘り・・・・・数ヶ月間乾燥させて・・・・

根っこの下で火を焚き、根株を焼き尽くす・・・・

はい、農地復活!!

・・・・・

・・・・

・・・

・・



書いたら簡単そうですが、これ、1人でやったら・・・・気が遠くなるくらいの労力と時間を要します。

私が農地復元を試みた森林化した段々畑の面積が200坪くらいだと思いますが、そこに植わっている杉の木が・・・多分、数十本はあった筈です。

・・・・・・

・・・・

・・



さすがの私も、これをスコップとツルハシと斧で切り開こうとは思いませんでした・・・・それだけに集中して日々の仕事をやったとしても、数ヶ月はかかったのではないかと・・・鶏の世話とか日々の仕事をやりながらだと、数年仕事になりそうでしたね。

・・・・・昔の人の苦労が偲ばれます。

まあ、それはさておき、現代に生きる私奥の家♂には、昔の人のような集団的な人海戦術が出来るような状況がない代わりに、文明の利器があったので、こちらを活用しました。

具体的には・・・・

まず、チェーンソー!!
  →これ、木を切るのに使います。

さらに、ユンボ!!
  →これ、根っこを掘り起こすのに使います。

11.30ユンボ

このユンボをどうして持っていたかは、「ユンボに悪戦苦闘する」をお読みください。

後、もう一つ重要なツールがありました。

それは・・・・通称、根切りチェーンソーというやつです。

これは、相当な優れもので、土の中に埋まった根っこを切るのに使います。

通常のチェーンソーは、木では無いモノ、そう土や石などを切ると、あっという間に壊れてしまいます。

この根切りチェーンソーというのは、土を切っても、その土の中に小さな小石があっても、全然大丈夫なので、根株を取り除いたりする時に特別仕様のチェーンソーです。

まあ、エンジンパワーがすごいのと、チェーン刃が特殊鋼で出来ているらしいです。

ですので、とても高価ですし、チェーン刃をヤスリで研ぐことが出来ないので、メンテナンスにもお金がかかります。

もちろん、こんな高価なものを買うことは出来なかったですし、ましてやタダでくれる人などいるわけありません。

ユンボはもらいましたけど・・・・(笑)

じゃあ、どうしたかというと、ちょうど農機屋さんにデモ機があったので、好意で貸してくれたのです。

う~~ん、マジでラッキーでした。

まだまだ続く・・・・

                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、20位くらいです。 応援よろしくお願いします。


農地復元不能の森林・原野化???(中編)

2009.04.11 00:36|山奥での日々
さて、前回の続きです。

日本中で、耕作放棄された農地が原野・森林化して復元がほぼ無理な状態にどんどんなっているわけですが、そもそも原野化は簡単に分かると思いますが、なかなか理解できないのが森林化の方だと思います。

そう、農地の森林化!!・・・どういうこと??

これ、実際に現場を見てみると分かりますが、殆どが杉檜が植わっています。

私が購入した農地も、7割くらいがこうなっていましたから・・・

森林化

ちなみに、残りの3割くらいが原野化しておりました。

原野化

こういう原野で残っている場合は、まだ復元は可能で、実際今使っているのは、この部分ですから・・・

でも、この状態でも、復元はかなり大変です。

昔の山間の農地は、殆どが段々畑なのですが、この石垣が結構崩れていることが多い。

どうして崩れてしまうのかというと、イノシシが根っこを食べるために、掘り起こしてしまうからです。

イノシシの力・・・・滅茶苦茶すごいです。

一晩にして、畑の土が完全にひっくり返されるくらいで、石垣なんかも、いとも簡単に崩していきます。

原野化された農地の場合、この石垣を直して、溝などを掘って排水をしっかりすれば、それなりに使えるようになります。

まあ、昔の山間の農地は、殆ど機械が入ることを想定していない作り方をしているので、トラクターどころか小さな耕運機さえ入らないような農地が結構あります。

私が買った農地がまさにそれで、ともかく運搬に苦労しました。

野菜の収穫もそうですが、鶏糞の運搬がかなりきつい・・・量が量ですからね。

原野化した農地が耕作不能とされるのも、恐らくこの使い勝手の悪さからでしょう、きっと。

ともかく、現代の機械化された農法を実践しようとすると、本当に使い勝手が悪いのです、原野化した農地というのは・・・

さらに、これに追い討ちをかけたのが、イノシシ、シカ、サル・・・の被害です。

話がだんだん逸れて来たので、ここで戻しますが、一度森林化すると、農地としての復元は、本当に難しいです。

これ、原野化の比ではありません。

たとえ木を切っても、根っこが残りますからね。

実を言うと、私奥の家♂は、この森林化した農地の復元を試みたことがあります。

山奥暮らし10年にもなると、色々とやってみているのです(笑)。

農業で生計を立てていこうと思う人からすれば、農地に杉や檜が植わっているのは、とてももったいなく感じます。

それに、杉や檜が上に伸びると、ただでさえ山間で山が迫って来ていて日照条件が悪いのに、さらに日陰を作ってしまうので、切った方が良い場合が多いのです。

というわけで、私も、森林化した農地の一部を切り開いて、農地として復元してみることを試みてみたのです。

次回に続く・・・・


                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、20位くらいです。 応援よろしくお願いします。






農地復元不能の森林・原野化???(前編)

2009.04.09 01:05|山奥での日々
突然ですが、ちょっと気になる記事がありました。

13万ヘクタールが農地復元不能/耕作放棄で森林・原野化

 農林水産省は7日、耕作が放棄された農地の実態に関する初の全国調査結果を発表した。現状で耕作に使えない農地は約28万4000ヘクタールと推計、うち琵琶湖の面積の約2倍に相当する約13万5000ヘクタールで森林・原野化が進み復元が実質的に不可能であることが分かった。
 農家に耕作の意思がない農地は38万6000ヘクタール(2005年農林業センサス)とされていたが、手入れされない農地の荒廃が急速に進んでいることが初めて明るみに出た形。農水省は食料自給率向上のため、耕作放棄地の営農再開を推進しているが荒廃は大きな壁となり、抜本的な対策が求められそうだ。
 調査は08年度に実施した。農地がない地域などを除く1777の市区町村や農業委員会を通じて、現状のままでは耕作に使えない状態の土地23万1000ヘクタールを確認。これに調査未了分も勘案し、全国で28万4000ヘクタールが耕作に使えなくなっていると推計した。
 このうち、草刈りや整地を行えば復旧できるのは8万2000ヘクタール、復旧に大規模な基盤整備が必要なのは6万7000ヘクタール。
 森林や原野になっており、農業利用が著しく困難とされた農地は市区町村からの報告で10万5000ヘクタール、推計分を加えると13万5000ヘクタールに達した。この面積は耕作放棄地などを除く全国の耕地463万ヘクタールの3%に匹敵する。うち農業委員会が既に認定した分を含め、3万7000ヘクタールが「非農地」になったと推計している。

ソース:愛媛新聞


最近、派遣切り問題から、雇用の受け皿として農林漁業が注目されています。

これ、これまでにも何度か取り上げましたが、現場で実際にやっている人間からすると、相当に??????なのです。

漁業のことは殆ど分かりませんので、農林業について話しますが、雇用の受け皿には殆どならないでしょう。

ただいま、日本の農林業というのは、本当に深刻な状況にあります。

この記事にあるように、耕作放棄地が増えているだけでなく、森林・原野化も進んでいるわけです。

農地復元不能の森林・原野化???

と思われるでしょうね、現場を知らない人は・・・・

奥の家の農場の面積は、1町・・・まあ、およそ3000坪くらいですかね。

これ、都会の人に言うと、すごいね!!と驚かれます。

まあ、私が最初に購入した時も、同じように思いましたから・・・・

何気に・・・・地主さん(笑)

でも、すぐに気付くのです。

この中で、実際に使える土地はどれくらいだろう???

さあ、我が農場で実際に使用している面積はどれくらいだと思いますか?

・・・・・

・・・

・・



せいぜい、2反・・・・600坪程度です。

これが現実です。

もう少し範囲を広げて、農場のある小さな谷間の農地すべて・・・多分、4町(12000坪)ぐらいあると思うのですが、この中で、実際に農地として使用されているのは????

・・・・・・

・・・・

・・



やっぱり、2反程度です。

まあ、私以外使っている人がいないんです、実は!!

そう、まさに景色を独占状態!!

これは、これで、すごいと思いませんか(笑)。

私がおよそ10年前に移住して来た当時は、もっと田畑が使われていたのですが、10年経って、残ったのは、私のみ・・・・・

あと、10年、20年したら・・・・

それはさておき、この耕作放棄された農地は、殆ど復元することが出来ないでしょう。

正確には、時間と労力をかければ、農地として再生することは可能です。

でも、これ、膨大なものとなります。

どうしてだと思います??

・・・・・続きはまた明日に・・・・

                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、20位くらいです。 応援よろしくお願いします。





| 2017.03 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。