スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国財閥の循環出資構造のジレンマ(前編)

2009.01.30 08:30|アジア経済(韓国、中国)
ところで、こちらの記事で、韓国企業の会計には謎が多いと書きましたが、どうもこれは、韓国の大企業が循環出資構造にあることに起因しているようですね。

循環出資構造とは、A社がB社の株式を保有し、B社がC社の株式を保有し、C社がD社の株式を・・・・という感じで、数珠繋がりで株を購入し、最終的に、Z社がA社の株式を保有することで、A~Zまでの26社が数珠のような循環した形で、株を持ち合い、財閥を構成するものです。

サムスンならば、サムスン電子がサムスンカードを、サムスンカードがエバーランドを、エバーランドがサムスン生命を、サムスン生命がサムスン電子を・・・という感じで成り立っています。

それから、この構造では、株の持分会社のような親会社というものはありません。親と子の関係ではなく、すべての会社は、その規模の大小にかかわらず、すべて同列なのです。したがって、この出資比率ですが、子会社になると外れてしまいますので、50%を超えることはありません。子会社になると、連結決算の対象になりますので、この循環構造から外れます。とはいえ、出資会社の一つの子会社ですから、財閥グループの一員であることは間違いありませんが・・・・

この循環出資構造ですが、別に韓国特有のものではないのですが、一部の大財閥が経済の大部分を占めている韓国では、殆どの大企業がこの構造を有しています。

・・・・・・

では、この構造がどうして純利益が営業利益を上回るという決算を作り出すのでしょうか?

もう一度、サムスン電子の2008年の決算を見てみましょうか?

サムスン電子決算
(画像をクリックすると大きくなります。)

繰り返しますが、サムスン電子の決算を見ると、営業外収益(Non OP Income &Expenses)の欄が下にあるのですが、ここの株式投資からの収益(Gain (or Loss) on EquityInvestment)が純利益を相当押し上げているのが分かります。

そう、この株式投資からの収益の中身が何なのかというと、これは、配当金です。つまり、循環出資構造を成立させるために保有されている株式の配当益が営業外収益の大部分なのです。

にしても、額が多すぎない?

ここからは、推測になりますので、正解かどうかは・・・・・いずれ分かるでしょう(笑)。

まず、韓国企業は、とても高率の配当を株主に分配しております。

韓国企業の配当率、日本より高い

昨年、国内大企業の配当が日本企業に比べて多かったことが分かった。 また、売上高に対する配当率は米大企業と同じ水準だった。

中央日報は韓米日3カ国の売上高基準10大企業(金融会社除く)の事業報告書などに基づき、04年度の配当性向などを調べた。 「配当性向」とは、当期純利益の何%を株主に現金配当したかをいう。

昨年の国別10大企業の平均配当性向は、米国(25.2%)、韓国(20.2%)、日本(17.3%)の順だった。 例えば100億ウォンの当期純利益があった場合、米国企業は約25億ウォン、韓国は約20億ウォン、日本は約17億ウォンを株主に配当したことになる。

国内10大企業のうち配当性向が最も高いのはKT(旧韓国通信、53.3%)で、米国最高のGM(40.2%)を大きく上回った。 10大企業の売上高に対する配当率は、韓国と米国がともに1.7%を記録、日本は0.7%だった。

配当性向では日本を上回り、売上高に対する配当率は米国と同じ水準を記録するなど、国内企業は先進国企業に比べ、そん色のない水準の配当をしているということだ。

ソース:中央日報

純利益の20%は、株主に配当されるわけです。ちなみに、株価は関係ありません。

ここで、循環出資構造について、もう一度考えて見ましょう。

たとえば、A社は、B社の株式の20%を保持しており、その純利益100億Wの4億Wを配当として受け取ります。その4億Wは、A社の純利益をそれだけ押し上げます。すると、A社の株式を有するZ社の配当金がそれだけ増額されます。Z社の株を有するY社の純利益が押し上げられ、X社の配当金が増額されます・・・・・・・という感じで、配当金と純利益が順々に増額されていくのです。最終的に、C社からB社に行く配当金の額は上乗せされ、A社がZ社に支払った配当金がB社から戻ってくる時には、増額されているのです。

そう、株式の一部を系列間で数珠繋がりのように保有して、それを循環させるだけで、配当金の額が増額されていくのです。

土地転がしではなく、配当転がしですね。

・・・・

・・・

・・



変でしょ????

でも、多分こういうカラクリのような気がします。

でないと、これほど巨額の配当益が派生するのはおかし過ぎます。

この金融危機で株価が暴落しているにもかかわらず、サムスン電子が、2008年Q4で、3000億ウォン以上の配当益をもらっているのは、株価の評価損とか無視で、サムスン電子の隣の数珠であるサムスンカードの純利益から巨額の配当を受けているということでしょう。

サムスンカードは、その名の通りクレジットカード会社、しかも韓国2位の規模を持った会社です。サムスン電子は、その株式の40%強を保有しているはずです。

話は少し逸れますが、韓国のクレジットカード会社はとても危ないです。何せ、ローン地獄で多重債務者の数が膨大なものになっていますので・・・・

う~~~~ん、大丈夫?

・・・・・・

ここからが本当の本題です。

この循環出資構造ですが、とても少ない株式保有で巨大財閥を支配することが出来ます。サムスングループの創業家は、サムスン電子の株式を数%しか保有していないにもかかわらず、経営者なのですから・・・・

しかし、これを裏返すと、残りの株式は誰が持っているのでしょうか?

そのかなりの部分は、外国資本です。

そう、これまでにも紹介しましたが、サムスン電子をはじめ、韓国の大企業の多くは、半分近くか、それ以上の株式を外資が保有しているのです。

さあ、ここまで書いたら、私が何を言いたいか、分かっていただけたと思います。

ということで、続きは次回に・・・・これは、本当に書きます(笑)。


                        ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              25位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、10位くらいです。 応援よろしくお願いします。


関連記事
スポンサーサイト

タグ:サムスン電子 韓国

サムスン電子の2008年の決算を見ると・・・

2009.01.23 23:44|アジア経済(韓国、中国)
さあ、恒例の韓国ウォンです。

ウォン

1400ウォン目前にしても、大分攻防していますね。

本題に入りますが、今回は、中国経済のジレンマについて書こうかなと思ったのですが、予定変更です。もう慣れっこだと思いますが・・・・

というのも、本日サムスン電子が2008年の決算を発表したからです。

以前も韓国の経済指標があまり当てにならないことをこちらで紹介しましたが、この金融危機の影響が本格的に反映された決算がどうなっているのか、興味を持っていたのです。

韓国経済サムスン電子と言われるぐらいの企業ですからね。この浮沈は、ちょっと注目です。

まずは、こちらの記事を・・・

サムスン電子、昨年Q4に7400億ウォンの赤字

【ソウル23日聯合ニュース】サムスン電子は23日、昨年第4四半期の業績を連結ベースで売上高33兆ウォン(約2兆1054億円)、営業損失7400億ウォンと公示した。本社単体ベースでは、売上高が18兆4500億ウォン、営業損失が9400億ウォン、純損失が200億ウォンだった。営業損失を計上したのは、2000年3月に株主・投資家向け広報(IR)を開始して以来初めて。
 昨年通年では、売上高が118兆ウォン3800億ウォンと初めて100兆ウォンを突破した。営業利益は5兆7000億ウォン。本社単体ベースでも売上高は過去最高の72兆9500億ウォンで、前年に比べ15.0%増加した。営業利益は4兆1300億ウォン、純利益は5兆5300億ウォンだった。

 サムスン電子側は、営業赤字について「世界的な景気悪化に伴い部品とセット製品ともに前四半期に比べ業績が悪化し、メモリー半導体と液晶パネル(LCD)の販売価格が急落したため。携帯電話、デジタルテレビの販売促進に向けたマーケティングコストの急増も原因となった」と説明した。

ソース:聯合ニュース

2008年の第4四半期(10月-12月)は、やはり赤字だったようですね。

しかし、売上高が歴代最高でした・・・・まあ、これだけのウォン安ですから、それに9月までは上り調子でしたからね、一応。

サムスン電子の2008年の決算データは、こちらで見れます。

サムスン電子(というか、韓国の企業全般ですが)の決算を見ていると、本当に?????が渦巻くんですよね。

まず、こちらの1ページをご覧下さい。

サムスン電子決算
(画像をクリックすると、大きくなります。)

英語なので分かりづらいですが、サムスン電子の売上の8割以上が海外市場で上げられていることが分かります。それだけ、為替に利益が左右されるのですが、円高で日本の輸出企業が為替差損が派生して営業赤字に落ちているのに対して、韓国はウォン安にあるのですから、逆に為替差益が派生しているはずなのです。にもかかわらず、前年度から1割程度しか売上が伸びていない・・・というか、製造コストがあまり変わっていないのですよね。

まあ、サムスン電子の場合、ドルで商品代金を受け取り、ドルで保有し、ドルで素材・部品を購入しているからなのでしょうが・・・・

マーケティングコストの上昇が2008年第4四半期の営業赤字の原因であることが分かります。

実を言うと、これ以外の製造コストが殆ど変わっていないということが信じられないのですが・・・

ただ、そんなことはどうでもいいのです(これは言いすぎかな?)

私が注目していたのは、営業外利益の方です。

サムスン電子の決算を見ると、営業外収益(Non OP Income &Expenses)の欄が下にあるのですが、ここの株式投資からの収益(Gain (or Loss) on EquityInvestment)が純利益を相当押し上げているのが分かります。

そう、サムスン電子に限らず韓国の企業では、営業利益よりも純利益の方が多くなる決算が多いのですが、これは、摩訶不思議です。

確かに、株などの売却益が出るなどして、一時的にこういう決算が出ることはありますが、サムスン電子の決算を見ると、常にこういう決算なんですよね。

で、この金融危機による株価の暴落した期間で、この部分がどんな数字になるのかな、と思っていたわけです。

まあ、落ちましたけど、しっかり利益を上げていますね。

2008年の第4四半期(10月-12月)は、9400億ウォンの営業損失を2545億ウォンの営業外利益と税金の還付金(?)6604億ウォンで穴埋めして、純損失が200億ウォンなのです。

?????

????

???

??

株式投資の利益(配当金なのかな?)がこの期間で出せるなんて、どんな投資をしていたんでしょう?

それだけ株式を保有していたのならば、むしろ含み損が派生しているものでは???

というか、歴戦の投資銀行が軒並み大赤字なのに、どんな投資テクニックを持っているんですか、サムスン電子は・・・・

理解し難い????

それに、税金が6604億ウォン入って来ていますが・・・税金は通常払うものなので、-ということは、返って来ていることになるはずです・・・・これって、どういうからくりなのでしょう。

誰か知っている人がいましたら、教えてください。

・・・・

そもそも、これまでの決算を見ても本当に????です。迷宮に入ってしまいます。

サムスン電子

このデータ(Wは、ウォン)を見ると、2002年からサムスン電子単体と連結と、それぞれの純利益がほとんど変わりませんね。

それ以前は、すごい差があるのに・・・・おかしいと思いませんか?

サムスン電子ほどの大企業ならば、そもそも子会社も含めた連結決算でないと、ほとんど経営状況が分かりません。まあ、粉飾決算が幾らでもできてしまうと言うことですけど・・・

売上額は、本社単体に、子会社などを連結させるので、当然連結の方が大きくなります。

でも、純利益は変わらない・・・・子会社は、純利益も純損失も殆ど無い経営をずっとしているのでしょうか?

う~~~ん、分からない???

                        ・・・・・・・・・・今日の徒然でした。


ブログランキングに参加しています。

気に入っていただけましたら、1日1回でいいので、ポチッとクリックお願いします。 

人気ブログランキング ← ここをクリックすると、10ポイントが加算され、このブログの人気ランキングがあがります。
              30位くらいに・・・応援よろしくお願いします。
リキとコテツ
 もしよろしけば、こちらも是非よろしくお願いします。

  FC2ブログランキング 
  ↑も、10位くらいです。 応援よろしくお願いします。


関連記事

タグ:韓国経済 韓国 サムスン電子

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お 仕 事

最 近 の 徒 然

ブログ内検索

カ テ ゴ リ ー

カ レ ン ダ ー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


リンク集

奥の家の絵日記
リンクフリーです。

石ころアートミュージアム

ツイッター

okunoyaをフォローしましょう


リンク

家 主 像

奥の家♂

家主:奥の家♂
1999年7月5日に四国に上陸しました。
巷では、ノストラダムスの大予言で恐怖の大王だの、終末がどうのこうの・・・と話題になっていた、あの月です。
そんな時、リトルカブに乗って、四国に移住の地を求めて彷徨う旅を始めました。

ランキング参加中!!

応援のお願いします!
人気ブログランキングへ 
こちらも是非、ポチッと!


もう一つおまけに!!

FC2ブログランキング


blogram投票ボタン


 


アクセスカウンター

滞在中:

R S S

RSS新着情報


Subscribe with livedoor Reader

時 計

QRコード

QR

最新の画像


P-Clip β版

タグクラウド

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。