スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定額給付金で、てんてこ舞い・・・らしい??

2009.03.12 01:08|社会情勢
さて、本日の韓国ウォンです。

ウォン

なかなか、強烈な為替介入がされているようですね。

ウォン

今回は、どこら辺まで高くなるのかな、ウォンは・・・・まあ、すぐにまた戻るけどね。

しかし・・・・

企画財政部次官、積極的な為替介入を示唆

「外貨準備高2000億ドルにこだわらない」
 企画財政部の許京旭(ホ・ギョンウク)第1次官は5日、テレビ番組に出演し、「外国為替市場の安定のためならば、外貨準備高2000億ドル(という大台)を守ることにこだわらない」と述べ、ウォン安が急激に進む場合には、外貨準備を投入して積極的に市場介入する可能性を示唆した。

 2月末時点で韓国の外貨準備高は2015億ドルだった。しかし、今月に入りウォン安が進み、約15億ドルが市場介入に費やされたとみられる。

 許次官は「米国、日本、中国と総額900億ドルの二国間通貨スワップ協定が結ばれているほか、銀行や民間企業も外貨を借り入れてきており、(韓国の為替事情は)懸念には及ばない」との認識を示した。

 これに関連し、韓国電力、韓国石油公社、韓国水資源公社など政府系企業18社は、年内に海外での債券発行を通じ、100億ドル規模の外貨建て借り入れを実施することを決めた。

 18社が企画財政部に提出した今年の海外借り入れ計画によると、各社の借り入れ額は石油公社の17億ドルを筆頭に、韓国電力が10億ドル、ガス公社が6億ドルなどとなっている。

 石油公社の関係者は「借り入れ条件が良好な時期をみて、年内に海外借り入れを行う計画だ」と説明した。企画財政部は韓国で債券発行が相次げば、資金調達金利が上昇する恐れがあるため、各政府系企業ごとに優先順位を決め、起債時期を分散させる予定だ。知識経済部は6日、政府系企業18社とサムスン電子、ポスコ、現代自動車など民間企業10社の資金担当幹部を集め、起債問題を協議する。

 企画財政部は海外借り入れを行う政府系企業に対し、経営評価を行う際にインセンティブを与える構えだ。

 同部関係者は「外貨を借り入れた後、ウォン安進行で損失が発生しても責任を問わないように関係機関に協力を求める計画だ」と述べた。

ソース:朝鮮日報

為替介入のために、どんどん借金増やして行って・・・・・あ~~~自転車漕ぎ漕ぎ・・・という感じですね。

そうそう、こんな記事がありましたね。

対日部品・素材輸出の打撃拡大、2月は43.5%減

【ソウル11日聯合ニュース】対日貿易赤字の根源的問題となっている部品・素材分野の赤字が、さらに悪化している。景気悪化による輸入減で貿易黒字が拡大しているのとは対照的だ。名目上の赤字規模はやや減ったものの、輸出の減少が輸入の減少をはるかに上回る水準で、円高を機に「逆サンドイッチ効果」を狙おうとした政府の当ては外れた格好だ。
 大韓貿易協会が11日までにまとめた資料によると、先月、日本に輸出された韓国製の部品・素材商品は6億4400万ドルで、前年同月に比べ43.5%激減しほぼ半分の規模となった。最悪の輸出減を記録した1月(7億4800万ドル)よりも1億ドル以上落ち込む不振だ。一方、日本からの輸入額は20億7100万ドルで29.9%減にとどまっている。2月の対日部品・素材赤字は14億2700万ドルで、前年同月(18億1300万ドル)に比べ約4億ドル減ったが、内容上は深刻な状況となっている。

 1月にも対日部品・素材輸出は前年同月より35.8%減少し、輸出全体の減少幅(33.0%)を上回った。同じ月の輸入減少幅(36.2%)と類似した水準にとどまっている。

 細部現況分析が可能な品目の1月の輸出動向をみると、最も不振が深刻なのは、部品・素材分野のなかでも対日輸出額が比較的大きい電子・映像・音響・通信機器部品だった。これら品目の対日輸出額は1億5642万9000ドルで、前年同月に比べ56.3%急減した。化学・化合物製品の輸出額も1億1723万2000ドルで、27.4%減少した。分野別全品目の輸出が減少したなか、一般機械部品(1億4409万7000ドル)の減少幅は9.8%と、良好な方だった。

 政府は昨年から、部品・素材専用工業団地を造成し日本企業を誘致し、統計上の対日部品・素材赤字を軽減する案を進めている。また、最近の急激な円高を活用し競争力を確保した韓国製部品・素材の対日輸出を拡大するため、日本のグローバル企業を招待する逆見本市を来月開催する計画だ。

 ただ、日本の景気は昨年から悪化しており、ことし1月は輸出額が前年比45.7%、輸入額が同31.7%、それぞれ減少している。日本市場攻略は次第に難しくなっているというのが、一般的な分析だ。これについて、政府関係者は「まだ時期的に円高を活用した対日赤字改善策が本格的な効果を示すのは難しい」と指摘。円高が続き国内企業の対日部品・素材供給も拡大の兆しが見えるとし、さらに見守る必要があると話した。

ソース:聨合ニュース

韓国の産業構造の脆弱さが表れている指標ではありますね。

まあ、ここら辺は、これまでにも何回も取り上げたので、省略です。

前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ定額給付金が支給され始めましたね。

地方自治体の担当職員さんは、てんてこ舞いしていることでしょう。

というか、知り合いの某町の役場職員さんがちょうど定額給付金の担当者になっていまして、てんてこ舞いしていました。

しかし、国会で正式に決定された翌日に現金給付をした自治体の様子がニュースで大々的に取り上げられましたが、あれは・・・・その他の自治体の担当さんには気の毒でしたね、というか、ヒンシュクを買っていますね、きっと。

そもそも、国会で正式に採択された翌日に定額給付金の現金が自治体に交付されているわけではないので、あれは、交付を予想して、予め自治体の予算で準備していたものなので、どの自治体でも出来るものではありません。

確か、北海道西興部村(にしおこっぺむら)という所は、659世帯1161人が支給対象なので、規模が小さいので、小回りが利いたのでしょう。

これ、数万単位の自治体ですと、何億円もの予算が必要なので、まず無理です。

また、現金手渡しなどは、万単位の人口を抱えている自治体では、保安上の観点からも、これまた絶対やめた方がいいですしね。

・・・・・・ところが・・・・

こんな事情を知らない人から、相当苦情が来ているらしいです。

やれ、お前の所は給付が遅いだの・・・

やれ、現金ですぐよこせだの・・・・

はたまた、税金の無駄使いをするな!!とか・・・・

・・・・・・

自分たちで決めたわけでもないのに責められて・・・これに関しては、同情を禁じえない。

まあ、機械的な事務処理作業なので、地方自治体職員の得意分野でしょうから、是非頑張って下さい。

おっと、話が脱線してしまいました。

この定額給付金ですが、「定額給付金は、愚策でしょう。」の記事でも書きましたが、これはやめた方がいい・・・

こう思っている方は、かなり多数派を占めているようで、日本人というのは、つくづくバランス感覚の優れた民族だなあ、と思ってしまいました。

折角お金をくれるというのに、それに反対するのは、日本国民が今の快楽よりも、社会全体の将来に目を向けているからに他なりません。

税金を2兆円も使うならば、もっと将来の礎となる施策に使った方がいいというのが主な反対理由でしょう。

実を言うと、こういう日本人の社会の将来を見据えたバランス感覚こそ、日本経済の最大の強みだと思っています、私奥の家♂は・・・

長くなってきたので、続きはまた今度・・・・郵政民営化の続きも書かないと!!



・・・・・・・・

こちらの投票にも、是非ご協力ください。



                       ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              15位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、10位くらいです。 応援よろしくお願いします。





関連記事
スポンサーサイト

タグ:日本経済 定額給付金 韓国経済

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。