スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間伐材でログハウスを建てるのはナンセンス?

2007.10.13 23:16|山で木を切るのは大変!!
さて、さて、ちょっとご無沙汰してしまいましたが、最近の作業が2棟目の鶏小屋作りに移ってまいりました。

鶏小屋2棟目

今回は、1棟目の鶏小屋の隣に建てるのですが、まだまだ基礎の段階です。

この様子を見て気付いた方もいるかもしれませんが、今回も解体した鶏小屋の材料を使っていません。解体していて気付いたのですが、かなり木材に腐りと虫が入っていたので、柱などは結局使わないことにしました。使うのは、トタン屋根とかネットなんかだけになりそうです。

まあ、何度も書きましたが、間伐材はとても扱いづらいので、幾らタダと言っても、手間を掛けられる時間的余裕がよっぽどないと使えないのです。

そうそう、壮絶なヒル体験をした房総南東部に行った本来の目的は、間伐材を含めた木材の有効利活用の調査が目的でした。
その調査項目の1つに、間伐材を使用したログハウスの商品化の可能性の調査というものがありました。つまり、杉の間伐材は、山から切り出されることなく、そのまま山に放置されてしまうことが多いのですが、これではもったいない、だから、これを使用してログハウスキッドでも製作して商品化したらどうだ、というアイデアの実現可能性の調査が目的の1つだったのです。

実を言うと、これに関しては、房総に行く前から無理だと思っていました。

確かに、昨日も書きましたが、Iさんは、間伐材を使用してとても立派なログハウスを建造していました。そして、これが如何にすごいことかは、ヒルは別問題として、裏山の間伐材を使用して鶏小屋を建てていた私には、すぐに分かりました。

これだけのログハウスを作るのに、どれくらいの労力を要したのだろう?もしこれを労賃を払って人に作ってもらったら、どれくらいの金額になるのだろう?

確か、ログハウス作成に何年か要したと言っていたので、年収300万円の人を3年拘束したとして、900万円、更に木材以外の材料などの諸経費を考えると、安く見積もっても、1千数百万円にはなろうかと思われます。(実際は、もっとする筈です。)

つまり、間伐材を使った方が高くつくのです。

以前、ログビルダー養成講座というものを企画、開催したことがあります。

ログビルダー養成講座

こんな感じで行ったのですが、使用している杉材は、間伐材ではありません。
趣味で自分の家をハンドメイドしようという人なら別ですが、プロのログビルダーなら、たとえまっすぐの丸太でも、直径25センチ以下のものは使わないと思います。

それは、ログ加工の手間が格段に増えるからです。

実際、直径15センチくらいの丸太を使用したら、加工の手間は、単純計算しても、倍にはなります。つまり、人件費が倍になるということです。それは、そのまま施工コストに跳ね返るのですから、たとえ材料代が半分くらい安くなったとしても、わざわざそんな材を使って家を建ててくださいとお願いする施主はいません。

貧乏な私でさえ、今では角材を買って鶏小屋を建てているくらいですから・・・

杉の間伐材が山から切り出す手間賃さえ出ず、切られてもそのまま放置されてしまうのには、それ相応の理由があるのです。

                                  ・・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川の風景

場所は、高知県四万十町(旧十和村)です。
夕日に照らされた四万十川は、その流れによって面白い模様を醸し出しています。

ブログランキングに参加しています。リキとコテツ
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング  FC2ブログランキング    ↑ は、50位くらいにをうろうろ・・・・
スポンサーサイト

山から木を切り出すのは大変!!その6

2007.09.21 00:06|山で木を切るのは大変!!
初めての方は、こちらをどうぞ!!

その1
その2
その3
その4
その5

さて、山から木を木を引きずり降ろすことができました。

まあ、無茶苦茶大変でしたが・・・

間伐が進んでいけば、当然だんだんと山頂の方にある木を切って行くことになります。したがって、だんだんと降ろす距離は長くなるわけです。

はぁ~~~~(ため息)

ちなみに、プロの林業家は、無論こんなことはしません。
ワイヤーを張って、木を吊るして降ろしたり、作業道を作って運搬車で運んだりします。

むろん、私にはそんなものはありませんので、どんなに高くなろうが、全身を使って、

えいや~~

と降ろしました、何度も何度も・・・・

鶏小屋の全景

なにせ、これの倍ぐらいの小屋を建てましたから・・・
(ちなみに、倉庫の中の部屋もこれで作りました。)

チェーンソーで膝を切りつけたこと、2回(あ~~傷が浅くてよかった)
木から落ちそうになること・・・・
木にはさまれそうになること・・・・

・・・・・

・・・

いや~~~我ながら、なかなかよくやりました・・・

ちなみに、機械無しで木を切り出す技術は、とても奥が深く、面白い技術(マニアには、ですが)なのですが、如何せんそんな技術があるのを知るのが遅かった。

また、機会があったら、今度こそは・・・と思う今日この頃です。

でも、やっぱり角材は楽だなあ~~~とも思う今日この頃です。


ちょっと蛇足・・・

今建てている鶏小屋のすぐ横に、イチョウの苗木が植わっています。
地主さんがこの苗木を避けるなら鶏小屋を建ててもいいよ、と許可をもらっているので、こんな感じになったのですが・・・・

イチョウの苗木

よくよく考えたら、イチョウの木は、のような感じで、結構大きくなるんですよね。

イチョウの木

こうなったら、鶏小屋潰されるなあ~~~、と不安になりました。

この苗木、もう3年くらい前から見ているのですが、土地がやせている所為で、全然大きくなりません。ですので安心していたのですが、よくよく考えたら、鶏飼い出したら、鶏糞が栄養になって、あっという間に大きくなってしまったりして・・・などなど考えてしまいました。

まあ、なるようになれ、です。


四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川の風景

場所は、高知県四万十市西土佐玖木のナロノ沈下橋です。
黒尊川にかかる沈下橋のうち、最下流にある橋です。
丸太が寄りかかっていますが、これは増水時の忘れ物です。

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけましたら、ポチッとクリックお願いします。


人気ブログランキング  FC2ブログランキング  

山から木を切り出すのは大変!!その5

2007.09.17 23:10|山で木を切るのは大変!!
ここのところの雨で出来なかった小屋作りを今日は出来ました。

鶏小屋作り

ようやく、トタン屋根を張るところまで来ました。
今回は、切妻屋根にしたので、屋根の造作に思った以上に手間がかかってしまいました。

でも、片流れの屋根と違って、切妻屋根の小屋は、天井が高くなるし、見栄えがいいので、今回は試しに行ってみました。

まあ、これも角材だからこそ、やる気になる造作ですが・・・
丸太、しかも曲がった間伐材を使っていては、一棟建てるだけで、気が遠くなりそうになります。

本題に入りますが、木を切り、それを倒すところまでは行きました。

次は、この木を鶏小屋を作る場所まで移動させなければなりません。

幸い、鶏小屋の建築予定地のちょうど上の裏に間伐する山がありましたので、単純に上から下へ降ろすだけでよかったのです。

が、切ったばかりの生の木は、

滅茶苦茶重い

のです。

乾燥したものに比して、何倍も重いのです。

ということは、2メートルの丸太にしたとしても、乾燥した材に換算したら、6メートルにも8メートルにも相当するということです。

これを降ろすのは、かなりの重労働です。

というより、そもそも1人で持てるような重さではありません。

じゃ、どうしたのでしょう???

もちろん、もっとも短い柱でも2メートルくらいはあるので、それよりも短くすることは出来ません。

・・・・

・・・

・・



強引に引きずり降ろしました。

もともと急峻な山なのですから、つっかえを無くして上げれば、下には降りて行ってくれたのです。

まあ、下手をすると、これまた足を挟まれたりするので、結構危険なのですが・・・

つづく


ちょっと蛇足・・・・

奥の家♀がのような感じで、バケツで稲を育ていたのですが・・・

バケツ稲

ようやく、収穫していました。

バケツ稲の収穫

普段は、布団が干してある物干しに稲架がけ(はざがけ)がされていました・・・


四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川の風景

場所は、高知県四万十市の勝間沈下橋の付近です。
四万十川の特徴といえば、清流だけでなく、とても入り組んだ蛇行した流れなのですが、この一枚では、その一端が見れます。
対岸の風景があたかも半島か島のように見えます。

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。





山から木を切り出すのは大変!!その4

2007.09.16 22:27|山で木を切るのは大変!!
初めての方は、その1・2・3をどうぞ!!

さて、山に木を切りに行って、いきなり危機的状況に陥ってしまった私、奥の家♂ですが、この状況をどう打破したのでしょう。

とりあえず、切れた幹を全体重をかけて揺らしてみました。

ちなみに、これは、とても危険なので、やめましょう。もし万が一、全体重をかけている時に幹が倒れて、それに挟まれでもしたらよくて大怪我、下手したら死にます。

まあ、私の場合、ビクともしませんでしたが・・・

次に、クサビを打ってみることにしました。
が、そもそも揺らしても全然動かない幹です。今更切り口にクサビを打ち込もうとしても、入り込むわけがありません。

あ~~~幹に挟まれているチェーンソーの何とも哀れな姿・・・・

ここで考えました。

無い知恵を振り絞って考えました。

・・・・

・・・

・・



そうだ!!


ハウツー本にこう書かれていたのを思い出しました。

プロの林業家は、ワイヤーとかを使って自由自在に木を倒して行くと・・・

そう、そう、ワイヤーとウィンチを使えば、幹を倒すことは可能なんじゃないか、と。

善は急げ、です。

もちろん、ワイヤーとウィンチは持っていなかったので、とりあえずDIYに行って購入してきました。
それから早速、切った幹と隣の木の幹にワイヤーをかけ、ウィンチで引っ張ってみました。

動きました(喜)。

まず、チェーンソーが取れました。

それから、更に引っ張ってみたら、木も倒れました。

なせば、なるものだなあ!!

が、まだ木が倒れたに過ぎません。

これから、この木を山から降ろさなければなりません。

つづく・・・

四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川の風景

場所は、高知県四万十町(旧十和村)です。
遠くに見えるのは、芽吹手沈下橋です。
「芽吹手」と書いて、「かやぶくて」と読みます。
が、実はこれは通称で、正式名称は、新谷橋と言います。
入り口の看板にも、芽吹手沈下橋と書いてあるのですが・・・・

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。




山から木を切り出すのは大変!!その3

2007.09.15 23:15|山で木を切るのは大変!!
初めての方は、こちらをどうぞ。

さて、いきりなりにっちもさっちも行かない状況に陥ってしまったのですが、どうしてなのでしょう?

まず、ちゃんと追い口も作って、幹も完全に切断されているにもどうして木は倒れなかったのでしょう?

同じ時に植えられた人工林は、基本的に皆同じ高さに成長しています。
まあ、もし成長の遅れた木があったとしても、それは枯れしまっていますので・・・
ということは、樹下では間隔があっても、樹上では枝と葉が密集して間隔が全く無いということです。そう、周囲の木の枝と複雑に絡み合っているのです。

だから、たとえ樹下で幹を切断しても、樹上では周囲の木の枝に引っかかって、ほぼ100パーセントそのままでは倒れません。

確かに、杉林の端からすべての木を切れるのならば別ですが、ここでやらなければいけないのは間伐です。つまり、杉林に等間隔で植えてある木を交互に切っていかなければならないのです。
しかも、です。のような感じで、しっかり間伐されていたら、もう簡単に倒れます。

間伐された林

が、私が間伐しようとしている林は、枝打ちどころか、全く間伐されたことのない荒れた杉林だったのです。
まあ、タダで材をもらえるような林は、そんなものです。文句を言ったら罰が当たります。

ともかく、こんな林では、何もしなければ、ほぼ100パーセント木は倒れません。


じゃあ、ちゃんと追い口を作っていたにもかかわらず、どうしてチェーンソーは幹の切り口の間に挟まってしまったのでしょう?

四国の山は険しいです。間伐しようとしていた山ももちろん傾斜の厳しい、直線ではなかなか登れないほどの山です。

これがどういうことかというと、針葉樹の杉であっても、谷側に少し傾いているということなんです。

もうちょっと、詳しく説明します。

植物は、少しでも多くの太陽光を求めて成長して行くのはご存知の通りですが、傾斜地に生えていたら、当然山側よりも谷側の方が空間が広くなります。したがって、針葉樹であっても、傾斜地に植えられた杉は、少しでも太陽の光を求めて、谷側に反れて育って行くのです。しかも、枝の量も当然谷側の方が多くなります。

ですから、山側に倒そうとして、追い口を山側に作って谷側から切り込んでいっても、チェーンソーの刃で切り込んで倒れこむのは、重心がかかっている谷側の方になってしまうのです。すると、チェーンソーのバーは、根っこの幹の上にのしかかってきた幹の下敷きになるわけです。

こうなると、もう全く取れません。


あ~~~今日は、単に理屈を並べただけで終わってしまった(汗)。

まあ、そんなことはともかく、

どうする、俺?



四万十川、今日の一枚。(画像をクリックすると大きくなります。)

四万十川の風景

場所は、高知県四万十町(旧十和村)です。
奥に四万十川の流れが・・・
手前は田んぼに水が張られている状態です。
夕日の光が反射して、面白いコントラストになっています。

ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら、クリックお願いいたします。



| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。