スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えが煮詰まったら・・・・

2013.12.05 00:19|思索
12月1日は、武者伝走という駅伝イベントに参加しました。

走ると言っても、私が走った区間は1.8キロぐらいのコースだったので、すぐに終わりました。

42.195キロ・・・一生走ろうとは思わないだろうな・・・根がインドアなんで、こういうタイプのものに熱中するということはないのです。

まあ、距離というか、目標を持って走ろう!!とは、思わないだろうな・・・多分。

今までの人生で、自分の意志でしっかり走ったりしたのは、大学院生の頃だったかな?

あの頃は、本当に寝るか本を読むか・・という生活だったのですが、内省的に入り込むと、何処かで行き詰るんですね。

いわゆる、考えが煮詰まるというやつです。

こんな感じでしたから・・・

自画像

で、そうなると、気晴らしに走る訳です。

あまり内省的に没頭し過ぎると、逆に思考が停止してくるんですね。

身体が弱ると、そのまま思考も弱まって来る・・・実を言うと、これが非常に重要な原体験となって、自分自身の哲学的な答えに繋がったのですが・・・・

それはさておき、精神と身体というのは、バランスが大事で・・・まあ、そもそも脳というのも筋肉の塊のような身体ですからね・・・このバランスを良くするには、思考力を高めようとすれば、それに伴って、身体力も高めて行かなければならないということです。

というわけで、身体を鍛えるというのは、私にとっては、別に何かを競うとかではなく、思考力を高める為の手段に過ぎなかったりするわけです。

で、私にとって養鶏の仕事がよかったりするのは、仕事でありつつ、毎日の日課で汗を流せることです。

時間的に節約できる場合は機械化したりもするのですが、ただ単に身体的に楽だから・・・という理由だけならば、機械化は敢えてせずに人力でやるようにしています。

ニワトリさんの飲み水みなんて、バケツで川から汲んでいますから・・・

仕事がデスクワークオンリーだと、どうしても身体を鍛える時間を別にそれだけの為に設けないといけないので、非効率です。

お金払って、ジムでトレーニング・・・となると、さらに・・ですね。

私にとっては、お金を稼げて、トレーニングが出来て・・・これはこれで、とても効率的なのです。


・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
スポンサーサイト

自己管理能力と人生の時間割能力と・・・・

2013.09.13 03:16|思索
東京オリンピックが決定しましたね。

東京への一極集中が加速するのかな?

まあ、加速するでしょうね。

四国の片隅に移住して実感したことの一つに、すべての道は東京に通じる・・・ということです。

この言い方は、ちょっと違いますね。

車移動ならば、東京は遠い。

一度、軽トラで東京に帰った時は、あ~~~本当に遠かったです。

しかし、飛行機を使えば、近いです。

今は、日帰りできますからね。

飛行機ならば、便数が多いので、これが可能な訳です。

で、地方から地方への移動というのは、本当に大変です。

一度、島根の石見銀山に行った時など、本当に遠かった・・・

屋久島なんかも、そうでした。

あれは、途中で一泊しないと行けなかった・・・

そんなことが思い返される今日この頃です。

まあ、それはさておき、久々のブログ更新です。

キャニオニングのハイシーズンも過ぎ去り、少しずつ静かさを取り戻して来たのですが、私の場合は、オフシーズンというものが無いので、というか、ここからがね、大変だったりします。

デスクワークが・・・

身につまされる記事がありました。

フリーランスは社畜以上の“仕事の奴隷”になる危険も~休みを取る力

フリーランスって自由なようでいて、実は会社員より“仕事の奴隷”になってしまう可能性が高い。第一に、代わりがいないから全部自分でやるしかなく、休みが取りづらくなる。第二に、会社員と違って休めば収入がゼロになるので、不安から働き続けてしまう。だから意外と会社員の方がしっかり休みがとれて、その間に旅行とか好きなことができ、フリーランスになると休みという概念がなく、すべてのスケジュールを仕事で埋め尽くそうとしてしまいがち。時間が自由なようでいて、土日も深夜も休みも関係なく、仕事に追われる不自由人になってしまう危険がある。

あ~~本当に私って、そうだなぁ~~~

フリーランスが性に合っていると思うのですが、何も保障などなく、ギャンブルのようなリスクを負って道を切り拓いていかなければならないので、どうしても休みが取れなくなってしまうんですね。

養鶏にしても、土石流で一晩ですべてが押し潰されたりした経験もあり、これで大丈夫!!という意識になれない性があります。

特に、背負わなけばならないものが大きくなればなるほど、この意識が大きくなるんですね。

しかし、仕事に埋没するというのは非常に危険で、視野が狭くなってしまうことになりがちです。

会社を見限り、フリーになる人も今後増えていくだろうが、くれぐれも目の前の仕事(ギャラ)だけに時間に追われまくり、“仕事の奴隷”になってしまわないよう、休みをとったり、仕事以外の時間を持ったり、いろんな人と会って話をしたり、将来の仕事につながるような種まきをしたりした方がいい。でないとつぶしがきかなくなり、仕事の幅が広がらなくなり、結局は使い捨ての「社畜」と同じ、目先の単純作業だけに追われ、時間なく人生を楽しめないまま、都合のいいところで捨てられる存在になってしまう。

本当に、その通りです。

まあ、種まきばかりしていても駄目なんで、これもバランスが大切だと思うのですが、なかなか難しいです。

何はともあれ、休みを取る力・・・これが重要だと思う今日この頃です。

しかし、私の場合、何をしたら休みとなるのだろうか?

旅行しても、アウトドアしても、農作業しても、木工作業にしても、パソコンしても、インドアしても、子供と遊んでも・・・殆ど仕事がらみになってしまうな。

読書も・・・・まあ、哲学書を読むのが一番の休みかな?

一日一時間の読書時間を持つ・・・こんな目標を数年前に立て、このブログでも宣言したのですが、全く出来ていませんね・・・泣

今は、1時間の読書ができるならば、その読む本は・・・資格取得本になりそうで・・・泣

本当に、悲しい性だ~~~

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング

再構築・・・ですね。

2013.08.03 23:59|思索
8月ですね。

日々がまさに光速で過ぎ去っている感じがあります。

10代と40代とでは、時の流れのスピードが違うみたいです。

油断していると、あっという間に人生終わってしまうだろうなぁ~~。

私が養鶏を始めた頃に、鶏の飼育について夏休みの課題として取り上げてくれた小学生がいたのですが、先日十数年ぶりに会ったら、髭を生やした精悍な青年になっていました!!

本当に、うかうかしていると終わってしまうので、やれる時にやれることをやっておかないと!!ですね。

今年の冬には、果樹栽培に取り組むのが新しい取組みかな?

もちろん、身体は一つなので、何かを始めたら何かを辞めなければならないケースが殆どです。

一旦作ったものを壊し、組み直して作り直す・・・再構築ですが、人生というのは、再構築の繰り返しみたいなものです。

作ったものを壊す・・というのは、非常に勇気がいることですが、それが必要な場合というのがあります。

哲学的に言えば、コペルニクス的転回が必要な時があるのです。

時間は限られていますから、この制約の中で、何かを成し遂げようと思えば、作ったものを壊し、壊したものから作り直し・・・これを繰り返すことでした、時間という制約の中で、最大限の成果を得ることはできません。

さてさて、何を壊し、何を刷新するのか?・・・・


・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング

転機は、夏に訪れる・・・

2013.07.19 23:30|思索
今月ももう終盤戦・・・で、今月初のブログ更新です。

思い起こせば、1999年7月5日に、原付バイクで東京を出て、単身四国に来ました。

あれから、14年が経ちました。

本当に色々なことが起こりました。

これからも色々なことが起こるでしょう、多分。

四国に来たのが20代最後の歳で、14年という歳月を経て、今は42歳です。

42歳です。

この14年の間にも、人生の転機と言える出来事は幾つもありました。

不思議とそれは夏に起こることが多いです。

何でだろう?

今年の夏にも、大きな転機が訪れました。

この転機がどういう意味を持っているのか・・・これは、今はよく分かりません。

自分自身の選択が正しかったのか間違っていたのか・・・これも、今はよく分かりません。

きっと、5年後、10年後に、それが分かる時が来るのでしょう。

人生、山あり谷あり・・・です。

平坦な道を望んで生きられない性分であり、また、それが許されない運命なのかもしれません。

何はともあれ、前を向いて先に進むしかない。

やらなければいけないことは、山積しています。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング

読書と経験と反芻と・・・

2013.06.29 07:13|思索
ここのところ、梅雨そのものですね。

しかし、7月です。

キャニオニングのハイシーズンも、もうすぐです。

7月は、もう昨年の7月以上のご予約を頂いております。

ありがとう御座います。

スタッフだけでなく、色々な方がご協力してくださり、その手ごたえが日々実感できています。

さあ、今シーズンも、事故無く、沢山の方に滑床渓谷キャニオニングを楽しんでいただけるように、鋭意努力して行きたいと思います。

私も、シーズン前に、しっかりダイエットしました!!!

まあ、あともう少し落とさないといけないのですが、これからです。

本題に入りますが、ここのところ、資本主義と社会主義ということについて、考えさせられています。

どちらかと言うと、社会主義の方がメインですが・・・

社会主義と言っても、これまた色々とありまして、話し出したら切りが無い。

哲学をしていた20代の頃は、ここら辺の書籍もかなり読んだのですが、どうもしっくり来なかった。

共感ということではなく、机上の空論、砂上の楼閣のような感があったのを覚えています。

こういう思想に基づいて行動するという基準がイメージできなかったのですね。

で、最近ですが、あ~~~こういう人はいるんだなぁ~~と実地で体験して、嘗て読んでも、あまりリアルに感じられなかった書籍のことが妙に頭に思い浮かばれて来ました。

おそらく、今読んだら、きっとスラスラ頭の中に入って来るのだろうなぁ~~という予感があります。

日本の場合、「哲学なんか理屈っぽいだけで、何の役にも立たない」という風潮が大勢であったりして、机上の空論をあれやこれや作っているだけ・・なんていうような評価を受けたりします。

確かに、アカデミックはそのような感がないでもない、というか、往々にしてそうだと思います。

本との対話は重要ですが、それは、やはり実地の経験に裏打ちされなければ、机上の空論を出ない。

本を書いた著者は、実地の経験に裏打ちされたことを書いているかもしれません。

名著と呼ばれるものは、まず間違いなくそうです。

しかし、読み手の方は、その本の著者の経験を共有しているわけではないので、自分の経験の範囲内で、それを解釈して行くわけです。

どんなに精確に読もうとしても、それは何処まで言っても解釈に過ぎません。

著者と読者が別人格で、経験が異なる以上、そこには完全なる同一などあり得ません。

それでも、本を理解して行くには、自分の経験値を上げていくしかない。

自分自身が何と出会い、何を経験するか、その経験値が高まれば高まるほど、解釈の幅が拡がり、著者の考えに近づける・・・・それどころか、経験値が超えて行けば、それを凌駕して行く・・・弁証法的に言えば、アフヘーベンというやつです。

社会主義というものにリアルさを感じられていなかったのが、全くそんな主義のことなど知ってもいない人と関わることで、あ~~こういう考えなんだ、と理解できるようになったのです。

もちろん、こういう視点を持てたのは、予めそういう本を読んでいたからこそ、理解できなくても理解しようと努力した経験があったからこそ、なのです。

そういう意味で、やはり本との対話というのは、必要なのです。

本は、とりわけ名著というのは、分からないから読まない、捨ててしまってよいというものではない。

分からなくても読んでみる、そして、経験を積んだ後に、再び読む・・・この繰り返し、そう、反芻するということが肝要なのです。


・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。