スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山北のキャンプ場の事故・・・

2014.08.05 21:47|農場日誌

流された母子3人の遺体発見 神奈川・山北のキャンプ場

父が語る“後悔” 山北町キャンプ場事故

本当に身に詰まされる事故(事件?)です。

何とも言葉にならない・・・・

生き残った父の気持ちを思うと・・・

父親を責める気にはならない・・・ほんの少しの判断ミスが命取りになる・・・たまたま運よく事故にならずに生きている・・・そういう経験をしていない大人はいないでしょう。

私自身、そういうヒヤリハットは数知れず経験して、たまたま無事に生きていますが、判断ミスで死にかけていた、と振り返って身震いすることは、本当に何度もあります。何度も・・です。

危機とさえ気づいていない危機もあったと思います。

5分前には渡れたけれど、さらに悪化した状況をみて、川を渡らず、中洲の高台に移動して、レスキューを呼ぶ・・・こういう判断をすべきだったのでしょうが、まだ行けるんじゃないか、という誘惑を断ち切るのは難しいものです。

リスク管理をするには、経験値を上げて行くしかない。

判断ミスを反省し、その対処法を積み重ね、フィードバックして行くしかない。

それでも、プロの山岳ガイドだって、事故を起こすことがあるように、事故は起こります。しかし、経験値が高ければ高いほど、そのリスクを回避することができます。

キャニオニングガイドとして、肝に銘じないといけないことです。

ただ、この事故(事件?)は、キャンプ場の運営面からして、おかしい。そもそも中洲にキャンプ場なんて、どうかしています。

キャンプということは、一晩泊まるということを前提にしていて、大雨が降ったら、水位なんてあっという間に変わることは、ずっとそこにいる運営者だったら分かって当然のはずです。

百歩譲ってキャンプ場の設置を認めたとしても、中洲を拡張して、また削れたら、重機で戻して・・を繰り返していたそうですが、それならば、増水時に危ないことが予知できる経験値は十分に持てたはずで、中洲が危険な状態になることを事前に予知して、その時はそのキャンプ場の使用を止めるような管理はしなければならないはずです。

例えば、土砂災害の起こるリスクのある場所に住んでいる私ですが、そこに住むのを避けるのではなく、そこ住み続けるならば、やはり土砂災害の起こりそうな時には避難するようなことをしなければならない・・・この場合ならば、行政が避難勧告を出しますね。

何も指示も出さずに、中洲のキャンプ場の使用をさせていたのならば、これは管理責任を問われるでしょう。

もう麻痺していたのかな?

これも、実を言うと、身に詰まされます。

事故の翌日も通常の営業をしていたそうですが、事業運営をして規模が大きくなって行くと、そういう感覚が麻痺してしまうのでしょう。

年数を重ねると、それだけで経験値が上がったと判断し、今まで大丈夫だったから・・という油断を招きます。

1万分の1の確率で起こるリスクだったとして、その1回はいつか起こるのです。

今まで大丈夫だったから・・・これは、重要な経験ではありますが、それが安全を保障するわけではない。

そのことを心にとめて置かないといけない。

これはこれで、すごく難しい。

事業規模が大きくなると、責任の所在も分散しがちになり、それが判断ミスを起こしやすくもします。

本当に色々と考えさせられました。

最後に、亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
スポンサーサイト

ネズミもネコもモグラも飼った覚えは無いのだけれど・・・

2013.05.09 23:33|農場日誌
養鶏やっていると、ネズミは本当に厄介者です。

餌を食べに来て、それを放置していると、どんどん増殖して・・・

ネズミ算とはよく言ったものです。

本当に、何にでも穴を開けて・・・

至る所が穴だらけになります。

家では、天井裏をトコトコ歩いて・・・

全く困ったやつです。

そんなネズミを食べるのがネコです。

とはいえ、我が家はネコは飼っていません。

犬は1匹いますけど・・・全くの役立たず!!

全くネコ派ではない私は、ネコには全く興味が無いので、ネコを飼う気は全くありません。

無いのですが・・・・先日気づきました。

農場にある倉庫に入ってみると、どうもネコが出入りしている。

んっ、ネズミを狙っているのかな?

こう思って、まあ放っておいたのですが、ふと見ると・・・

子猫が2匹・・・いる???

んっ???

ありゃ、ここを巣にして、子育てしているんですね。

全く家主の断りも無しに、何居座っているんねん!!!

まさに不法占拠!!

こいつら、どうしたものか???

というか、餌はどうしているんだろう???

やっぱりネズミ???

しかし、色々なものが勝手に入り込むなぁ~~

以前、ここに住んでいた時は、タンスの中に蛇が住んでいたし・・・

蛇がタンスの中にいました・・・汗

そう言えば、家でパソコンに向かっていると、どうも窓の外でゴソゴソ聞こえます。

なんだろう???とずっと疑問だったのですが、ようやく正体が分かりました。

落ち葉の影から顔を出したのは・・・

モグラ

でした。

お~~生きたモグラを見たのは初めてです。

そんな所に住んでいるんだね。

しかし、厄介者ばかりだなぁ~~

そのうち、パンダとかツチノコとかカワウソとか・・・

すごい話題なって、ちゃんと利益を運んでくれそうな生き物が来てくれないかな~~~

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング

竹の子だらけ・・・・

2013.04.29 00:39|農場日誌
昨日ですが、農場の脇にある竹林を見てみたら・・・・わんさか竹の子、というか、もうすぐ竹になる寸前の竹の子のでっかいやつがどんどん伸びていました!!

うぁ、これはまずい!!

このまま竹の子が竹になってしまったら、通行の妨げになって、かと言って、竹が密集してから間引いて切ろうとしたら、とんでもなく大変な作業になる・・・・汗

ということで、急いで鎌を持って、竹の子もどきをちょんちょん切って行きました(大汗)。

あ~~危なかった。

もう竹の子なんて出て来ないと高をくくっていたのですが、とんでもなかったです。

ここ数年は、猪によって、竹の子はほぼすべて食べられていたので、竹の子の心配をするよりも、猪が掘り返した穴やら、落とした泥が水路を塞ぐことが悩みの種でした。

今年は、そう言えば、そういうことはないなぁ~~と思っていたのですが、その代わりに竹の子がわんさかです。

まあ、思い当たることはあります。

猟師さんが農場の周りを囲うように、沢山ワナを掛けていますので・・・・

知らない間に、沢山獲ってくれたようです。

確かに、ここ最近は、猪だけでなく、全く鹿の姿も見なくなりました。

以前は、夜に農場に行くと、鹿の目が光って・・・・だいたい少なくとも10匹ぐらいはいたのですが、最近は一匹も見ません。

これは、本当に有難いです。

猪がいると、建物の中にある米ぬかすら、シャッターを破って盗りに来たりしますしね。

鹿は鹿で、水路を潰して行くし・・・・

猟師さん、様様です!!!(合掌)

竹の子も、食べ放題になりました!!

まあ、採らないと駄目ですがね!!

今年は、タラの芽も結局採りませんでした。

こちらは、マダニに咬まれるとまずいなぁ~~と思って止めました。

毎年、タラの芽を採りに山に入ると、1匹くらいには必ず咬まれていたので・・・今年は、マダニ媒介の感染症があるということで、止めました。

ワラビも採らなかったので、今年は山菜は殆ど食べられませんでした。

タラの芽は、自家用ぐらいはやはり栽培するかな~~~

まあ、何はともあれ、ニョキニョキ出て来た竹の子をどうするかですね。

お隣のおばあちゃんに聞いたら、今年は、表年ということで、すごい出て来るみたいです。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング

色々と勉強しなければ・・・

2013.04.16 01:08|農場日誌
またまた、ご無沙汰しておりました。

最近、本業の農業について、色々と事業計画を考えています。

あと、25年ぐらいは農業をしたいと思っているのですが・・・以前も書きましたが、70歳を迎えることができたならば、その時は一から全く別のことにチャンレンジしたいと思っていますので、逆算すると、正確にはあと28年ぐらいですね・・・この期間をどう経営するのか、どうもピタッと嵌る感がなかったのですが、最近漸く見えて来た感が出て来ました。

28年・・・長いようで短いです。

養鶏に携わり始めてからもう14年が過ぎ去りました。

当初の予定通りには全く行っていないです、本当に。

あの時は、40年以上の時間が残されていた訳ですが、今はもう28年です。

この28年をこのまま続けてよい筈がない。

果樹栽培で言えば、多分ですが、品目にもよりますが、木の更新1サイクルをできるかどうかという瀬戸際になっています。

私の場合、自分の息子に農業を継がせたいとは全く考えていません。

自分自身が親の商売を継ぎたいと思いませんでしたし、私の両親も親の商売を継いだりした訳ではありません。

地方から東京に出て来て、一からお店を開きました。

ですので、継がせるという発想が思い浮かばないです。

もし息子から継ぎたいと言われたら、自分の手で農場を破壊して行くでしょう。

私がそうしたように、自分で考えて作れ!!と。

先祖伝来の土地を守るということも素晴らしいことだと思うのですが、そういうものがそもそも無い家系なので、そういう発想そのものが出て来ないのです。

敢えて言えば、自分の生き方を継いで欲しい・・・という感じですね。

守るべきものがあるからこその強さがあると同時に、守るべきものがないからこその強さというのもあります。

自分の強みを活かして、作り上げて行くことが肝要です。

という訳で、農場は作り続けるけれど、私の場合は、それは期間限定です。

生きとし生けるものが必ず死ぬように、何事も必ず滅びの時は訪れます。

滅びの時を自分で決められる・・・これはこれで幸せなことではないかなと思っています。

そして、28年後・・・終わりから今やるべき方向性を考え、計画を組み立てて行く訳ですが、どうしたらよいのか、ずっと霧がかかっている状態でした。

まあ、この霧はそうそうクリアにはならないでしょうけど・・・迷ってしまうほど濃かった。

最近、それが一つ吹っ切れた感じです。

5年後を目処に、こうして行こう!!というスタンスの踏ん切りがついて来ました。

明確な目標ですね。

目標ができたら、後はそれを実現する為の手段を考えることです。

色々と勉強しなければ・・・

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング

やっぱり天然の沢水は美味しい!!

2012.07.28 00:04|農場日誌
いよいよ夏本番です。

暑い日になって来ました。

ということで、よく水分を取らないと、本当に熱中症になってしまいますので、小まめに水分を補給しています。

昨年までは、麦茶などを飲んでいたのですが、今年は、もう作るのが面倒になって、水で過ごしています。

家で飲む時は水道水なのですが、農場にいる時は、小川の水をそのまま飲みます。

えっ、と思われるかもしれませんが、これがまた美味しいのです。

家で水道水を飲むのが嫌になります。

天然の沢水は、適度に冷たく、そして、喉越しがまろやか・・・です。

ということで、汗だくになると、適当に小川に下りて、水を飲んでいます。

こういうのは、山奥の醍醐味ですね。

水道・・タダの上、美味しいのですから・・・しかも、飲み放題!!

完全に私専用の沢みたいになっていますので、上流の心配もありません。

そうそう、卵というのは、その大半が水分です。

ですので、飲料水というのは重要で、美味しい水というのはやっぱり卵の味に関係してきます。

そんな自然環境・・・猿や猪や鹿で大変だけど、やっぱり貴重なんだろうな・・・とつくづく思いながら、作業をしていました。

やっぱり、水ですね。

・・・・・・・・今日の徒然でした。


人気ブログランキングへ ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
8位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング
| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。